人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

2015年 06月 30日 ( 1 )


ギリシャ破綻、 旧論考ー924)自由の実践

6月30日(火)、
 朝、家の前のアサガオが満開に。今夕辺りには雨が降り出すかな。a0063907_2163845.jpg

 ギリシャの財政破たんのTVや新聞の報道。長年の放漫財政のツケで資金援助するEUの要請も全く無視する首相では救いようがないのだろう。哲人を輩出しギリシャ文明を築いたかつてのギリシャ人はどこに行ってしまったのだろうか。
 午後、新幹線内で焼身自殺のテレビ報道。世の中変わったものだ。死者も出たし、損害賠償はどうなるのかと他人事ながら気になる。

旧論考ー924)自由の実践  (2004.09.24作成)

 自由の実践というと何か大それたことのように思えるかも知れません。
 私が言いたいのは、寄付金の控除の拡大と税金の自己申告の実行です。
 私たちの普段の生活は、昔と違って統制されているわけではありませんから、ほとんど自由です。ただ、気づかないうちに、目に見えない複雑な仕組みによって、自分の自由が奪われていることもあります。その一つは、税金や社会保険の仕組みです。
 自分の所得は、自分の労働の成果として、自分に帰属するものですが、今日のサラリーマンの社会では、税金や保険料が給与から天引きされています。それが当たり前のことで、ぶつぶつ不満を言っても、誰もそれを変えようとするほどのことは考えません。
 今回の年金法改悪はひどいもので、多くの人が反対を表明しましたが、結局(国会議員の)数の力で押し切られて、10月1日から実施されてしまいます。こんな風に自分が納得しない仕組みで自分の所得が巻き上げられていて、いいのだろうかと思います。  
 税金や保険料は、社会をみんなで支えるための分担金でありますが、それが本当に正しく、ムダなく使われているか、ということにはあまり目がむいていないと思います。これは政治無関心とも関連します。社会のかけがえのない構成員であるとの自覚が大人には必要です。
 同時に、自分の財産権、所得の自由利用といったものが侵されているとの考えも必要です。社会の仕組みに依存し、頼りきってしまって、感覚が鈍ってきているのかもしれません。
 たとえば、月給20万円の独身の男性を考えると(配偶者や子供の控除がありませんから)、ボーナス込みの収入からは、一年間で60万円ぐらいの所得税、地方税、年金・健康・介護保険料が天引きされています。 もし60万円を一括して年末に納めることになったら、どうでしょう。消費税や自動車税などの痛税感とは比べものにならないほどの痛みを感じるのではないでしょうか。
 そうなれば、自分が社会の一員として、納税という義務を立派に果たしていることの自覚をしっかり感じるとともに、拠出したお金が公的な目的に正しく使われているか、より関心を持つようになるのではないでしょうか。 
 今の天引きの仕組みは、戦争中の国家総動員体制のときに導入されたとのことです。その時の精神構造を、この自由な社会に引きずっていること、それを利用するかのような行政の感覚が、問題です。
 私も公務員をやめて国会議員になってから、自分で寄付金控除や医療費こうじょなど白色申告するようになり、少し面倒でも自分で計算したりして、税金申告の大切さを、つくづく感じました。
 現在の天引き(源泉徴収)の仕組みが変えられなくても、一人ひとりが寄付金控除などを自分で申告するようになれば、税の仕組み自体を、ひいては社会の仕組み自体を変えることができると思います。
 もう一つは、寄付金控除の問題です。今は、国が税金として公的目的のためのお金を全部吸い上げ、それを行政が教育だ、防衛だ、福祉だといって分配しています。このほか、文化、芸術、スポーツなどの団体も、国から補助金をもらったり、助成してもらったりしています。
 それはいいのですが、でも皆さんの好きな、応援したいと思っている文化、芸術、スポーツなどの分野、団体、流派と一緒でしょうか。結局国が吸い上げ、特定の政治家、行政官と結びつきが強い団体に偏ることがあります。
 むしろ個人、個人の個性を伸ばすことが自由な社会の、そして文化などの発展の基盤でありますから、人それぞれの好みや価値を尊重するために、寄付金控除の範囲を拡大すべきだと思います。
 それはまた、NPO法人への寄付控除などにもつながります。
 要は、何でも国が決めるのではなく、税制を変えることによって、私たち一人ひとりのお金の使い道の自由度をもっと増やすことが大事だと考えています。
 これが自由の実践の一つの方法です。

(2015.06.30の注:「国におんぶに抱っこ」の仕組みというより、国に「よらしむべし、知らしむべからず」、ということでしょうか。税金くらい自分で計算するのが当たり前、という世の中になれば大分変わりますが・・・。)

by vmn05756 | 2015-06-30 20:46