つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

消防組合視察二日目

30日(火)、朝9時10分宿所出発、東京消防庁第8方面本部(立川消防署)a0063907_2145545.jpgの航空隊とハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)を訪問。航空隊は、大型3機、中型4機(1機は総務省から委託)のヘリコプターを持ち、救命救助、林野火災、情報収集など迅速に活動。伊豆七島など東京管内だけの活動ではなく、スマトラ沖地震など国際援助活動や、国内でも震度5強の地震発生では直ちに待機態勢に入り支援に備えるとのこと。パイロット27名、整備士35名などの人員、大型ヘリは1機30億円、純正部品代で7億円、安全にはコストがかかる。次に、a0063907_21455456.jpg同一敷地内のハイパーレスキュー隊を訪問。丁度あきる野市での火災消火作業に消防署員が出払っていた時であったが、中越地震の余震の中で崩落した土砂から幼児を救出した清塚隊長がご挨拶、担当者から施設機材の案内を受ける。訓練施設も大型だが、秋葉原事件に出動した救急車も大型など、規模が大きいと感じる。2時間弱の視察を終え、河口湖を経由して、雨の中をひた走って愛知県へ。幡豆町、吉良町を経て、7時、一色町へ帰着。お疲れ様。
(写真上:航空隊のヘリコプター格納庫。)
(写真下:ハイパーレスキュー隊の訓練施設。地下鉄からの救出訓練用車両。)
[PR]

by vmn05756 | 2008-09-30 21:52
<< 教育委員任命、西三河老人クラブ... 消防組合視察一日目 >>