つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


サッカーW杯、なさけなや東京都議会閉会

6月25日(水)
 朝5時半、起きだしてテレビででサッカー観戦。残念だなあ、あれだけ良い選手が揃っていたのに。監督の采配誤りを感じる。直前での選手起用の失敗、今までの戦略の方針変更、・・・。ユニフォームに赤い線をいれたことさえ、心の揺らぎを感じてしまう。
 

 亡き長兄の17回忌。合掌。母も、長兄も、次兄も、姪ごまで6月に亡くなっている。悲しいかなや水無月の墓に注がんなみだ雨。

 な~さけ~なや、な~さけ~なや・・・(守屋ひろしの「ありがたや節」の節回しで!ふるいねー。)都議会が都議一人に陳謝させ閉会とか。男ぎのない情けない連中ばかり。正しさ、公平さ、善意、感謝、人間観、教養、友愛的、人間が、日本人が営々と築きあげてきた美徳のかけらさえ持たない連中だ。偉そうにちゃらちゃらと議員バッジをつけて、下品で残虐で恥知らずな性情を上等の背広の下に隠し、自己の利益をばかり稼いでいる。これが日本の首都の民主主義の現状。国民の、都民の、地域の代表とは、最低限、何が必要なのか、考えさせる。小学校の社会科の教材で使ってみてはどうかな?

by vmn05756 | 2014-06-26 14:56

お墓参り

6月24日(火)
 午後1時、夭逝した姪の35回忌。千葉県の霊園に墓参。天気が荒れ模様とのことだったが、行く先々で好天に恵まれる。感謝。

by vmn05756 | 2014-06-26 14:20

「清明」読書会、通常国会閉会、東京都議会のレベル

6月22日(日)
  通常国会の閉会日。与党圧倒多数のもとでやりたい放題の印象。
 安倍外交を見ていると、戦争の記憶もなく、アジア近隣に敵対意識ばかり植え付け、日本の居場所はどうなるだろうか。
 米との同盟関係は日本外交の基本だが、集団的自衛権の理論的主張はいろいろあるにしても、日本が直接攻撃されていない状況で、同盟国擁護のために自衛権として攻撃を行ったら、(国が近い?)日本本土は当然敵国として攻撃され、戦禍に苦しむのは日本国民ではないか。戦争は一旦始めるとどうなっていくのか分からない。それが今までの教訓ではなかったか、と思う。

 
 東京都議会本会議で女性議員へのヤジが問題になっている。というよりヤジを飛ばした議員が、自分は堂々と名乗りもせず、同僚議員たちも口を閉ざしている。よっぽど大物議員なのだろうか。卑怯で強圧が支配していて民主的議会と言えるのか。

 
 午前10時、「清明」読書会。今日のテキストは、吉田松陰の「講孟箚記」。松陰が米国渡航に失敗し、萩の野山獄につながれた時、同房の囚に講義した「孟子」の論稿。「禍福は己より之を求めざる者なし」、「若し薬瞑眩せずんばその病癒えず」、「志士は溝壑にあることを忘れず」、「其の揆一なり」など、「孟子」の著名な言葉を解説しつつ、幕末変革の時期に望む自己の思想と気概を述べる。ある首相も所信表明で引用したりしていたが・・・。

by vmn05756 | 2014-06-22 18:36

産廃の根本問題

6月10日(火)、
 一色地区産廃問題について、西尾市議会で三人の議員の質疑が地元紙に紹介されている。
 私の不手際もあってか、根本問題からずれているような気がする。
 一番肝心なのは、そして私が町長に就任した時から頭を悩ませたのは、三共資源工業が竹生新田3号地の水処理をせずに逃げて、県がそれを放置し、産廃許可を取り消したから、誰も責任を持って処理しなくなったこと、そしていずれ大きな環境被害になりかねないこと、である。
 町長に就任してから、実体の分からない幾つかの業者から「ゴミを埋めたい」との要望が来たが、全て断って来た。最後に話を持ってきたのが来たのがKECである。県や西尾からの紹介ということだった。
 しかし、今回の新巨大処理場建設の話を聞いて、ビックリである。何故なら、3号地の適切な無害化処置が最大の課題であって、そして一色地区にとってそれだけが問題であって、他地区のための巨大ゴミ捨て場を一色町に、しかも、三河湾、産業、雇用、生活を犠牲にして、建設することなど考えようもない。誰が喜ぶのだろうか?
 私の不徳のなすところだが、どういう話だったか、どういう考え方だったのかなど、誰も私に話を聞こうともせずに、議論を進めている。なぜだろうと最近思う。

by vmn05756 | 2014-06-10 22:36

写経の会、一色文協祭、うなぎまつり

6月8日(日)
 9時、写経の会。
 帰りの途中、諏訪神社の移転工事のa0063907_2184451.jpg進捗状況を見る。
 11時半、一色地域「文協祭」。
 午後1時、三河一色うなぎまつり。ものすごい渋滞、ようやくさかな広場に辿り着いたが、うなぎ丼などはとっくに売り切れ。当然だよね。
(写真1:土が掘り下げられ、提灯の大柱を立てるための地輪作り作業が続く。)
a0063907_21124789.jpg

(写真2:文化協会の盆石部会で長年活躍し、後進を指導してきた長田しづゑさんの遺作も展示。素晴らしい作品が並ぶ。とても砂粒で描いたとは思えない「伎芸天像」。)
 (写真3:中学生の作品も展示。若々しく、力強い。)
a0063907_21142597.jpg

