人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

ゾーン・ポリティコン(政治的動物)

10月31日(土)、
 最近の様々な事件、事象をニュース等で見ていて、ふと、大学時代に受けた福田勧一先生の「政治学史」の講義を思い出した。
 「人間は、ゾーン・ポリティコン、すなわち政治的動物であるとギリシャの哲学者アリストテレスは言った。」から始められたと思う。
 今日の国内・国外の事件、事象をニュースで見聞きし、つくづく人間の性(さが)、本質をむき出しにした事柄の内容、原因や結果を考えると、人間の本質は長い歴史の中で先進国と言われる地域でも変わっていないと思う。2度にわたる世界戦争を経験しても・・・だ。
 現代世界の悲劇と言うべき、シリア難民の欧州への脱出、アラブ・ユダヤの民族対立、IS国の拡張、その原因たる宗教闘争、アフリカ諸国の貧困・混迷・独裁支配、中国の膨張主義・独善外交、日本でも手抜き工事、ウソつき巨大企業の悪徳、小中学生のいじめ12万件、勤労者の収奪と疲弊、改善せぬ男女差別、殺人・放火事件などなど・・・きりがない。
 それでも社会は回り、人々は生きていく。
 家族の絆、地域社会の絆、大きな社会の絆や作りあげた仕組み、の中で。それらが作られ、運営されていくが、それが今日の「政治的」社会ではないか。
 殺すよりは生かした方が、飢えるより食事があった方が、無業よりは働いた方が、病気より健康な方が、つまらぬ方より楽しい方が、屈辱より尊厳が認められる方が・・・良いに決まっている。
 「人間」の歴史の中で、さまざまな社会の課題に対し、さまざまな改善や工夫がこらされてきた。
 進んだ民族・地域もあれば、「これから」という民族、地域もある。
 政治の果たす課題は大きく、果てがない。自然の力、DNAの支配を越える存在となった「人間}として。
 ノンポリ、政治無関心、・・・なんて言ってる場合じゃないと、思うんだけどなァ。

by vmn05756 | 2015-10-31 06:14
<< 文化を味わう? 真の中国経済? 美術館料金の値上げ >>