つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

窮すれば変ず

9月5日(水)、朝のラジオ番組が今日は1960年に池田勇人首相が高度成長・所得倍増政策を発表した日であると伝える。戦争終了から15年、廃墟から発展繁栄を目指して政治が国民を鼓舞し、社会をリードしていく時代であったか。今や政治家はニュースショーやお笑い番組でケチョンケチョンにバカにされ、嘲笑いとさげすみの対象になってしまった。民主党も自民党も党首選挙の沢山の候補者の話題で持ちきり、新党は新党で衆院選進出で賑やかに話題を提供し、ホントに焦点が定まらない。だからくだらないゴシップ記事の様な報道が溢れ、国民の関心も定まっていかない。政治家が育っていない、と言われるけれど、育てない政党の問題や安易にコンテストで候補者を選ぶ問題もあるけれど、今政治に何が期待されているのか、政治の役割は何か、ということを真剣に考える必要がある。外交も内政もシッチャカメッチャカの状況だが、東西冷戦時代には自由と民主主義と法治主義のアジア・太平洋における砦の役割が日本に期待され、経済は厳しい貿易構造の中で技術開発など独自の取り組みで世界のエンジンとして発展したが、それでも80年代まで「労働ダンピング」とけなされた時代から顧みると、今や冷戦の終結に伴い日本の外交的な位置づけは変化し、中国の90年代は反日教育が徹底されてピンポン外交の時代は終わり、かたや経済のグローバル化の中で日本が苦労して開発した最先端の技術、生産設備、生産方法は途上国に移転しても誰もダンピングだなどと言わない時代になって、内憂外患が真っ盛りとなっている。窮すれば変ず、変ずれば通ず。政治家は必ず出て来る。独裁は絶対的に堕落・腐敗するから、そんな政治家は問題外だが、この状況を打開するビジョンを持った政治家が必ず出て来ると私は信じている。
[PR]

by vmn05756 | 2012-09-05 21:53
<< 文科省のいじめ対策? 「防災の日」訂正、 >>