つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


普元寺山門落慶法要

a0063907_2136294.jpg5月31日(土)
 お昼前、普元寺さんで山門完成の落慶法要として稚児行列が盛大に開催される。親戚の生まれたばかりの赤ちゃんから同級生のお孫さんまで、身近な人が沢山参加。子供だけで500人くらい、a0063907_2138888.jpg付き添いの父さん母さん、じいちゃんばあちゃんが二組とすると、3000人ぐらいが参加かな。暑い中ご苦労様。

by vmn05756 | 2014-05-31 21:39

四国お遍路⑥-14

5月20日(火)
 四国お遍路⑥-14
 四国霊場第64番札所ー石鉄山前神寺(いしづちさんまえがみじ)  注:「つち」の字は正しくは金偏に夫と書く。
 a0063907_15242451.jpg四国最高峰石鎚山(1982メートル)の中腹に位置。石鎚神社とともに霊峰を守る古刹。
 開基は役行者小角(えんのぎょうじゃおづぬ)。
 ご本尊は阿弥陀如来。
 真言宗石鎚派の総本山。a0063907_15252052.jpgまた石鎚修験道の中心地で、毎年7月1日のお山開きには全国から白装束の行者が集まる。
(写真上:神社のつくりに似た本殿。この前庭には白砂を敷き詰めた参道があり、行者が「火渡り」の行を行う。)
(写真下:石鎚大権現への登山階段。昔はどこも神仏混合であった。)

by vmn05756 | 2014-05-20 14:50

元自民幹部と赤旗、四国お遍路⑥-13

5月19日(月)
 産経新聞のネット版が元自民党幹事長の加藤紘一氏、古賀誠氏、野中広務氏の3氏が共産党の機関紙「赤旗」に登場し、安倍首相の集団的自衛権容認への解釈改憲に反対の意見を表明しているとのこと。
 保守でも戦争の時代を体験した人たちには、憲法の平和主義の重要性を身にしみて政治に取り組むのだろう。チャンバラごっこの発想で考える戦後生まれの首相とは違うのかナ。
 a0063907_14371336.jpg日米共同の軍事力行使で、事態によっては、自衛隊員の何人が、事態収束ではなく拡散して本土攻撃になった時には何人の一般市民が犠牲になるのか・・・? 全面戦争になったら・・・?(アメリカ本土は遠いんだよネ。) a0063907_1440622.jpg考えるほど憂鬱になってしまう。「したたかな平和外交」を進める選択肢はないのかナ。

四国お遍路⑥-13
 第63番札所ー密教山吉祥寺(みっきょうざんきちじょうじ)
 a0063907_14405863.jpg開基は弘法大師。
 ご本尊は毘沙門天。四国霊場で唯一。元は戦勝の神だったが、近世は商売繁盛の神様とし信仰される。七難即滅、七福即生のご利益あり。
(写真上:成就石。本堂から目を閉じて杖を構えて歩き、30センチの穴に入れば願い事が叶うとか。)
(写真中:大師像と並ぶのは、毘沙門天の妻の吉祥天。貧困を取り除き富貴をもたらすとか。)
(写真下:桜もよいが、チューリップもいいね。) 

by vmn05756 | 2014-05-19 18:14

「清明」読書会、茶話会

5月18日(日)
 午前10時、岡崎・竜美が丘会館で「清明」読書会。今日のテキストはマックス・ヴェーバーの「職業としての政治」。1919年1月、第一次世界大戦の敗北で騒然とする社会情勢のなか、自由学生同盟の求めに応じて彼が行った公開講演をまとめたもの。
 政治とは、団体とは、国家とは何か。国家とは、正当な物理的暴力行使の独占を要求する人間共同体であり、政治は権力の配分に関わる努力であると定義できる、という所から始まって、権力の正統性の根拠、服従と報酬、合議制、内閣制度、官僚制度、政党の組織化、政治家の形態としての名望家、カリスマ性、マシーンの誕生、猟官制の発達、などが独、英、仏、米、中国などの例を引用して解説される。
 最後に、政治家は目的(心情)倫理と責任(結果)倫理という職業的パラドックスに直面するが、希望の挫折にもめげない堅い意志で、世の中がどんなに愚かで卑俗であっても断じて挫けない人間、どんな事態に直面しても「それにもかかわらず!」と言い切る自信のある人間、そうした人間だけが政治への「天職」(ベルーフ)を持つ、と、締めくくっている。
 ・・・騒然とした社会情勢の中で、その後のナチスの登場を予感していたのだろうか。
  いずれにしても、政治家志望者の必読書。