(写真4:うなぎまつり会場の目玉、うなぎのつかみどり。子供より応援の家族に熱がはいる。プールの奥でマイクを握っているのが、つボイノリオさんと小高直子さん。)

a0063907_2117536.jpg

by vmn05756 | 2014-06-08 21:44

西尾市公共施設市民説明会、次兄3回忌法要

6月7日(土)
 9時半、健康センターで開催の「西尾市公共施設再配置実施計画2014-2018」の市民説明会に参加。会場が参加者で一杯に。旧役場庁舎を壊して団地を造ると言う話が伝わり、旧町民は複雑な思い。私も町長に就任した2006年2月には、耐震補強工事のため一年近く庁舎に入れなかった思い出がある。約5億円をかけて耐震強度は十分になったのだが、今壊すとは税金の無駄遣いの様な感じ。地域広場の工事も住民に説明もせず設計変更して、国の補助金を断ったり・・・。もったいないというか、西尾市の財政は・・・?
 気になったのは、解説用パワーポイント(コンピューター映像による説明)の最後に女性アナが「行政と市民と対等の立場で・・・」と言っていたが、行政と市民は決して対等ではない。公務員は全体の奉仕者であり、市民が納める税金などを元にして市民の求める行政サービスを提供するのが行政の(特に地方行政の)役割だと思う。昔の「官尊民卑」の発想が地方レベルまでまだ根付いているんだろう。住民主役の行政であって、行政(公務員)主役の行政ではない。
 
 10時半、自宅で次兄の3回忌法要。早いものだなあ。

by vmn05756 | 2014-06-07 21:17

天安門事件、D-Day(ノルマンディ上陸作戦)、佐久島渡船事故

6月4日(水)
 中国天安門事件から25年。1989年はその日からジュネーブでILO(国際労働機関)総会のお手伝いでパリから移動したところ。ジュネーブの日本政府代表部や関係機関に集まった関係者は口々にこの大弾圧に将来の中国と中国人の行く末に心配の声をあげていた。今の結果をご覧あれ。自由も人権も民主主義も法治主義もない「独裁国家」として近隣国にも抑圧の手が伸びる。日本は、戦時の反省が足りないとして、すぐ批判される。安倍首相の高慢、無反省の態度は誰でも反発する。アメリカにも物申せる独自の平和路線を示すべきだと思う。
6月6日(金)
 NHK-BS1の70年前のノルマンディ上陸作戦の記録映像(英のBBC,仏のMS1作成)を4夜にわたってみる。アカデミー賞受賞の「プライベート・ライアン」を見たとき、上陸作戦で殺害される数多の兵士には戦慄したが、この記録映像で実際のものだと理解。パリ滞在の時には、ノルマンディに小旅行し、オマハ・ビーチの崖の上に古びたしかし堅牢なドイツ製の砲撃台を見て、パリ占領からわずか数年で大西洋岸数千キロにわたってこれだけの防衛線を建設したのはさすがにドイツだ(!)と思ったのだが、映画やフィルムを見るたびに、壮絶な戦争の実態を思い、そして日本軍兵士の南洋諸島密林などでの悲惨な戦死、餓死を想起すると、戦争放棄は日本の国是として是非守っていかなければならない。
 最近は、戦争経験のない若い首相や戦争で家族に直接被害を受けてない若くもない人たちが、戦争放棄と書いてある憲法を「戦争できる」と読み替えることを一生懸命やっている。若い人たちが流されないように、戦争当時、あるいは戦争後の悲惨な状況を、ドキュメンタリーとして放送するなど、国民の記憶として引き継いでいくべきではないだろうか。
 
 佐久島の渡船が高波に乗ったりして乗客が大けが、とのニュース。天井まで飛んで、床にたたきつけられて!死ななくって良かったなあ、と思う。輸送業は、乗客の安全が第一。常に気を引き締めて、安全な運行に努めて欲しい。

by vmn05756 | 2014-06-06 22:01

職友会総会、まつりごとday

6月1日(日)
 午前10時、笠寺のガイシホール(旧レインボウホール)の会議室で職友会総会。a0063907_226558.jpg一色地区に想定される産廃の山は名古屋ドームが6杯分と言われるが、このガイシホール6杯でも驚愕するような大きさだよな。
 昨日の新聞は、東海三連動地震の被害想定を県が大幅見直しのニュース。今朝の新聞各紙は「広報あいち」で「豊かな里海”三河湾”」と題して干潟や、藻場、浅場が海の生き物や水のきれいさを育む海の大切さを訴えている。愛知県も、知事の指導のもと、超巨大産廃処理場を一色地区の海沿いにはもって来ないと約束してくれるといいのだが。
 午後2時、名古屋市の白川公園で開催の「まちづくりday]を知人の紹介でa0063907_2281775.jpg訪ねる。反原発とか暮らし優先とかは政治にとって大切な課題。今の安倍政権の憲法の解釈変更、原発の現状と今後の処理方針、近隣諸国との緊張感の増大、勤労者の権利、などを見ているとホントに心配になる。
(写真上:近くでバラの大輪が咲く。)
(写真下:白川公園のまつりごとdayのトークセッションに群がって聞く人たち。)

by vmn05756 | 2014-06-01 21:53