つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2015年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧


礒崎補佐官の謎

7月30日(木)、
 大変な猛暑、健康に気をつけてお過ごしください。

 さて今日は礒崎補佐官の問題。発言自体の問題もあるが、なぜ責任とって辞めないのか、辞めさせないのか。
 従来の自民党の大臣、・・会長などは何か問題発言をしてマスコミ批判を受けると、軽率、不明、ご迷惑とか言ってすぐに辞表を出して、党総裁や党全体に批判の矛先が向かないようにしたものだった。
 しかし今回の礒崎補佐官はなぜ辞めないのだろう。
 辞めさせられない事情があるのだろうか?アベ首相の側近中の側近、と言うだけでは足りない。
 想像できるのは、①あの発言(法的安定性には影響ない)は、元々アベ首相の発想であったのか、②アベ首相から直接本人にそう発言するよう求められたのか、③辞める方がアベ政権への打撃が大きいとする他の理由があるのか、④本人が補佐官という役職に執着しているのか・・・、などなど考えられるが、「アベ首相が辞めるな」と言っているからだろうとも想像できる。アベ首相の、他の意見に耳を傾けない独善性、「ウソも通ればホント」と考える傲慢・独裁性には政治を任して大丈夫か、いよいよ心配になる。

by vmn05756 | 2015-07-30 07:49

アベ外交への期待

7月28日(火)、
 午後、虫歯の治療。その後いこいの農園へ。ほとんどお客がいない。あっついからなァ。

 独善、独裁から国連主義の再考へ。
 安保法案の審議が参院で始まる。アベ首相の外交姿勢は大変危ういと思う。
 実質的な憲法改正を正規の手続きを経ずに強行してしまう。そんなことが出来てしまう、ということが法治国家の体をなしていない、というか法治主義の破壊だと思う。
 そして日本の国益を考えたときに、この人はホントに、真剣に、それらを考えているのかと疑問に思う。数日前にニュースが南シナ海での中国の油田開発の現状を伝えた。12か所もの掘削施設は、何年放置したら出来上がったのか。今まで全く経産省もそして官邸も知らなかったというのだろうか。係争地であれば、行政は当然注意深く監視すべきではなかったのか。突然中国の掘削施設が12基も完成していたと言われても・・。諦めろ、ということかいな?
 小笠原沖の紅サンゴの公然密漁(?)もそうだった。中国漁船が日本の領海に侵入してのやりたい放題の密漁!日本の利益を守る意思も意欲もない、ほとんど全部採り終わってから形だけ数隻の漁船を拿捕して済ます。誰がそんなことを決めているのか。
 個別の外交事案では適切な対応ができない。だから日米安保体制のもとでアメリカの子分となって「強面(こわもて)」になろうと言うのだろうか。
 最近では、「国連中心主義」とか「国連外交」とかの言葉を聞かない。世の中の情勢が大きく変化して(東西対決の終わり、米国一強、アラブ諸国の混乱、過激派の台頭、各地で内戦・内乱、etc.)、国連の機能マヒが著しいからかもしれないが、だからこそ国連の役割を見直し、日本がアメリカのパシリ役ではなく、積極貢献の役割を果たすべきだと思うのだが・・・。ドイツが5常任理事国並みの扱いを受けているのに、日本が貢献できないのは残念な感じがする。

by vmn05756 | 2015-07-28 22:32

ウインドウズ10

7月27日(月)、
 ウインドウズ10の無償バージョンアップの期限が迫ると言うので、一生懸命試みたが、結論は「CPUが保護されていない」ということで、このコンピュータではダメだ、ということ。「CPUの保護」なんてどうやって、どれぐらいの利用者ができているんだろうかな?結局、買うしかないのか。ああ疲れた。

by vmn05756 | 2015-07-27 21:17

「語る会」(茶話会)

7月26日(日)
 午後3時過ぎ、久し振りの「語る会」(茶話会)。今日のテーマは、18歳選挙権、「新国立」の問題、参院選挙10増10減問題、アンポ法制審議などを想定して冒頭のあいさつ。
 18歳選挙権については税金も払っていない若者が権利だけ与えられるのはおかしい、という意見が出されたが、教育や生活レベルも、長寿将来の負担も等々考えたらどうだろうか。
 「新国立」は、お役人の専制、甘い蜜に群がる政治家、業者などの悪徳など。どっちが先か。外国先進国でも同様かな・・・?
 10増10減問題は、国政の投票権は、国民一人一票が原則。なんで愛知県民だったら一人、3分の一票になってしまうのか。地方の実情を国会に訴えるならもっと別の方法を考えるべき。
 安保法制案が今週から参院で審議が始まるが、アンポ問題は「違憲か否か」など国民は誰もわかっていない、等の意見が出て、私からは新聞の世論調査では6~7割が反対という結果を指摘したが、それこそ問題という議論。戦争中に小学生だったという女性から、NHKなどの戦争番組はしっかり取材し報道していること、学校でもっとおしえるべきこと、戦前・戦後の教育の違いなどの指摘があった。
 1時間半のセッションだったが、アンポ問題で大半を使い、もっと生活の身近な課題を取り上げるようにしたいと大いに反省。

