つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2015年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


慰安婦問題再々論

12月30日(水)、
 従軍慰安婦問題が、28日、日韓外相間で最終合意に達したとの報道。
 しかし、その後の各新聞を見るとどうもそうではないんではないか、と思える。
 結局「10億円」という数字ばかり目立つのだ。日本大使館前の「少女像」移転の話ばかり前面に出て、銅像と金のやり取りの話ばかりが際立つ。
 ホントにこんなことで良いと思っているのか?
 アベ首相の、「子や孫たちに謝罪し続ける宿命を負わせるわけにはいかない」という発言も格好はよいが、その思いをしっかり引き継いでいくことが大事だし、誠意ある対応だと言うことを次世代に理解・納得してもらうことも大事だと私は考えている。
 「これだけ謝ったんだからもういいだろう!」という傲慢、独りよがりが透けて見えては、日本人の誠意なんて誰も信じないのではないか?!
 今日、13世紀の元冠や16世紀末の秀吉の朝鮮遠征のことで報復を言い出す人がいるだろうか。
 時間が解決するしかないと思う。だからこそ「金ではない」誠意ある対応をしていくことだけが肝要だと思う。

by vmn05756 | 2015-12-30 11:47

慰安婦問題再論

12月26日(土)、
 従軍慰安婦問題が日韓の間でまた再燃。28日に外相会談とか。細かい金の話やらではない、日本の政府の誠意が感じられないからだ、と思う。
 黙らせよう、黙らせようと思うから泥沼にはまり込んでいく。「被害を受けた人々」がどれ程の屈辱感を抱いて戦後を生きてきたのか、傷跡に塩をすりこむような、尊厳を無視し、人間性を否定するような、軽蔑と好奇の眼を注いできた日本人の眼に、悔しさの全てを投げ返しているのではないだろうか。」
 負わせてしまった傷は、消えない。心からの謝罪を受け入れる韓国の人たちの心の安らぎ、あるいは長い年月による忘却の時がやってくるまで・・・。
 われわれ日本人は、金の話をせず、本当のいたわりの心と誠意をもって被害者と話をするだけだ、と思う。

by vmn05756 | 2015-12-26 21:34

従軍慰安婦の問題

12月24日(木)、クリスマス・イブ
 仏教徒には関係ない話なのだが、お祝い事は何でもよい、ということでキリスト教のお祝いに参加。
 我が家もにわとりのロースト・チキンを夕食で味わう。何にだって寛容な国民性は、いいなあ。

 
 従軍慰安婦の問題が再燃し、政府はこれを最後にしようと猛烈な努力が首相から指示された。
 でも無駄じゃないかな。人間の恨みの気持は、決して拭いされないと思う。まして被害者が生きている限りは!!
 金とかわび状で済む問題ではない。徹底的に謝り続けて、長い時間がかかっても、被害者が忘れるぐらいの時間が過ぎて、自然に収まっていくものだと思う。
 だから今はとにかく話題になるたびに、誠意をこめて「申し訳なかった」と言い続けることだと思う。
 もう戦後70年もたったから「もう言わないで」とか、「忘れて欲しい」とかいう方が、その程度にしかあの当時の民族の恥辱や苦しみを思っていないんだ、というように思われてしまう。
 私たちの先祖、先輩たちが、上司や軍の命令によって、いかに非道いことを他民族にしたか、よくよく考えるべきだと思う。
 民族の誇りとか性癖とかいうものではない。「誤った軍の意向、上司の命令」であったのだ。二度と繰り返さないような良識をいまは備えていると、自信を持っていいたいと思う。

by vmn05756 | 2015-12-24 21:44

西尾合唱団73回定期公演

12月20日(日)、
 午後2時、西尾市文化会館。西尾合唱団のクリスマスコンサートを兼ねた第73回定期公演。
 プログラムはクリスマスにふさわしく、初めはハイドンの「小オルガンソロ・ミサ」、次にモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク(小夜曲)」、小休憩の後、バッハの「バイオリン協奏曲第2番 ホ長調」を特別出演のヘルヴィック・ツアック氏のバイオリン演奏、最後にリューベックの「クリスマス カンタータ」を合唱団が歌う。
 ツアック氏は今年4月から東京芸大の客員教授を務めているとのこと、特に今日の協奏曲の第2楽章の演奏は素晴らしかった。

