つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

国民との約束と道筋

7月2日(月)。早朝、鳥の鳴き声で目を覚ます。
税・社会保障一体改革案への野田首相の情熱は分かる。しかし一方では09年マニフェストで国民に約束した統治構造改革(国会改革、公務員制度改革など)の実現への取り組みや道筋、そしてそれへの首相の考えや情熱は見えてこない。日本の困難な状況の原因は根本課題への取り組み不足にあると思う。その実現が今は難しいとしても、それに取り組む道筋や熱意のかけらさえ今の首相から聞こえてこないが、他方、対症療法としての税金や社会保障をいじることに首相が血道をあげていることに、国民はしらけてしまっているのではないか。政策面で「敵対」してきた自民党や公明党と手を組むことはできても、同志として苦労を共にした同じ政党の仲間と妥協点を探ることができないのは何故か。今の政権を今期限りで終わらせてよいと考えているのだろうか。政治は不断の絶え間ない改革の連続の過程である。時代の変化の中で生ずる新しい課題もあれば根本の仕組みを変える必要も出てくる。今回の一体改革政策が成立したとして、総選挙で負ければ、その実行のフォローアップはだれがするのか、やりっ放しでよいと思っているのか。瞬間芸は「お笑い」だから面白いが、無責任な政治はもう御免だ、と国民は思っている。改革の道筋をつけよ、政策の実現の責任を持て。それが政治家の最低限の務め、国民との約束ではないか、と思う。
[PR]

by vmn05756 | 2012-07-02 06:40
<< 新しい朝がきた 危機の時代 >>