 午後2時、岡山のホワイトウェーブで「茶話会」。一色地区の産廃の問題、安倍政権の憲法の解釈変更、国の借金1000兆円の心配、南京虐殺の信ぴょう性、近隣国の反日気運など様々な議論で意見交換。

by vmn05756 | 2014-05-18 22:22

安保法制懇と解釈改憲問題

5月17日(土)
 安倍首相の私的懇談会である安保法制懇(「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」)が15日に報告書を提出、同日夕方に首相が記者会見、新聞テレビは大きく報道した。国の根幹を変える(戦争放棄の国から戦争を行う国へ、憲法の変更ではなく「憲法の条文解釈の変更」というやり方だから余計に議論が燃えあがった面がある。
 新聞の報道でも何ページにも及ぶから、ここでは私の考える論点を幾つか紹介したい。
1 法制懇発表の首相の記者会見は、「解釈変更」という姑息な手段をごまかすためのフリコメ詐欺みたいな感じ。
2 集団的自衛権の行使は同盟国とともに、他国に対し戦争すること。憲法の条文は「戦の放棄」と明記している。それは立憲主義の否定ではないか。
3 今までの戦争は全て「自衛」の名のもとに始められたのではないか。・・現在の中国、ベトナム、フィリピンの領有権の対立をみよ。
4 戦争とは殲滅(せんめつ)であって、無差別の殺戮を行う。不戦条約があってもベトナム戦争の悲劇。これに対し、警察権の行使は、確立した法秩序のもとで、安定の回復などやむを得ぬ範囲の武力の行使を行う。-必要以上の暴力は禁止される。
5 「自国民の保護」は全て正当化されるか。2年前の中国の反日暴動に出動できるか。
6 議論の盛り上がりは、一体何を想定しているのか。(中国の拡張主義、イスラムの過激派、その他)
7 米国からの圧力・要請があるのか。米国は「歓迎する」と言っているが・・・?
8 米国の実力低下と世界の不安定化という議論。世界の警察官の役割を自ら買って出て、自ら今は困窮しつつある。イラク、アフガン、ソマリアなどの失敗の事例。
9 軍産複合体の中で政治のコントロールは?
10 米国の基地、要塞としての沖縄のあり様は。日本属国論までいわれるが・・・。
11 東西冷戦の終結という変化(アメリカ一極)から一層多様化、複雑化する世界構造のなかでアメリカについて行くだけで良いのか。
12 本当の問題は、国連の機能不全と冷戦終了後の世界秩序再構築の停滞。誰の責任か?日本は役割を果たしたか。CFドイツの例ー今やヨーロッパの中心、国連で安保理常任理事国に準ずる役割・・・。
13 日本のアジア隣国(中、韓、朝、露)との緊張。東南アジアで受け入れられた背景と真相、そして今後の動向)   
14 第2次大戦の反省の日独の違い。
15将来の展望と課題
 イ 国連の改革
 ロ 米との協力関係の強化
 ハ 諸外国との友好と協調
 二 真の意味での日本の独立・善隣外交の確立
   (未来は予測不可能。しかし、日本と世界の将来像を描き、その実現にむけての役割を担い、努力していく方針を国民が共有する。)
 ホ 歴史教育の充実ー私は戦後生まれだが中学生になる頃まで、傷痍軍人が乞食同様の物乞いをするなど、戦争の傷跡は町のそこらじゅうにあった。今は英数国の点数アップばかり一生懸命やっているが、社会科など人間社会で生きて行く基礎をしっかり教えるべきだと思っている。


17日午後3時半、名古屋の県美術館で開催の日彫展を参観。
      7時、中学時代の恩師加藤信夫先生のお通夜に参列。大変お世話になった。感謝、合掌。

by vmn05756 | 2014-05-17 14:00

5.15事件、産廃反対決議

5月15日(木)
 5.15事件の日。最近も安倍政権のもとで軍靴の音が聞こえるような気がする。310万人もの日本人が死に、殺され、諸国の人々にも甚大な被害を与えて、もう戦争は2度といたしません。と皆で誓ったのが現在の憲法ではないか。「過去に目をつむるものは、未来にも盲目となる。」ワイツゼッカー元独大統領の言葉を我々もかみしめる必要がある。

