人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

女子サッカー決勝、ギリシャ経済、旧論考ー930)日本とアジア

7月6日(月)、
 朝、女子サッカーW杯決勝戦をテレビで見る。初めの16分間で勝負ありだなー。アメリカチームは全員がドーピングでもしたように怒涛の如く日本ゴールに迫る。勝てるわけがない。二桁勝利になるかと思ったら、その後は普通の勝負に。日本の立ち上がりの失敗かなァ。

 ギリシャの国民投票の結果の報道。これまたまともな国民投票結果ではないな、と思う。自分たちが稼がなくて、他人にカネよこせと要求する。高給取り公務員が人口の2割を占める。イタリア、スペインは自分たちで努力して来たが・・・。EUから出ていってやっていけるのかな。適切な改革政策も打ち出せず、国民の不満ばかり煽る政治で、まともな改革ができるだろうか?

旧論考ー930)日本とアジア   (2004.09.30作成)

 今、日本を真の友達と思ってくれているアジアの国がどれだけあるでしょうか。
 しばらく前、2000年紀を迎える頃のことになりますが、アメリカ在住ジャーナリストの日高義樹さんが、東京12チャンネル系の番組「日高レポート」で、各国の元首脳たちに連続インタビューをしていました。その時のブラント元西ドイツ首相の話が、とても印象に残っています。
 それはこんな話です。
 「ドイツは第二次大戦後ズーッと近隣諸国に謝り続けて、みんなと友達になり、ヨーロッパ統合の中心役をフランスとともに担わせてもらうようになった。 
 日本はどうだろうか。アジアや近隣に日本のことを真剣に考えてくれる国、困ったときに助けてくれる国がどれだけあるだろうか。
 アメリカがいるかもしれない。しかし、それは日本の片思いではないだろうか。アジアに本当の友達はいるだろうか。」
 「友達に勝る宝はない」というのは人のお付き合いだけでなく、国と国とのお付き合いにも言えるのではないでしょうか。
 日本の戦後のアジア外交は、経済力を背景にした援助外交が中心で、お金を出して謝罪に代えるという側面もあったと思います。
 今日では、アジア各国も水準の違いは相当ありますが、経済発展を遂げ、生活水準も向上してきましたから、日本の資金援助も昔ほどのありがたさが最早ありません。
 「金の切れ目が縁の切れ目」とばかり、ひと頃はジャパン・パッスィングなんて言われました。
 この夏前の中国のサッカー大会での反日暴動は少し異例だと思いますが、反日でないにしても、親日の国柄の国は極めて少ないと思います。
 平和外交、国際協調外交を憲法は基本精神としています。そのことが理解されるような努力を果たしてしてきたのか、疑問に思います。
 東西冷戦の中で、外交の基本的な方針や交渉の実際はアメリカに依存し、それを実行するのは外務官僚で、政治家はODA利権の分配に関与するだけという構図の中で、本来の外交を担う役割を政治が怠ってきたのではないかと思います。
 民意を聞くのは政治家であり、国民の将来を描くのも政治家です。官僚任せにしないで、政治家が新しいアジア外交を築き上げるべきだと思います。それは、戦争問題を明確にする、ODA利権(経済利権ではない、ODAというけちな利権)を絡ませない、人的交流の拡大と統合政策の充実、を基本とすることです。


(2015.07.06の注:アジア諸国から日本ツアーで爆買いに来る、世の中は変わった。中国、韓国の敵対的な外交は今のアベ政権の不遜・非友好外交の結果だろう。米との関係は重大だが、もっと世界を見渡し、足元も見、平和路線を忘れず、世界に貢献できる外交を進める知恵のある政権が期待される。)

by vmn05756 | 2015-07-06 21:39
<< 七夕、旧論考ー1001)教育①... ギリシャ国民性再論、 旧論考... >>