人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2011年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


幡豆町、吉良町の閉町式、コミュニテイ総会、一色高和太鼓部、一区寿会、写交会

20日(日)、朝8時45分自宅出発。9時半、幡豆ふれあいセンターで幡豆町閉町式。11時、吉良中学校体育館で吉良町閉町式。それぞれに思いのこもった式典。午後1時、池田ふれあい会館で池田地区コミュニテイ総会。冒頭に挨拶をさせてもらい、今までの町政への理解・協力に感謝、東北大震災のお見舞いと一色町への教訓と対応、コミュニテイ活動の重要性と合併への対応を期待などお話しする。1時半、一色高校和太鼓部「いっしき」の演奏会。年々盛り上がる。はじめにご挨拶、ダダダダーンという「運命」交響楽と太鼓音楽の類似、ベートーベンは「運命はこのように扉を叩く」と言ったが、東北大震災被災の人々の運命は余りに残酷、太鼓の音響も人間の喜び、悲しみ、元気、発奮などの人間の感情・本性を表す音楽、一色高校和太鼓部の努力で一色の大きな文化資産になった、合併後も地域の皆で応援を、とお願いする。2時、満国寺で一色一区寿会の追弔会と年次総会。昨年一年で7人の物故者、改めて合掌。震災や合併のお話をしてご挨拶。3時15分、一区集会所で開催中の写交会の作品展。写真や写生の愛好家の集まり、和気あいあいとした楽しい雰囲気。4時、生田公民館で生田地区コミュニテイ推進協議会総会。官地拝借地測量への協力など、町政への協力に感謝、大震災のこと、合併によるコミュニテイ活動のことなどを話し、ふれあいと心の和を目指す地域の発展を祈る。5時頃終了、長い一日だった。

by vmn05756 | 2011-03-20 22:30

子ども会育成連絡協議会

19日(土)、午後1時半、一色公民館で一色町子ども会育成連絡協議会の臨時総会。a0063907_2148372.jpg合併に伴い西尾市の子ども会育成連絡協議会に統合していくので、22年度の事業報告、決算報告、23年度西尾子連の役員選出を審議、承認。その後新年度の校区理事、校区長を紹介。祝辞で、半世紀に及ぶ一子連の活動、合併に取り組んだ会長・役員の皆さんのご苦労に感謝、子どもたちが健やかに育つようにとの一子連の思いをこれからも発展させることを期待、とご挨拶。
(写真:一子連臨時総会の冒頭に、合併しても、大きい子小さい子がいて、思いやる尊敬するなど、集団での役割などを身につけるような活動を期待、と挨拶する都築会長。)

by vmn05756 | 2011-03-19 21:54

南部小卒業式、特別職報酬審議会、駐在員会議

18日(金)、朝9時10分、南部小校長室。9時半、一色南部小学校第38回卒業証書授与式。一色町立南部小として最後の卒業式。卒業生、保護者、先生方、関係者に祝意。祝辞で、百年の人生の土台は、健康な身体と人生を切り開く心構え。自分を大切に、他人を大切に、社会を大切に、と大震災の被災者を牽いて訴える。子どもたちは随分大人に見え、感動的な良い卒業式だった。役場に戻って、11時半、特別職等報酬審議会のa0063907_2133596.jpg答申を審議会会長からいただく。退職金算定の基礎となる給料月額を3割カットの水準に戻す内容。一色町である限りは裁判でもしっかりと運営改革を主張するつもりであったが、合併後の4月以降に裁判が延びるとなると、退手組合の構成員でない西尾市が裁判を承継し、退手組合の運営の問題を批判することになる。それは外部からの退手組合の団体自治への干渉になりかねないので、和解を進める方向で考えていく。退職金7割カットの公約による税金七百万円の節約は、政治家引退の時の寄付という最終手段で対応可能。午後1時、職員がお通夜の御礼に。1時半、一色さかなセンター社長、来訪。2時、総務課、打ち合わせ。2時15分、総務部長、報告。2時半、教育部長ほか、打ち合わせ。3時15分、産業振興課、決裁。4時、一色公民館で駐在員会議。感謝状の伝達の後、御礼のご挨拶。町史では「大字区長」は大正8年に初出するが、合併により今後は町内会長と呼ばれるようになっても、地域住民の安心、ふれあい、力合わせなどは地域のまとめ役の皆さんのお役目として残る、後任の皆さん共々今後の活躍と地域の発展を祈る。役場に戻って、4時45分、産業振興課、決裁。5時20分、秘書広報課、決裁。
(写真:報酬審議会の都築会長から答申書をいただく。)

