つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

長崎原爆の日、アベ外交について

8月9日(日)、長崎原爆の日。
 テレビで原爆の式典を見る。何となく長崎の式典の方が心にしみる。
 アベ首相の挨拶が、特に今度の8月15日に向けて、関心を集めているが、関心のありかが違うのではないか。
 集団的自衛権の当否という日本にとって新しい発想にアベ首相が踏み込んでいるが、国連主体の世界の安全保障の議論はどこに行ってしまったのだろうか、と思う。
 アメリカのお先棒をかつぐ、というのは前からだが、余りに前のめり過ぎるのでは・・・?世界の安全保障状況は、冷戦終了後、アメリカの独走と失敗の連続により一層おかしくなってしまったが、日本がその失敗の尻拭いばかりやるのではなく、むしろ以前のようにアメリカをサポートしつつ、アメリカをまっとうな道に戻すように、つまり独善的な暴走ではなく、自由陣営の「まともなリーダー」として振る舞うような状況をサポートする役割を担えないだろうか、と思っている。
 それはすなわち忘れ去られてしまった国連主体の外交、五大国理事会制度で面倒くさいが、それでも今の様なアメリカの暴走で事態を複雑・混乱させる前に、落ち着いた方針の検討、着手を可能にすべきではないかと思う。
 ドイツはすでに5プラス1の役割を担っているのだから。
 まあ、一方では中国、韓国をバカにして、そしてアメリカのお先棒ばかり担ぐような今の日本外交では、無理かも知れないが・・・。
 中国、韓国という近隣国との友好・連携、アメリカとの協力関係、そして国連主体の諸活動への参加・協力が柱ではないか、と思う。
[PR]

by vmn05756 | 2015-08-09 22:46
<< アベ崩壊近し?原発再稼働 立秋 >>