人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

2013年 07月 16日 ( 1 )


いじめ根絶は可能か?

7月16日(火)
 朝夕は涼しい(?)風が吹き、よく眠れる。このままいくとよいのだが、そうはいかないなァ。
 名古屋の中学生の転落死事件で、また「いじめ問題」が議論されている。教育関係者や行政はいじめをなくそうと努力を誓うが、人間の動物としての本性からいじめ根絶は不可能だと思っている。
 大事なのは、この少子化社会の中で、社会的な動物としての集団の中での個体の振る舞い方やルールの習得ができないケースが増えているからではないかと思う。昔は複数兄弟の中でもまれたり、近所の同年の連中との遠慮のない付き合い方とかの中で、集団のルールを覚え、リーダーもフォロワーも役割を習得していったのではないか。日本は、大人の社会でもそうだが、家族主義、身分的雇用の人間関係、労働環境が崩れつつある。欧米各国と同様な個人主義が蔓延しつつある。欧米でも当然「いじめ」はある。日本よりもっとひどいかもしれない。(今日の米国ニュースの黒人青年を射殺した白人が無罪という事件は同根ではないか、とも思う。) 
 問題は、そうした変化にもかかわらず、学校教育が相変わらず学業成績優先、体育系の部活動優先、要は数値的に評価され易いものばかりに目を向けてきた結果(体罰自殺も同根)ではないか。
 学校が社会への通過過程であるなら、社会に適応し、貢献できるように、社会性とか協調性とか人命の尊重とか、人間の基本の教育をおろそかにしてきたことを直し、もう一つは父親でも母親でも友達でも先生でも誰か一人で良いから、本人の気持ちを理解し、親身になって相談できる、信頼できる人が周りにいればよいのだ。電話110番もよいが、学校の中に一人でも相談者を配置することも考えてはどうなのか、と思う。

by vmn05756 | 2013-07-16 22:29