つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

高速バス事故と規制強化の是非

5月8日(火)、フランス大統領選やギリシャ議会選挙の結果、冬山登山の相次ぐ死亡事故、茨城・栃木の竜巻被害など連休明けに大きなニュースが続く。一方、ゴールデンウィークの始めに起こった関越自動車道の深夜高速バスの側壁激突事故の原因究明などが続くとともに国交省に対する規制強化の要望などが報じられている。当然のことのように思えるが、何でも行政頼みで日本人はこれでいいのかと、ふと思う。二つの側面、すなわち国民の生命の安全確保の面と行政依存体質の拡大と非効率の増大の面の二つ(裏表の関係だが)である。現代国家は、かつての夜警国家(外交、防衛、治安の役割中心)から20世紀以降行政国家・福祉国家へと変化、発展してきた。それは国民の個々人の生活の安全、安心、豊かさに深く関与することであったが、一方で日常の生活の中で個人に対して様々な規制や強制をかけることでもあった。今回の事故を受けて、深夜高速バスの運転手一人乗務は670キロメートルまではよいという国交省の指導通達が問題になっている。しかしこんな細かいことをいちいち行政に指導してもらう必要があるのか、と言うのが私の疑問である。2001年のバス事業の規制緩和をうけてバス運行会社が約4000社へと倍増して過当な値引き競争が起こり、生き抜くために乗務員の長時間労働、低賃金化などが起こったのが事故の原因の一つだと指摘する声がある。また今回の事故を起こした運転手は、ツアー企画会社の三次下請け会社の日雇い運転手であって、企画会社はどこの会社の誰が運転しているのかさえ知らなかったと言う。こんな無責任な事業運営を放置しておいて、国交省の指導基準を見直せというのは、関係者(社)の事故責任を免責するようなものではないか。今までもバス運転手の労組からは勤務条件の見直しが要望されていたのに、何故しっかり対応しなかったのか。また労組自身も労働者のことを考えたら何故ストのひとつ、抗議行動の一つでもやってこなかったのか。バスの利用者も、重大事故が起こった時は企画会社、運行会社など関係者の責任を巨額の賠償で徹底的に追及する姿勢を欠かさないことが、自分たちの身を、ひいては利用者全体の安全を守ることにつながることを肝に銘じるべきだと思う。なんでも「お上にお任せ、お願い」という国民の行政依存の体質、それがまた無駄な行政の仕事と公務員を増やして財政赤字を増大させても当然という行政の無責任体質を助長していると考える。細かい指導などはいらない。適正な商慣行・ルール、労働者の安全・健康を守る態度、そういった基本を会社が厳格に守れば、また国民も行政も守らせる姿勢を強く持てば、国民の生命・安全ももっと守れるようになると思うのは私だけだろうか。
[PR]

by vmn05756 | 2012-05-08 10:53
<< 禍の中に福あり 日本の国是 >>