つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


四国お遍路⑤-46

3月31日(月)
 年度末、明日から消費税が上がるのでガソリンなど購入に。

 四国お遍路⑤-46
 第46番札所ー医王山浄瑠璃寺(いおうざんじょうるりじ)
 a0063907_213153100.jpgご本尊は薬師如来。仏足石、仏手石、仏手指紋、説法石などが境内におかれ、様々なご利益があると言う。

(写真上:山門入り口の階段)
a0063907_21333520.jpg


(写真中:境内にある仏足石。普通よりずっと大きいが、他の寺のものより小さい。)
a0063907_21363134.jpg

(写真下:緑の木立に囲まれる本堂。)

by vmn05756 | 2014-03-31 21:41

四国お遍路⑤-45

3月29日(土)
 四国お遍路⑤-45
 第45番札所ー海岸山岩屋寺(かいがんざんいわやじ)
 a0063907_2227344.jpg巨石がそそり立つ修行道場。海の底が隆起してできた岩山自体が本尊とされてきた。
 弘法大師が石と木でそれぞれ刻んだ不動明王がご本尊。木像は本堂に安置、石像は岩窟に納めて山自体がa0063907_2229278.jpg本尊に。
 山門から本堂まで259段の石段が続く。氷雨の中、きつかった~。


a0063907_22313123.jpg

(写真1:岩屋寺への登り口。)

(写真2:「海岸山」の額がかかる山門から260段。それよりもあったと思う。)
a0063907_22343078.jpg
(写真3:本堂にのしかかる岩山。昔、海の底にあった岩山そのもの。)
(写真4:無数の石の地蔵に託された切実な願いを思う。)

by vmn05756 | 2014-03-29 22:52

政経同友会、四国お遍路⑤-44

3月28日(金)
 夕方6時半、政経同友会3月委員会。今日のテーマは、健康体力作りの理論と実践。身体の柔軟性の衰え、脚力の減少を痛感。


 四国お遍路⑤-44
 第44番札所ー菅生山大寶寺(すごうさんだいほうじ)
 a0063907_16354481.jpg久万高原の山中にあり、狩人の明神兄弟が開祖。用明天皇在位の頃、兄弟が付近でご本尊となる十一面観世音菩薩を発見したのが始まりと伝わる。
 八十八カ寺の真ん中に当たり、中札の霊場と呼ばれa0063907_16372337.jpgる。
 近くに「十夜ヶ橋(とよがはし)」のいわれのある大洲市(おおずし)がある。第43番明石寺からここまでは伊予最長の78.3kmあり、弘法大師が大洲の土橋の下で野宿することになった。それをa0063907_16383630.jpg「十夜ヶ橋」と呼び、またお遍路は寝ている大師を起こさないように、どの橋の上でも杖はつかないこととされている。
(写真上:本堂に上がる前に、チョッとお休み。)
(写真中:仁王門にかかる巨大なわらじ。百年に一度取り替えるとか。)
(写真下:きつい坂はどこも同じ。境内は樹齢数百年の杉、檜に囲まれる。)

by vmn05756 | 2014-03-29 16:47

一色地区町内会産廃場建設反対、うそっぱちの技能実習制度

3月27日(木)
 各新聞が、昨日、一色地区町内会連協が産廃場建設反対の要望書を市長に提出したと報道。前回は漁業関係者の要望であったが、今回は地域住民全体の声。行政は余り好きではないかもしれないが(?)、しっかり聞いて、現在の住民の生活の尊重、将来の世代につないでいく地域の資産の在り方など、大きな視点に立って真剣に考えて行くべきだろう。
 自分だけ儲(もう)かりゃいい、というのでは政治家の資格なし。

