つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

靖国問題の誤解②

8月19日(月)
 今日も朝から暑い。体力の損耗を防ぐ、という良い言い訳を真剣に受け止める?!
 閣僚の参拝などで毎年大きく問題になる公人の靖国参拝問題。安倍首相や大臣らの「国のために命をささげた人に・・・尊崇の念をあらわすのは当然」という説明は分かる。中韓も1984年までは異を唱えなかった。  問題は、1978年に故筑波藤麿宮司(一色の前野神社にも筑波宮司揮毫の鎮魂碑がある。)の後を継いだ松平永芳宮司がこっそりとA級戦犯14名を祭神として合祀したことにある。
 「A級」というから戦勝国から押し付けられた印象があるが、数百万人(?)のアジア諸国の犠牲者だけでなく、310万人の日本人戦死・戦没者の悲劇を招いた戦争指導者の責任はどうなるのか。日本で誰が公式に追及し得ただろうか。靖国参拝者の多くは、家族や親族が祀られているからお参りに行くのであって、無謀な戦争の企画と無茶苦茶な作戦の実行を強要し、夫や息子が命を落とす原因を作った軍最高幹部に「尊崇の念」を捧げる人はホントにまれではないか(親や兄弟を殺してくれて有り難うという人がいるのか)、と思う。私は靖国にお参りする時は心の中で「戦争指導者は別ですよ」と念じている。
 閣僚たちに聞いてみるがよい。あなた達は戦争指導者に拝礼しているのか、一般人の犠牲者に拝礼しているのか、と。
 解決の方法は、戦争指導者を分祀すること。神社側は一旦合祀した祭神を分祀(分けて取りだすこと)は出来ないと主張する。宗教は元来虚構が本質だから「ハイ」といえば済むのだが、済まないのだ。
 ただ合祀の経緯をたずねれば、靖国神社に祭られる人は戦後の厚生省援護局に陸海軍から派遣された大佐クラス(課長級)の職員が経歴、戦死状況の確認をし、霊璽簿(れいじぼ)を作成し神社に送付、それを神社側が祭神名簿としてお祭りするとのこと。厚生省からの送付の時の決裁はどのレベルのものであったか調査しなければいけないが、権限踰越(権限を越えていることを勝手にやった)などいずれにしても大臣が送付決定を取り消してしまえば済む話だと私は考えている。
 安倍首相のタカ派の姿勢が目立つが、アジアから列島ごと引っ越して行く算段はできているのだろうか。ドイツ(戦後の西ドイツ)の真摯な反省と忍耐の歴史、そして毅然とする時は毅然とする外交対応を考えてみる必要がある。
[PR]

by vmn05756 | 2013-08-19 08:06
<< 菅元首相の刑事責任(?) 盆踊り大会 >>