人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

一龍斎貞水講談の会

14日(日)、赤穂浪士討入りの日、吉良義央公没後306年目の毎歳忌法要。午後1時半、吉良町公民館で講談の人間国宝一龍斎貞水師プロデユースによる講談の会。毎歳忌のため来訪の米沢藩上杉家第17代当主上杉邦憲氏、米沢市長安部三十郎氏も聴講。初めは貞水師のお弟子の一龍斎貞友さん。テレビアニメの声優も沢山こなしておられるが、「徂徠豆腐由来の一席」と題して、討入り事件の処置に当たった儒学者荻生徂徠の貧窮時代にお世話した豆腐屋・上総屋七之助の人情話を「情けは他人の為ならず」と35分近く熱演。一龍斎貞水師は、赤穂浪士の話を現代の視点から見直すことを企図されるのか、昨年12月は赤穂市で開催、今年は吉良町、来年は東京で、と関係のある場所で講談会を開催するとのこと。松の廊下の刃傷沙汰に至るまでの浅野内匠頭長矩と高家筆頭・吉良上野介義央公との勅使接待を巡るやり取から、事件を経て悪役に作り上げられていく世情の雰囲気への憤りと無念、そして侍の世が変わった時に誠の心を理解してもらえよう、とする「名君吉良上野介義央公・元禄雪のあけぼの」と題するお話しを1時間余に亘って熱演。さすがに聞かせる。来年の講談の会が楽しみだ。

by vmn05756 | 2008-12-14 21:09
<< 広域連合正副会議 青少年健全育成大会 >>