 次回は9月19日(土)午後1時15分から2時45分まで、ホワイトウェーブ2F和室
 次々回は11月29日(日)、 同上                   同上   2F会議室
 新年の1月31日(日)     同上                  同上   2F会議室

by vmn05756 | 2015-07-26 22:20

YOMISEウキウキ通り、明日は「語る会」

7月25日(土)、
 朝から猛暑。エアコンをきかせ、新聞記事の切り抜き、写経など家内労働!をして過ごす。
 a0063907_5575454.jpg夕方6時、夜店ウキウキ通り。毎年同じプログラムだが、一色町のメインストリート=本町商店街が沢山の人でごったがえす年に一度の日だから様子見を兼ねて出陣。屋台や出し物の配置や中身は少しずつa0063907_62579.jpg変わるが、若い人たちでいっぱい。沢山いるんだ。金魚掬いからミニ・スポーツ競技までボランテイアの皆さんの貢献に敬意。
 昨年から開店した神谷バーでワインクーラーを買って帰る。
a0063907_631437.jpg
(写真上:松木島のちりから太鼓。軽快な太鼓で祭りの始まりを告げる。)
(写真中:沢山の屋台に溢れる若者たち。こんなにいるんだ!と毎年思う。)
(写真下:今年は電車が新型に更新された。)

7月の「語る会」=26日(日)午後3時15分~4時45分、吉良・岡山のホワイト・ウェーブ2階で。

by vmn05756 | 2015-07-25 23:37

土用の丑、参議院定数是正?

7月24日(金)、
 土用の丑の日、にふさわしい暑さ。朝からグッタリだが、一色町の養鰻関係者の最も忙しい日か。この暑さだからうなぎ丼も美味しい。
 午前11時、床屋さんで久し振りにサッパリ。
 昼食後、午睡。暑い中、ゆっくり休めるのはありがたい。
 夕方、散歩。帰ると、来客あり。双方家内とともに、4人でよもやま話。

 参議院の都道府県単位の定数の10増10減案が参院で可決。これでも一票の格差はまだ三倍近い。
 最高裁の指摘は、投票価値の平等で「一人一票」にちかづけること、都道府県単位の選挙区を設ける仕組みを改めることではなかったか。
 参院選挙は国政への参加権であり、県政への参加権ではない。国民一人ひとりは、どこに住もうが平等に国政への参加(投票)の一票を持つのが当たり前ではないか、と思う。国の外交、財政、通商、平和、医療、福祉etcなどについてなぜ、人口の小さい県の住民が人口の大きい県の住民より大きな発言権を与えられるのか。
 結局、行政優位、公務員優位の仕組みの温存ではないか。政治家も適当に扱われている。
 今話題の「新国立競技場」の議論だって、国民全体の意識や思いよりも、特定の役所、特定の政治家、特定の行政法人の利益とか思い入れを優先、勝手放題にさせてきたことに、国民の怒りが向いたからではないか。ボロが出て国民も初めて自分たちが何も知らされてこなかったことに気づく。卑劣だよね。「民はよらしむべし、知らしむべからず」か!
 公務員は優秀だが、自己利益の優先、問題先送りの優秀さには、目をみはるものがある。これからの人口減少社会で、毎年増え続ける借金の山をどうやって返すのか?ギリシャになっては情けないと思う。
 抜本的な国政選挙制度改革が必要、なんでアール。

by vmn05756 | 2015-07-24 22:36

大暑

7月23日(木)、暦の上では「大暑」
 朝は大雨。この地域では大暑という状況ではないが、全国的にナツ―という感じ。明日以降はもっと暑くなるとの予報。まもなく「高齢」の身にはこたえるなァ。
 

by vmn05756 | 2015-07-23 21:44

海の日

7月20日(月)、
 海の日。なぜ今日が「海の日」で休日なのかも分からなくなってしまった。「お上の言うとおり」で、よいんだろうか、とふと思う。
 朝9時、日の丸掲揚。最近では、国民の祝日に国旗を掲げる家がめっきり少なくなってしまった・・・。
 新聞各紙が、内閣支持率の大幅下落を伝える。安保法案もだが、新国立競技場2560億円なり、のニュースに対する反発が大きいみたい。理屈より感情。何のために、こんな贅沢な施設を、誰のお金で建てるのか?ラグビー会長が大物政治家で自分の権勢をスポーツ界にそして政界にも示して、ツケを払うのは国民だー!って。政治家も役人もやりたい放題の世の中・・・?
 夕方6時半、国旗降納。イヤー、暑い一日だった。

by vmn05756 | 2015-07-20 22:21

お天王祭り

7月19日(日)、
 夏本番、という感じの猛暑到来。家にこもって暑さを凌ぐ。
 a0063907_6292669.jpg夕方5時頃、例年より少し遅めだが、祭りの山車と大太鼓が氏子と若衆に曳かれて隣の空き地に到着、休憩する。この時期、いつもよく晴れ、猛暑が重なる。みんな水分補給で休み、住民は山車の下を潜って(くぐって)a0063907_6315792.jpg家内安全を祈る。これで大提灯まつり(8月26、27日)も近い。
(写真上:神輿を引くのは今年は諏訪組が中心。大字一色は、このほか間浜、上、中、大宝、宮前の計6組からなる。)
(写真下:大太鼓も諏訪組の若衆が子どもたち指導の担当。紅白の法被を着ているのは厄年会のメンバーで、今年は平成27年寅卯会の若衆。私より二回り若いということ。)

by vmn05756 | 2015-07-19 23:17

台風一過、「新国立」の本質

7月18日(土)、
 台風一過、青空が広がる。この地域、被害がなくて幸い。暑い季節の到来か。
 新国立競技場のやり直しが大きく取り上げられる。他国の600億円が日本で1300億円。それが2年で2560億円になるなんて。国民もみんなおかしいと思っていたのだ。しかし、その声が小さい時は無視してそのまま押し切ろうとした政治家、役人のアコギさ!!税金だし、しかも将来のこと、かまわねー!やっちまえ!てなことだったのだろうか?
 公共事業のバラマキ、利権の奪い合いの裏返しで、国民の負担増、将来世代の苦労、と言ったものを政治家も公務員ももっと真剣に考えなければいけない時代に・・・、なんて自分が時代遅れなんだろうかナ。

by vmn05756 | 2015-07-18 22:15