by vmn05756 | 2011-03-18 21:40

行革推進委、保育園父母の会、農業経営士会

17日(木)、朝8時45分、総務課長、打ち合わせ。9時、秘書広報課長、打ち合わせ。10時、行政改革推進委員会。今回が最後の会合で、22年度行革の取り組み実績の報告、5S運動の状況報告。これまでの指導に感謝。午後1時半、保育園父母の会総会。新年度からは西尾市保育園父母の会になるので最後の会合。2時、環境推進室、東北大震災の災害廃棄物処理対策への協力可能性について打ち合わせ。2時15分、来客。3時、西三河県民事務所長、来訪。地震対策など意見交換。3時40分、生涯学習課長、一色の森の撤去、B&Gプールについて報告。4時半、一色高校の鈴木地域後援会会長ら来訪。5時、副町長ほか、打ち合わせ。5時45分、消防組合消防長、緊急消防援助隊の第2陣4名が出発したとの報告。6時、JA西三河一色中部支店で一色町農業経営士・青年農業士連絡協議会の総会。市町合併に伴い「一色農業士会」に名称変更とのこと。ご挨拶で、東北大震災やTPPなどに言及して、一色の農業発展のため会員の一層の活躍を祈念。その後懇親会。

by vmn05756 | 2011-03-17 22:18

建設業協会義捐金、南知多町、5S本部会議、報酬審議会

16日(水)、朝9時、一色町建設業協会役員来庁。東北大震災の被災者への義捐金100万円を赤十字にと持参、多額の義捐金に感謝してお預かりする。9時25分、総務課長、打ち合わせ。9時45分、秘書広報課長、打ち合わせ。10時、健康福祉部長、打ち合わせ。a0063907_20441599.jpg10時15分、南知多町長、来訪。佐久島の水道で大変お世話になっており、合併するけれどもこれからも宜しくお願いする。11時、西尾警察署長が転任のご挨拶に来訪。お世話になり感謝、ご活躍を祈る。11時15分、駐在員連協会長、来訪。午後1時、来客。1時半、5S運動推進本部会議。運動の実績見込みの報告、最優秀事例などの表彰の対象を、熱心、効果、ユニークの観点から選定。3時10分、幡豆郡消防組合消防長、東北地震被災地へ派遣した緊急消防援助隊の4人が帰任した報告。2名の遺体を発見したが、活動場所が福島県に近い亘理町、山元町であったので1~19ミリシーベルトの放射線被曝が検知されたとのこと。ご苦労様。4時、特別職報酬審議会。退職手当関係の給料について審議願う。5時半、総務課、報告。6時半、秘書広報課、打合せ。
(写真:建設業協会の岡田会長らから義捐金をお預かりする。)

by vmn05756 | 2011-03-16 20:49

自衛隊入隊者激励

15日(火)、朝9時、住民課、後期高齢医療関係決裁。10時、総務部、災害対策など打ち合わせ。11時、来客。11時30分、秘書広報課、退手関係の打ち合わせ。a0063907_222562.jpg午後1時半、自衛隊入隊者激励会。一色町から4名の人が4月に入隊。東北大震災被災者に対する自衛隊員による救助・支援活動など生々しい状況のなか、国民の生活と国土の防衛のために、健康に気をつけ活躍することを祈る。3時、秘書広報課、閉町関係の打合せ。3時45分、キリンビールの新旧三河支店長、異動のご挨拶。お世話になった、感謝。4時10分、都市計画課、打ち合わせ。4時半、秘書広報課長、打ち合わせ。夜7時、西尾市で職員の家族のお通夜に参列。合掌。
(写真:自衛隊入隊者激励会。私の隣から、小倉君、岩野君、金澤君、岩瀬君と小林地方協力本部長。後列にはご家族の方も。)

by vmn05756 | 2011-03-15 22:10

消防援助隊、町議会定例会閉会

14日(月)、朝8時半、消防組合消防長、昨日昼、東北大震災の緊急消防援助隊の派遣要請により職員4人とポンプ車一台を宮城県亘理町、山元町へ派遣、今後も4人一組交代で派遣するとの報告。8時35分、病気休職の職員が復帰の報告。9時、部長会議。先週の津波警報非常配備に多謝、大災害被災者の支援措置、今後の災害対策の見直しなどを指示。日程、ご意見箱、インフルエンザの状況など。10時、町議会定例会最終日。一般会計補正予算など全会一致で可決。一色町最後の議会であり、閉会時に、大震災のお見舞いと迅速な救出救助を祈る、新憲法下で発足以来64年、町民の繁栄と町政の発展に貢献を感謝、とご挨拶。10時45分から全協。下水道工事中止の報告。退職手当訴訟の取扱い方針について説明を再度行い、理解を求める。理解できないのか、理解しようとしないのか、合併をまじかに控え、町政の置かれている状況を虚心に判断して欲しいものだ。12時前、終了。その後外出。午後5時、役場に戻って、副町長、報告。5時15分、総務部長、Jアラート、退職手当問題、打ち合わせ。6時、役場幹部と議会議員の合同懇親会。

