つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

2013年参院通常選挙の感想

7月23日(火)
 2013年参院通常選挙の感想
 予想通り自民党の圧勝だが得票数(全国比例1840万票)は、07年参院選の民主党得票数(同2300万票)に及ばない。
 自民の議席数大幅増は、民主を始め小党(!)乱立の結果である。
 07年参院選、09年衆院選で民主を応援した票が行方不明。はじめから諦めて棄権か?政治への不信、不満を持つ人々へアピールする政党グループの出現が望まれる。
 民主の退潮は著しい。右と左が集まって政党綱領さえ持たず(選管届出用の便宜的な綱領はあるが)に18年、国民のために何を基本精神にし、何の実現を目指すのか。困難の時も皆が結束する「政党の骨」を作れないなら、解党して出直すべきと思う。
 民主党の本性は不都合な人をすぐ切り捨てること。発足の時の村山さん、武村さん、カツラ事件の山本代議士、偽メール事件の永田代議士、そしてデッチ上げ西松建設事件の小沢元代表など(この時の菅さんの対応はひどかった)。政治は人の社会を運営するもの。人情に流されてはいけないが、恩義や、友情を忘れず、不都合があっても腕の中にがちっと受け止めスクラムを組む懐の深さが必要。自民にはそういう力があるのかな。
 弁護士グループが衆院選に続いて、「一票の格差違憲」の訴訟を全国で提起した。1対4.75の格差では当然。アメリカ合州国の上院みたいに各州(国家)の代表を2人ずつとは行かない。この仕組みが、国、県、市町村の国の財政の分配構造(利権構造)を通じて、中央への陳情合戦など自民党の各レベルでの支配を永続させてきた。すなわち国民のための政治の仕組みではなく、官僚や業者の政治の根源である。大改革するには、衆院改革と合わせ、国会議員の歳費は半減(それでも年俸1100万円)し、参議院の定数は半減(242から121へ)し、全員比例代表選挙とする。衆院は、定数を120増やして480から600に増やし、全員小選挙区選出(1選挙区当たり有権者は約20万人)となり、一票の格差は生じないようにする。また、選挙のたびに人口移動を加味して調整する。これは地方の陳情を前提にした(団体、企業利益の代表になりがち)仕組みではなく、生活する国民一人一人の思いを最優先にする国民の代表として選ぶ仕組みになると考えている。
[PR]

by vmn05756 | 2013-07-23 09:52
<< 切り捨てゴメンの民主党 参院選投票日、お天王祭り >>