つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

終戦記念日、靖国参拝問題

8月15日(木)、終戦記念日。
 最近では、8.15に戦争が終わったわけではないという論説が増える。日本政府がポツダム宣言受託の意向を表明したに過ぎず、アメリカでは9月2日のミズーリ号上での降伏文書調印を持って、中国は9月3日を戦争終了の日としているとのこと。国内でも、敗戦といわa0063907_23105959.jpgずに終戦と誤魔化したことで今も敗戦が続く「永続敗戦」だという作家も出てきた。
 午前10時半、千鳥ヶ淵戦没者墓苑にお参り。菊の花を献花。緑に囲まれ静かな参拝風景。靖国神社とは大分違う。無縁のお骨ばかりだろうか。
 11時、靖国神社。右翼の団体がウヨウヨ、機動隊の隊員も沢山、暑苦しいなか余計に熱くなる喧噪状態。車も渋滞、演説をぶつ人、ラッパを吹いて行進する人たち、騒々しい雰囲気。国のために命をささげた人たちに尊崇の気持ちを表すのは当然、と思う。しかし、お粗末な戦争指導によって軍人はもとより、一般市民も何十万人と死に至らしめた指導者たちの責任はどう問われたのかと思う。
 尚武をあおり、一方で責任をあいまいにする日本人の感性の発現か。a0063907_2319538.jpg問題は一般兵士を含め、一般国民が多数殺害され、310万人もの人が亡くなったことである。自分の親族の霊を拝むつもりで、死んでこいといった命令を下した指導者たちにも拝礼していることを納得する参拝客はどれぐらいいるだろうか。A級戦犯という外国名称でなく、日本人としてどうその責任を問うていくのか。靖国問題はその第一歩になるのではないか。
 私自身は、取りあえずの措置として、昭和53年に靖国神社がこっそり戦犯合祀する原因を作った当時の厚生省の援護局担当課長(旧陸・海軍大佐出身)が送付した祭神名簿を取り消す(行政処分の権限ゆ越を理由として)べきではないかと考えている。宗教はみな虚構の上に立っている。虚構の根拠を消滅させれば、その部分の虚構は消滅するだろうから。
(写真上:千鳥ヶ淵墓苑の参拝風景)
(写真下:靖国神社本殿前には沢山の参拝客が列をなす。)
[PR]

by vmn05756 | 2013-08-15 23:14
<< 佐久島弁天様御開帳 斎藤吾朗個展、政調費疑惑 >>