 労働力不足に対応するために、外国人技能実習制度の在留期間を3年から5年に延ばす案が検討されているとの報道。姑息!の一言だ。
 もともと1980年代に、労働力不足に対応するため、外国人研修生の名目で外国人を低額の手当て(賃金ではない。)で採用し、酷使し、労災も適用のない使い方をしてきたことが問題になった。
 1993年に労、法、外、通の4省庁で合意し、8ヶ月研修、16カ月実習労働、計2年の技能実習制度がスタートしたのだが、じきに期間を3年に延長、該当職種も商工業系中心から農業漁業何でもアリになってしまった。 そして今回は5年に期間延長とのこと。「実習、研修」なんて嘘っぱちばかり言わないで、堂々と「外国人労働力」として受け入れ、日本人と同じ待遇、権利を認めるべきだと思う。日本のよき理解者、よき友人となってもらうためにも。
 元々技能実習制度の目的は、①途上国への技能移転、②勤労所得の移転によるプチ経営者の育成、③日本文化の理解の普及・促進の三つを目指したのが原点。安い労働力としてこき使うだけなら、日本への恨みを増大させるだけだから、やめてしまえ、と言いたい。
 日本の人口減少、ひいては経済の縮小も目前に来ている現在、姑息な発想ばかりでやっていけるのだろうか。

by vmn05756 | 2014-03-27 23:03

四国お遍路⑤-43

3月26日(水)
 四国お遍路⑤-43
 第43番札所ー源光山明石寺(げんこうざんめいせきじ)
 a0063907_2242943.jpg欽明天皇の勅願によって正澄という行者が開基。その後修験道場として発展。のち弘法大師が伽藍を再興し霊場と定めた。
 ご本尊は千手観世音菩薩。昔、菩薩が願をかけて大石を明け方a0063907_2252666.jpgまで運んでいた故事にちなんで明石寺の名がついたとのこと。

(写真上:明石寺の山門。)

a0063907_2272687.jpg
(写真中:昨年7月に完成した新本堂。重厚な唐破風のつくり。)

(写真下:緑豊かな境内にある夫婦杉。お互いに縛りあって・・・happy?)

by vmn05756 | 2014-03-26 22:12

世界の退行現象?

3月25日(火)
 午前11時、車の定期点検。
 午後2時、産廃処分場の問題で関係者にお話しを聞きにと思ったが、あいにく不在。
 3時半、来客。いろいろと意見交換。
 5時半、西尾市内の葬斎場で職安OBの故中野氏のお通夜に参列。本当にお世話になった。感謝、合掌。

 欧米日各国は、今年はG8ではなく、ロシアを除いたG7でやるとのこと。
 冷戦が終結して新しい世界は友好と協調と繁栄の時代が来ると世界の国々は期待したのが僅か23年前!結局、力のあるドギツイ国々が自己主張をする元の木阿弥のよう!?あれから20年!色々な節目、ターニングポイントがあったが、対イラク戦争などアメリカの単独主義が先行し、国連機能の強化、拡大などを怠って来たことのツケが回ってきていると思う。
 例えば、相変わらずイスラム過激派のテロが続発しているが、各国の対応に委ねるのではなく、犯行組織は国際社会における共通の刑事犯罪として取り締まる、すなわち居場所がなくなる、などの取組みができなかっただろうか。
 また今回のクリミア独立とロシアによる併合は、ソ連時代にタタール人をアジアに移しロシア人を入植させたことの結果であり、第2次大戦後、イスラエルがパレスチナ人を追い出してユダヤ人を入植させて、国家として独立したこと通ずる感じがする。
 また中国でチベットやウイグルで様々な民族運動があるが、結局、中国政府が漢民族を入植させて多数派を占めるようになれば、民族自決という原則はどうなるのだろうか。
 「国家」という枠組み、国民、領土、実効支配という3要素も、むき出しの力の前には沈黙してしまう。
 政治は、相変わらず未成熟のままだ。日本にとって、果たすべき役割は多いと思うのだが・・・。アジアの地元で、中韓との和解・協力もできない現状ではなァ。

by vmn05756 | 2014-03-25 21:31

四国お遍路⑤-42

3月24日(月)
 朝から雑用、片づけ仕事。日中は暖かいので、車の洗車、蔦などの周囲の雑草の片づけ、その他久しぶりに取り組む。


 四国お遍路⑤-42
  a0063907_2159886.jpg第42番札所ー一か山佛木寺(いっかざんぶつもくじ)
  ご本尊は大日如来。弘法大師が唐にいた頃投げた宝珠が楠木に引っ掻かているのを目にして、ここを霊地と定め、大師みずから大日如来を刻んだとのa0063907_2202226.jpgこと。
 元禄時代の茅葺屋根の鐘楼が傷んで工事中だと聞いていたが、真新しい立派な鐘楼が完成していた。
(写真上:佛木寺の山門)