by vmn05756 | 2015-12-20 18:51

佐久島クラインガルテン

12月18日(木)、
 日経新聞の16日夕刊を届けてくれた人あり。佐久島クラインガルテンの記事。
 2011年3月末に合併で一色町長を退職したが、愛知県庁の絶大な応援をもらって、本土側の佐久島渡船場の移転整備、佐久島渡船の新船の購入、佐久島クラインガルテン(小規模農業ハウス)の3事業が年度末に完成した。
 島の人口減少が続くので、その対策として佐久島に観光客を呼び込み、観光業従事者を増やす発想だったが、新聞の記事では「約250人」とある。5年前までは350人ぐらいいたはずなのだが…。
 隣の日間賀島、篠島みたいに、1000人、2000人の賑やかな島づくりを目指そうとしたのだが、そもそもその発想自体が忘れられてしまったのかもしれない。島の電気や水やゴミを運ぶことだって、えらい高いものにつくからその不合理をすこしでも減らそうと考えた人口増作戦だったが、そして三次産業で地元も潤うことを狙ったのだが、ただ賑やかなだけで喜こんでいては危ういかな・・・?

by vmn05756 | 2015-12-18 11:27

衆院定数是正

12月17日(木)、
 今朝の新聞一面の片隅に、衆院選挙改革に関わる有識者調査会が「衆院定数10減答申へ」の見出し。
 議員定数は現行475から10減の465に削減し、小選挙区は「7増13減」比例区は「1増5減」で計8増18減の10減にするとのこと。
 愛知は1増になるとの案。全国では1票の格差は、1.78倍が1.62倍に縮小するとのこと。
 しかし、こんなものちっとも改革ではない。国民の平等の権利であるべき選挙権が、県によって何で1.62分の1の軽さでよいのか?と思う。国政選挙であれば、国民の参政権の平等を第一に考えるべきだと思う。あえて地方住民に下駄を履かせる意図はどこにあるのか?なぜ愛知12区は有権者40万人で一人の代議士、他県では25万人で一人というのは、おかしいと思う。地方議会の代表ではない。
 比例も無くして、総議席数500ない600の衆院にしたほうが、よほどかきめ細かな衆議院議員の活動になると思う。ではないかな?
 だって、衆議院議員の顔や声なんて最近は選挙のときだって見たことも聞いたこともない。誰を代表しているんだろうかと思う。まあ、自分も反省!だけれど・・・。

by vmn05756 | 2015-12-17 12:21

夫婦別姓、

12月16日(水)
 最高裁が夫婦別姓について判決。今の若い夫婦の実体はちがうのではないか。若い女性も、今やほとんどが腰掛でない就職をするようになって、結婚によって姓を変えるのは大変不便だと思う。もっとよい方法を考えるべきだと思う。
 今日の最高裁の判決に対し、NHKの世論調査では、20代から50代までは別姓OKが多数派であったことを考えれば、世の中はもう替わっていることに気づくべきだと思う。

by vmn05756 | 2015-12-16 21:09

法事

12月12日(土)、
 午前10時、家内の実家で亡き義父の7回忌法要。早いものだ。2回目の町長選挙の直前で支援者に心配かけたものだ。あらためて故人と支援者の皆さんに感謝。
 正午、お非時。近くの料理屋さんで参会者で昼食。久し振りにいろんな話を聞かせてもらう。
 

by vmn05756 | 2015-12-12 23:15

上野・兵馬俑展

12月11日(金)、
 昼すぎ、東京上野の国立博物館平成館。開催中の「始皇帝と大兵馬俑展」を参観。「秦王朝の軌跡」、「始皇帝の実像」、「始皇帝の永遠の世界」の三部構成で展示。沢山の見物客で賑わう。
 1974年に初めて発掘された秦始皇帝の陵墓の数千に及ぶ兵馬俑(兵士、馬車など陶製の作品)の展示を中心に史上初の中国統一王朝の実像を紹介。2千年以上も前に凄い文明・文化・技術があったもんだと感心する。

by vmn05756 | 2015-12-11 23:45

左目回復、野坂昭之さん死去

12月10日(木)、
 朝10時、西尾のメガネ屋さん。先週依頼した眼鏡が完成。左目の白内障の手術で裸眼視力がよくなったが(0.05が0.5に)、従来のメガネレンズが全く使えず、ひんがら目の状態が一週間続いた。こんなに不便とは思わなかったが、ようやく解消。世の中明るくなった感じ。


 夕方ニュースで野坂昭之さんの死亡が伝えられる。作家やら評論家やらキックボクサーやら多芸多才の人で、学生時代は私も次兄の影響もあり、その小説などよく読んだもの。戦中派の思いを込めたいろんな言論の活動に。・・・・時代はめぐっていく。合掌。

by vmn05756 | 2015-12-11 11:06