つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


産廃の町、西尾?

9月29日(日)、1972年日中共同声明。
 朝5時、朝起き会。
 午後1時半、「詩人茨木のり子の会」。
 夕方、来客。

 産廃処分場建設計画について
 西尾市の9月議会一般質問で、一色・生田地区の産廃跡地問題の解決のために(?)、愛知県内で最大の産廃処理場を建設することで、住民や地場産業を守り将来につなげたいという、榊原市長の強い決意が示されたとのこと。(9月5日付地方紙、中日、朝日など)
 な~にを考えているんだか!?
 生田の竹生(ちくぶ)新田に「三共資源」という会社が、愛知県の産廃業者の許可を得て、産廃をドヤドヤと埋め込んだのは10数年前になる。そして水処理など必要な業務を行わず、埋めるだけ埋めてトンずらした。
 私が一色町長に就任した2006年には、愛知県は「三共資源」が他所で違法事案があったことを理由に産廃業許可を取り消した。結果「三共資源」は行政指導の対象から外れ、野放しになって今日まで何もなされずに放置されてきた。
 県は処分場の周辺水路4か所で水質調査を行い「異常はない」と報告して来ている、とのことだ。
 しかし本当の問題は、その処理場に、何が、どれだけ、どの様に埋められ、底を囲うビニールシートが破れておらず、しみ込んだ雨水がどんな状況になっているのか、を確認することだ。それを出来るのは県行政だけだ。
 もう一つ大事なのは、地震や津波で護岸堤防が破堤しないことだ。水浸しになったらどうなるか。改修工事を急ぐ必要がある。
 一色町など市町村は一般廃棄物処理業の許認可権限を持つが、産業廃棄物処理業の許認可権限は県行政に委ねられている。
 県が許可有効時期の間の不法事案について損害回復の裁判を起こすとか、地権者が貸借契約に基づく健全な土地の返還を求めるとか、「三共資源」の責任を追求する方途はあったはずだ。が、何もなされず今日に至った。
 私が町長の期間も金融関係の人から、跡地を引き継ぐ業者の話とかがいくつも持ち込まれた。いずれも信用できないことでお断りしている。今回の三重県の業者は、これも西尾の金融関係者から持ち込まれたが、岐阜の山奥の方で健全な業態でやっているとのことで、少し興味がわいたが、暫くして市町合併で時間切れになった。
 今回、こんな形で議会で公式に議論するまでに行政内部で検討が進められていたとは驚きだ。
 「年間30万トン受け入れ」との計画だが、10トントラックが年に3万台入ってくる、つまり年に300日稼働として、1日100台のダンプカーが一色地区を走り回ることだ。
 また、ゴミの焼却施設について言及がないが、埋め立てだけで済むのか。大なり小なり燃やす施設が必要だが、その時の飛灰処理はどうなるのか。
そして関係者への情報収集とか、特に漁業・農業関係者への事前説明とかは済ませていたのだろうか。
 「強い決意」はけっこうだが、住民の生活や地域の産業、就労の場などは十二分に考えたのか?
 私は当時あからさまには言わなかったが、反対である。その理由は、
①一色産ウナギを始め、三河のアサリ、海苔、沿海漁業、えびせんべい、米づくり、カーネーションなど漁業・農業の汚染による生産への、また、流通・販売への風評被害などの悪影響と、産業・就労機会の喪失。
②実際の廃棄物処理の安全性、健康影響、将来の土地利用の方途が不明。埋め立て期間40-50年というのは責任を今の時代の我々は負わない、というに同じだ。
③県内各地からの廃棄物搬入で道路整備もされるが、50年間も毎日10トンダンプが一色の町中を行きかうのはどうか。
④産業、就労の場の喪失、健康影響、騒音・振動・排気ガスなど環境被害、などによる一色地区からの人口流出とゴーストタウン化のおそれ。
⑤風評被害は西尾市全域に及ぶ心配。先月のお祭りのとき、「西尾の諏訪神社」「西尾の大提灯」と新聞で報道されガックリきたが、今度は「産廃の町・西尾のお抹茶」で大丈夫なのだろうか。西尾のお茶について、福島の放射能汚染さえ外国では懸念されたと聞く。
⑥そもそも産廃処理施設を生きている(生産力のある)海辺の隣に作る発想が間違っている。豊川の三河緑地や碧南・玉津浦海岸(今日の中電・碧南火力用地などになった。)のように工場用地として造成、周辺を全部コンクリで固めて、海は「死に海」とするぐらいの覚悟があったとしても、残された美しく豊かな海を潰すことには、私は反対である。
⑦そして生きている人々の生活の場を支え、文化や歴史を作り、引き継いできた町をこうしたかたちで消滅させることは、断固反対である。    以上
 な~にを考えているんだか?