 巨大産廃場反対の決議を西尾市議会が行ったとの報道。ただ一部の地方紙は「管理型処分場に反対の決議」と伝える。では安定型の巨大産廃処理場は良いのか?ということになる。議会の事務を手伝っている公務員にやられてしまったかな、と思う。地元は、安定型の巨大産廃場にも大反対だ。日本の議会制度の問題は、国も地方も、業務に精通する公務員にテキトー騙されてしまうことがある。法律の専門家を雇うべきではないかと思う。

by vmn05756 | 2014-05-15 08:58

四国お遍路⑥-15

5月14日(水)
 四国お遍路⑥-15
 第62番札所ー天養山宝寿寺(てんようざんほうじゅじ)
 a0063907_21574330.jpgご本尊は十一面観世音菩薩。
 聖武天皇の勅願により建立。
 伊予国一宮の法楽所(お経をあげるところ)。
 安産祈願のお寺として人気が高いとか。

a0063907_21584582.jpg
(写真上:貫禄のある門前の石碑。)
(写真下:人気の高い安産観音。)

by vmn05756 | 2014-05-14 22:01

四国お遍路⑥-14

5月13日(火)
 四国お遍路⑥-14
 第61番札所ー栴檀山香園寺(せんだんさんこうおんじ)
 a0063907_21565267.jpg聖徳太子が用明天皇の病気平癒を願って創建したと言われる。
 ご本尊は大日如来。
 昭和51年に近代的コンクリート作り聖堂に建て替えたが、予算が足りなくなって瓦葺の屋根ができず、お寺としa0063907_2158816.jpgては珍しい平屋根となっている。
 安産祈願の寺として全国に有名で、別名「子安大師さん」と呼ばれる。

(写真上:本堂前は桜が満開。屋根はまっ平。)
a0063907_21592113.jpg
(写真中:本堂の中は椅子席が700。座ったままでお参りできる。)
(写真下:子安大師堂。左腕に子供を抱いた大師が見える。)

by vmn05756 | 2014-05-13 22:04

焼却場反対で大衝突、地域協議会制度、公務員の戒め

5月12日(月)
 今朝の中日新聞朝刊7面に、中国・杭州で計画されている大規模ゴミ焼却場の建設をめぐり、去る10日、約5000人の地元住民と警官隊が衝突、約40人の負傷者が出たとの記事。建設計画は、突然発表され、地元住民に詳しい説明もなく、抗議活動が続くなか、市が一方的に着工したとのこと。共産党の独裁国家でも住民無視はこの結果を招く。まして民主主義を掲げる日本の自治体においては、もっとましな対応を願わずにはいられない。

 
 地方自治に関する中日新聞の記事として、今月3日(憲法記念日)には朝刊の21面左上に「新城市の地域協議会制度」の紹介があった。これは地方自治法に定める新しい制度で、愛知県では豊田市が大合併の時に導入していた。西尾・幡豆合併協議の首長会議の時に、豊田市の例に見習って検討することを私から提案したが、アッサリ否定され、私も引っ込んでしまった。もっと踏ん張るべきだったと、今では後悔している。
 住民の声を丁寧に聞く姿勢を持たない独善・独裁の政治・行政ではなく、地方自治の原点に返って、住民自治、住民が主役の政治・行政の実現を期待したいと思う。
 

 旧二本松城「戒石銘」
 「爾(なんじ)の俸、爾の禄は、民の膏、民の脂なり。(お前の給料は住民の汗の結晶の税金だ。)
  下民は虐げ易く、上天は欺き難し。(住民は無視し易くとも、天は見逃さない。) 」
 武士が天下の江戸時代においてこの心掛け。  現代民主日本において住民無視とは! 「ああ、やんぬる哉。」と嘆かないようにしなければ。

by vmn05756 | 2014-05-12 22:08

母の日、西尾合唱団演奏会

5月11日(日)、母の日。
 朝、ゴミゼロの日でもあり、早くから町内のドブさらいの掃除など。と言いながら、今日は寝過ごして余りお役に立てなかった。
 午後2時、西尾文化会館大ホールで、西尾合唱団の第70回記念演奏会。昭和36年4月に西尾高校OB合唱団として発足、昭和38年3月に第1回定期演奏会を開催、以来今日まで70回の足跡を重ねる。 
 今日の演目は、第一部でショパンのピアノ協奏曲第1番を西尾出身のピアニスト夢藤哲彦さんの演奏、第二部はモーツアルト作曲の「レクイエム」をアルテ・フィルハーモニーと西尾合唱団で演奏。迫力があって、なかなか良かった。指揮は第1回以来西高出身の田中瑞穂氏、半世紀を超える指導・貢献に敬意。
 帰りに、憩いの農園で仏花を買う。

by vmn05756 | 2014-05-11 21:28