今日のコメント  安東省庵の言葉(朝日beより)
 人間を愚かにするのは、克伐怨欲、意必固我。
 仁に志し、言を慎み、己を虚にす。

by vmn05756 | 2011-03-14 22:06

野田コミュニテイ、愛建連支部、西尾幡豆歯科医師会

13日(日)、朝9時、野田コミュニテイ総会。町では今まで大字、コミュニテイ、自主防災会の三位一体の活動が大事として支援、東北大地震の惨状は一層その感を強くする、合併によりコミュニテイ活動の補助形態が変わるが、皆さんの活躍を祈るとご挨拶。午後1時半、幸田で県会候補の事務所開き。2時半、愛建連一色支部総会。合併後も各地域支部は存続。耐震診断などの協力に感謝、一層の活躍を祈念、とご挨拶。5時、西尾市と幡豆郡の医師会が統合し、83名の西尾市医師会になり、その懇親会にご案内いただく。

by vmn05756 | 2011-03-13 22:36

津波警報、女性の会定例総会、子ども大学卒業式

12日(土)、朝6時35分、災対本部第1班班長の総務部長から電話連絡、漁協関係者から作業のため津波警報で閉められている防潮扉を開けて欲しいとの要望があり、打合せ。6時50分、生涯学習課長から公民館、B&G海洋センター等の開所について相談、通常通りとする。7時15分、子ども課長から児童センター開所、学童保育等について相談、予定通りとする。7時25分、総務部長から電話連絡、関係者に協議して防潮扉は警報が出ている間は原則通り閉じたままに。a0063907_2029406.jpg9時10分、役場の災対本部に。10時、幸田町で県会候補の事務所開き。11時、一色に戻って、ご葬儀に参列。合掌。午後1時、役場の災対本部、第2班班長の健康福祉部長から報告、昨夜、生田、千間港で小型船数隻が転覆したのは津波が原因か不明、調査が必要。1時半、一色公民館で一色町女性の会定例総会。柴田会長が挨拶で婦人会からの62年を振り返り、市町合併に伴い女性の会も解散することを報告、咲かせた花を世代を超えて咲かせていきたいとご挨拶。私からは、a0063907_2031279.jpg女性の地位向上、地域の活性化などに果たした役割と多くの皆さんの長年のご努力に感謝、培われた女性の会の精神をこれからも引継ぎ、発展させることを祈念する、とご挨拶。途中、2時10分、津波警報が1時50分に注意報に切り替えられたとの連絡。警戒態勢を解除。2時半、こども大学卒業式。学長として7名の子どもに卒業証書の授与、式辞を述べる。好きなこと、関心のあることを見つけ出し、努力を続けることを期待。中3の川口君はパソコン教室の卒業生だが、一色中学の彼らのグループが作成した修学旅行ホームページが全国コンテストで高校、中学、小学校の全部門を通じて最優秀の文部科学大臣賞を17日に受賞するとのこと。祝意。こども大学事業は合併後も西尾市で継続していく予定。
(写真上:女性の会臨時総会で挨拶する柴田会長。役員の艶やかな和服、華やかなアレンジフラワーで春が来たよう。解散の寂しさを吹き飛ばす溌溂さ。)
(写真下:こども大学卒業生、講師の先生方と記念撮影。楽しいこと、興味のあることが何より子どもを伸ばす。好きこそものの上手なれ。)

by vmn05756 | 2011-03-12 20:37

全国自治功労、観光協会、災害対策本部設置

11日(金)、朝9時、全国自治功労者伝達式。勤続30年以上の町職員7人に全国町村会長の表彰状を伝達。永年の勤務と精励に感謝。9時半、住民課、打ち合わせ。午後1時半、一色町観光協会の臨時総会。市町合併に伴い各町観光協会は西尾市観光協会に統合するため、関係事項の了承と22年度仮決算等の了承大きなデザインを描いて地域の観光の進展を期待。2時15分、来客。2時半、来客。2時45分ごろ、揺れを感じる。大きいね、とか震源が遠いと相当大きいね、などと話していたら、大地震の発生と津波注意報発令のニュース。3時、来客。下水道工事関係の報告。3時半、津波警報発令、災害対策本部の設置、防潮扉の閉鎖措置、海岸線の警戒巡視を行う。夕方の親和会臨時総会は延期との連絡。6時、お通夜に参列。6時45分、役場に戻って、状況報告を受ける。駐在員連協会長、議会議長に詰めていただいていたが、感謝して帰宅願う。9時、防潮扉の監視に当たる消防団を自宅待機に、災対本部体制を第一次非常配備に軽減。本部に詰めていただいた赤羽交番所長も帰られる。私も自宅待機に。12時、災対配備第5班班長の教育部長から電話連絡、公民館の避難所は避難者無しだから閉鎖して担当者2名を本部に引き揚げたいとのこと、了承する。

by vmn05756 | 2011-03-12 07:57