人気ブログランキング |

つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

大晦日、靖国再論

12月31日(火)、大晦日。
 一昨年から今日まで本当に多くの皆さまから応援いただき、励ましていただき、誠にありがとうございました。お陰で元気に新年を迎えることができます。皆様もどうぞ良い年をお迎えください。

<靖国再論>
 安倍首相の靖国参拝について内外の論調が続く。安倍首相が地域の不安定要因だ、などなど。
 最近の報道ぶりでは、この問題の本来の論点がはずれてきていることが懸念される。
 つまり、「国のために戦死した人」たちに哀悼をささげることには誰も異論がないだろう。
 問題は、戦争指導者と犠牲となった一般兵士、一般国民を混同していないか、ということ。安倍首相が「英霊にたいし尊崇の念を捧げるのは当然」と言う時に、「英霊」には戦争指導者が含まれているのか、いないのか。
 1972年の日中平和協定のとき、当時の周恩来首相は、日本の一般国民はじぶんたちと同じく戦争の犠牲者であって、責任は戦争指導者にある、と明言している。そして当時、天皇陛下や首相の靖国参拝は毎年行われても中韓からの批判はなかった。
 しかし、1978年(昭和53年)に新しく宮司になった松平氏が厚生省援護局職員、遺族会幹部と計らって突然A級戦犯14名を合祀した時から、中韓は問題視するようになった。A級分祀などの案が出されたが、靖国神社は出来ないと言っており、解決は困難な状況が続いている。
 検討すべき点は次の通り。
 ①靖国神社の祭神名簿の元になる霊璽簿を厚生省援護局が送付するのは、戦後の政教分離の原則に反するのではないか。
 ②担当した援護局職員は陸海軍出身の大佐級の職員(本省の課長級)とのことだが、文書規定などによって決裁権限のある上司の決裁を得ていたのか。得ていなければ権限踰越の行為として直ちに無効の行政行為として取り消してしまえばよいのではないか。
 ③神社が何を祀るかは(特に日本の神社では)自由だから関与しないが、政府としてはけじめはつくのではないか。
 ④戦勝国による東京裁判でA級戦犯が裁かれたが、日本人自身による戦争犯罪人の責任追及は行われずに来てしまったことが、この問題の背景になっているのではないか。
 ⑤日本人自身も戦争被害者の意識を強く持っていたが、今や加害者が誰か忘れてしまったのではないか。
 ⑥戦後68年間アメリカの自由経済陣営に属して、われわれ日本人はアジア諸国に対して経済協力をしてきたが、真摯に戦争の反省やお詫びの気持ちを表してきただろうか。
 ⑦お詫びを続け今やヨーロッパの中心にいて、国連の安保理常任理事国に準ずる地位にいるドイツを見るとき、近隣諸国からも嫌われる今の日本という国はどこからこうなったのだろうか。
 ⑧安倍首相は、戦争指導者は尊崇の対象ではないと明言できないのか。310万人の一般国民の犠牲者を生んだ太平洋戦争の戦争責任をどう考えているのか。近隣諸国と話し合うこともできなくて、国民の将来をどうするつもりか。「福島原発は完全に制御」とか実態と発言の乖離がひどいが、口先で黙らせるのが「政治」と考えているのか。
 

by vmn05756 | 2013-12-31 22:35
<< 謹賀新年 突然、偶然、それとも独善? >>