つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

報怨以徳

9月30日(日)、今朝の中日新聞の「中日春秋」に日中国交回復交渉時の田中首相、大平外相の思いが紹介されている。かつて当時の交渉記録を読み込んだ時、二人の真剣な、切実な、謙虚な姿勢に感銘を受けたことを思い出す。このとき中国側が「日本国民も軍国主義の犠牲者」とし戦争賠償金の請求を放棄してくれたが、これは終戦時の国民党の蒋介石総統が「報怨以徳(恨みに報いるに徳を以てす)」(出典は「老子」)として、賠償金請求権の放棄と日本兵の安全な帰国を計らってくれたことを継承している。当時はみな感謝したのではないか。特に終戦直前のソ連の宣戦布告と満州・千島列島侵略で大変な苦労を強いられた人々が沢山いたことと比べたら雲泥の差だ。人脈の必要性を思うが、暫く前までは戦前に日本で教育を受けた中国、韓国の人が沢山いたがみな老人になってしまった。、今はそうした人材交流・育成が少なくなっているのではないか。実習生など低賃金労働ばかり使っていていいのだろうか。それと江沢民の時に始めた反日愛国教育を是正することを考えないと、いろんな人がいるのは当然だが、民衆レベルでの確かな友好関係は築けないと心配している。徳を磨く、と言うと古臭い道学者みたいだが、居丈高に愛国を叫ぶ双方の化石政治家などの時代ではないと思う。
[PR]

by vmn05756 | 2012-09-30 23:14
<< 中秋の名月、領土問題の感想 一色文協いけばな展 >>