人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

町村会行政調査2日目

a0063907_22241980.jpg13日(水)、朝8時40分、ホテル出発。今朝はマイナス7度の冷え込み。昭和41年(1966年)に長野市に合併した旧松代町地域の町おこし運動に取り組むNPO「夢空間・・・」の町づくりの状況の見学や意見交換に。昨年のNHKドラマ「風林火山」で脚光を浴びた海津城(松代城)の城下町として発展した町だったが、人口2万人で長野市と合併。その後、地域の力が失われていく中、組織が残っていた商工会議所のメンバーが中心になって高速道路インターチェンジの誘致運動をキッカケにして、市民の自発的活動が進展。行政にまかせず、住民がやろう!ということでNPO発足に100人が賛同。「歴史の道整備事業」「松代文化財ボランテイアの会」「信州松代まるごと博物館構想」「武家屋敷お庭拝見」そして国土交通省の「町並み環境整備事業」導入など様々なプロジェクトを次々と展開。年間観光客もかつて30万人が、去年はNHK効果があって83万人と突出したが、ここ数年60万人台とのこと。2004年には、長野市長の意向で松代地域住民自治振興会が発足、翌年協議会に改組、従来の区長会に変わる役割も。事務局長の香山さんの体験談では、団体長集めてヨシの行政主導でなく個人で参加、これで負けたら松代は終わるという覚悟、行政批判・悲観論はやめる、小さなことから始める、会合重ねて残った少人数が核になってくるとのこと。アドバイスとしては、①住民の力、主体性を活かす、②とにかくオープンに公募、③小さな成功体験の積み上げ、④外部の人間も入ってもらい変化していくa0063907_22251941.jpg必要、であった。
その後、松代大本営地下壕を見学。軍部は本当に本土決戦、焦土作戦を考えていたんだと実感。昼食後に川中島合戦跡を見学、町の語り部さんの熱弁にも関わらず氷点下の寒気は寒かった。
(写真上:松代小学校(旧文武学校)の土塀。「ブロック塀を土塀に」運動で民家にも土塀が広がり景観が変わってきた。)
(写真下:松代地下壕内部。昭和19年11月11日から終戦日まで、9ヶ月間で約6キロメートルを掘る。)

by vmn05756 | 2008-02-13 22:35
<< 行革推進委員会、家族経営協定、... 県町村会行政調査 >>