人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

2011年 12月 03日 ( 1 )


鎌と棒を持って走れ!

3日(土)、雨につき、自宅で雨読。11時頃、来客。夕方6時、三河寮OB会の忘年会。ほとんど同年のメンバーだから気楽に懇談。
 「佐久島の女は鎌と棒を持って走れ!と山火事発生の時は駆けつけるように言われている。」3年前の一色消防団長夫妻との懇談会の席で佐久島団長夫人から聞かされた。女性の役割は、鎌で下草を刈り、棒で草についた火をたたき落とす。離島という不便な環境の中で、男性も女性も昔からご苦労をかけていると改めて痛感した。4年前の2月、佐久島東地区の夕方の火事では、身体の不自由な老女から「火事だ!」との通報が緊急電話で消防署に連絡があり、すぐ途絶。署は直ちに隣家に連絡、状況確認を頼むとともに、消防団長へ出動依頼。本土からは緊急用の船もなく、強風の中、密接した地区で大火にならぬように祈るばかり。1時間半後に到着した時は、消火活動は終了し、ぴったりくっついた両隣の家にも延焼せず、消防団の活動に感謝。残念ながらお婆さんは真っ黒の焼死体になって公民館に安置されていた。焦げた皮膚が剥がれ落ちた部分からはやけに鮮やかなピンク色の肉がのぞいている。団員が丁寧に運んでくれたことに感謝し、合掌する。同じように税金を払っていても、自分たちの地域は自分で守ることの大変さを思う。佐久島に女性の消防団を作ってはという意見が西尾市議会で出されたとのことだが、佐久島の女性の平均年齢を知っているのだろうか。実際の生活や、暮らす人々の思いや願いとかけ離れた空論の様に思えてならない。女性消防団の任務や業務内容は当然考えているとして、活動服、礼服などの装備費用、活動費などはどう考えているのだろうか。旧一色町ではその分自主防災会の活躍に期待した。3年前の3月の開正地区の火事の時は刈谷、安城に勤務している消防団員まで駆けつけて消火活動に参加、お昼ごろに鎮火するのだが、近所の自主防災会女性部の皆さんがそれこそ自主的に炊き出しでおにぎりを作り、おなかの空いた署員や団員に提供し、大変喜ばれた。こうした支え合いが地域の防災力だと思う。

by vmn05756 | 2011-12-03 23:48