a0063907_2215141.jpg
(写真中:大師が老人に勧められて牛の背に乗って訪れたとの故事から、家畜や牛馬を祀る。)
(写真下:屋根はすっかり新しい茅葺になった鐘楼。)

by vmn05756 | 2014-03-24 22:09

「清明」読書会、河津桜満開、西尾第九合唱の会

3月23日(日)
 朝5時、朝起き会。
 10時、竜美丘会館で「清明」読書会。a0063907_2111689.jpg今日のテーマは「孫子」。産廃や不動産に詳しい岡崎のお坊さんが飛び入りで参加。先週のホワイトウェーブの茶話会にも参加して、産廃一色(いっしょく)の語る会になってしまったが・・・。孫子と産廃はなかなかネ。「孫子」は政治に関わる者には必読の書。一つには戦争に対する謙抑的な心構え(ex.計篇第一「兵(戦争)とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。」など)、もう一つは自分の選挙戦にも有効な示唆が豊富なこと(ex.「敵を知り己を知る」「利に非ざれば動かず」「奇正の法」「虚実の理」など)、など感想を述べ合う。
 午後2時、西尾文化会館で市制60周年記念の「第九演奏会」。西尾フィルハーモニー管弦楽団と西尾第九を楽しむ会の共催。会場は満席の賑わい。演奏が始まると携帯のビデオで撮影する人が何人も。季節には早めのホタルかな。最後の合唱はよかった。拍手鳴り止まず、アンコールが6回。最後は独唱歌手と混声合唱団のみんなで唱歌「ふるさと」を熱唱。これもよかった。「~水は清きふるさと!!!」 。
(写真:岡崎竜美丘会館前を流れる乙川沿いの河津桜は見事に満開になっている。)
 

by vmn05756 | 2014-03-23 19:01

四国お遍路⑤-41

3月18日(火)
 四国お遍路⑤-41
 第41番札所ー稲荷山龍光寺(いなりざんりゅうこうじ)
 a0063907_23105728.jpg山門の代わりに「石の鳥居」が立つ。「三間のお稲荷さん」と呼ばれる(宇和島市三間町にある。)。
 ご本尊は十一面観世音菩薩。創建当時は本尊として「稲荷大明神」を祀っていた。明治の神仏分a0063907_23125039.jpg離で元の本堂が稲荷神社となった。それが今の階段の上に立つ神社の社殿。
 稲荷信仰は全国に多いが、もともとは五穀豊穣を祈るもの。真言密教の稲荷荼枳尼天(だきにてん)と結びついて全国に伝a0063907_23131466.jpg播。キツネを神の使いとし福徳(商売繁盛、開運など)を祈願する。
(写真上:参道に立つ石の鳥居。年期がいっている。)
(写真中:石段の先の赤い鳥居は稲荷神社の入り口。石段の中腹で左に行けばお寺の本堂、右に行けば大師堂。)
(写真下:中段に立つ地蔵菩薩像。民衆の信仰は篤い。)

by vmn05756 | 2014-03-18 10:35

茶話会、教育の国家統制再来?

3月16日(日)
 午後2時、吉良岡山のホワイトウェーブで2カ月に一回の茶話会。30名の方が参加。冒頭、集団的自衛権、解釈改憲などの議論、ウクライナ問題などの緊張、民主主義の行方、一色の産廃場問題などについて私からお話し。産廃問題については岡崎などの一色以外の参加者からも熱心な議論。その他、教育委員会の問題、アサリの不漁問題など身近な課題について4時過ぎまで意見交換。

 沖縄・竹富町教育委員会の中学「公民」教科書の採択に関し、文科大臣が是正要求を出したとの新聞記事。教委の上に教育長を置くとか、戦前の国家教育への回帰の一環かな。
 教育を自治体の自主性に委ねることが、国粋主義への反省ではなかったか。明治以来の上意下達の教育方針で、国民の自主性、多様性、民主性をなぎ払い、国を挙げて太平洋戦争に突っ込んでいったことへの反省はどうした。
 まして竹富町教委は保守色の強い教科書を拒否し、より公平な記述の教科書を採択しているとのこと。教科書無償措置法の内容自体が教育の自治多様性を否定する政治的な内容ではないかな。

by vmn05756 | 2014-03-16 21:30