人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

2014年 05月 17日 ( 1 )


安保法制懇と解釈改憲問題

5月17日(土)
 安倍首相の私的懇談会である安保法制懇(「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」)が15日に報告書を提出、同日夕方に首相が記者会見、新聞テレビは大きく報道した。国の根幹を変える(戦争放棄の国から戦争を行う国へ、憲法の変更ではなく「憲法の条文解釈の変更」というやり方だから余計に議論が燃えあがった面がある。
 新聞の報道でも何ページにも及ぶから、ここでは私の考える論点を幾つか紹介したい。
1 法制懇発表の首相の記者会見は、「解釈変更」という姑息な手段をごまかすためのフリコメ詐欺みたいな感じ。
2 集団的自衛権の行使は同盟国とともに、他国に対し戦争すること。憲法の条文は「戦の放棄」と明記している。それは立憲主義の否定ではないか。
3 今までの戦争は全て「自衛」の名のもとに始められたのではないか。・・現在の中国、ベトナム、フィリピンの領有権の対立をみよ。
4 戦争とは殲滅(せんめつ)であって、無差別の殺戮を行う。不戦条約があってもベトナム戦争の悲劇。これに対し、警察権の行使は、確立した法秩序のもとで、安定の回復などやむを得ぬ範囲の武力の行使を行う。-必要以上の暴力は禁止される。
5 「自国民の保護」は全て正当化されるか。2年前の中国の反日暴動に出動できるか。
6 議論の盛り上がりは、一体何を想定しているのか。(中国の拡張主義、イスラムの過激派、その他)
7 米国からの圧力・要請があるのか。米国は「歓迎する」と言っているが・・・?
8 米国の実力低下と世界の不安定化という議論。世界の警察官の役割を自ら買って出て、自ら今は困窮しつつある。イラク、アフガン、ソマリアなどの失敗の事例。
9 軍産複合体の中で政治のコントロールは?
10 米国の基地、要塞としての沖縄のあり様は。日本属国論までいわれるが・・・。
11 東西冷戦の終結という変化(アメリカ一極)から一層多様化、複雑化する世界構造のなかでアメリカについて行くだけで良いのか。
12 本当の問題は、国連の機能不全と冷戦終了後の世界秩序再構築の停滞。誰の責任か?日本は役割を果たしたか。CFドイツの例ー今やヨーロッパの中心、国連で安保理常任理事国に準ずる役割・・・。
13 日本のアジア隣国(中、韓、朝、露)との緊張。東南アジアで受け入れられた背景と真相、そして今後の動向)   
14 第2次大戦の反省の日独の違い。
15将来の展望と課題
 イ 国連の改革
 ロ 米との協力関係の強化
 ハ 諸外国との友好と協調
 二 真の意味での日本の独立・善隣外交の確立
   (未来は予測不可能。しかし、日本と世界の将来像を描き、その実現にむけての役割を担い、努力していく方針を国民が共有する。)
 ホ 歴史教育の充実ー私は戦後生まれだが中学生になる頃まで、傷痍軍人が乞食同様の物乞いをするなど、戦争の傷跡は町のそこらじゅうにあった。今は英数国の点数アップばかり一生懸命やっているが、社会科など人間社会で生きて行く基礎をしっかり教えるべきだと思っている。


17日午後3時半、名古屋の県美術館で開催の日彫展を参観。
      7時、中学時代の恩師加藤信夫先生のお通夜に参列。大変お世話になった。感謝、合掌。

by vmn05756 | 2014-05-17 14:00