by vmn05756 | 2013-09-30 10:47

「成長の限界」から「成熟社会」へー余計なお世話3

9月25日(水)、昭和28年台風13号(気圧930mb)が襲来。大変な被害。
 朝6時、涼しくなったが、ラジオが伝えるような虫の声が我が家では聞こえない。例年、賑やかに聞こえたのだが。天候に何かあるのだろうか?
 安倍首相が消費税増税対策として法人税減額、震災復興法人税の前倒し撤廃など企業優遇策を宣伝している。企業にはその減税で浮いた分を勤労者の賃金アップなどに回すことをa0063907_6371189.jpg期待しているとのこと。
 賃金がアップしなければ消費も増えない、製品が売れない、企業はもうからない、という循環に入ってしまうから、理屈としては分からぬのではない。しかし、過去20年、企業優遇策を取って、国の借金も1000兆円になってしまった。その間の優遇策の恩恵を受けたのは誰だったのか。
 また、この20年の間に中国をはじめ途上国の成長は著しい。そして未だに安い途上国労働者の賃金を目指して日本の企業は職場や工場を移転し、国内の雇用は縮小する一方である。経済に国境の制約がなくなり、日本の技術(生産手法、技術特許など)も、資本・機械設備もドンドン出て行き、時には盗みとられて、出て行けないのは普通の労働者だけ。
 そして途上国の労働者と競争しなければならないから、短期・パート・派遣労働など労働者の処遇は途上国同様の水準に抑え込まれていく(ブラック企業など)。世界の経済構造が変わったのである。アベノミクスは、金融緩和、財政出動、成長戦略の三本柱と聞く。しかし今や構造大変化に見合った経済対策、そして社会保障対策、雇用・労働対策、人口政策(外国人労働を含め)、エネルギー政策など、新しい発想で取り組む必要があると考えている。
 1972年にローマクラブの「成長の限界」が発表され、世界に大きな衝撃を与えた。その時の提言の根拠は①人口の増加、②食糧生産量の伸び、③1人当たり工業生産量、④1人当たりサービス量、⑤環境汚染の増加、⑥未開発の再生不可能天然資源総量、の6項目の推移を予測したものである。そして2030年に地球と人類は成長の限界に達するとのことだった。しかし、当時、冷戦終了後の途上国の経済発展、経済活動の国教制約の消滅、人口爆発する途上国の生活水準の高度化など検討要素に入っていたのだろうか。
 現在の時点での研究が必要だし、「成長、成長」と言い続けるだけの政治で良いのかと、アベノミクスと聞くたびに思う。
 日本ほど成長した経済はないと思うし、むしろ「成熟」が必要な時代に入りつつあると思う。大恐慌の時代には、ケインズ、フィッシャー、ロビンソンなど煌くばかりの経済学者が生まれた。新しい経済学よ、出でよ。
(写真:安休寺本堂の甍の上にかかる十五夜ならぬ十九日の朝の月)

by vmn05756 | 2013-09-25 06:15

お彼岸

9月23日(月)、秋分の日、お彼岸の中日。「暑さ寒さもa0063907_9392451.jpg彼岸まで」で朝夕はめっきり過ごし易くなった。
 午後、集会の準備、豊川B-1グランプリ(11月9,10日開催)の「たべりんくうポン券」を買いに行く。
 3時、一色学びの館で開催の「竹細工展」を見学。関係者の熱心な取a0063907_9403917.jpgり組みに敬意。竹でこんなものまで、と思うぐらい素晴らしい作品や様々な道具が並ぶ。今月29日まで。
(写真上:竹の幹や根っこで作ったお茶の道具。)
(写真中:西尾市の鳥居さんの日展入選作品。ご冥福を祈る。)
(写真下:安城の桜井凧の絵柄を一南小の生徒が描く。)

a0063907_9413750.jpg

by vmn05756 | 2013-09-24 09:47

中秋の名月、育児と女性の雇用、余計なお世話2-2

9月19日(木)、中秋の名月。
 午後、来客。
 夕方、お墓の水やりに出たら、赤ちゃんを抱いた若いお母さんから保育園について要望があり、お話しを聞く。西尾の矢田に移り住んだが、区画整理が進み人口増加地域で保育園の収容人数が足りない、遠くの園を紹介されてもそれでは自分が仕事に行けない、とのこと。a0063907_7161075.jpg住民の要望に直ちに応えられなくても、もう少し長期の視点を持って、バランスを取って住民のニーズに応えて行けばよいのに、と思った。
 育児や女性の雇用の問題は、日本のこれからの大きな課題。まず身近な行政の足元から始めることが大事。
 余計なお世a0063907_7181699.jpg話2-2 今日のトピック(育児と女性の雇用)に通じるが、日本の勤労者の処遇については、社会全体の認識が薄いと思う。それは行政、企業経営者だけでなく、勤労者自身も認識が足りないから泣き寝入りの様な状況になってしまう。
 石油ショックの時は「夜逃げ」、バブルの時期は「過労死」!死ぬまで働く、というより「働かされる」なんて欧米はじめアジア諸国でもあるんだろうか、と思う。
 そうした勤労者の意識は何処から来るのか。国家公務員の「無定量の忠誠」と言ったが、武家社会の文化に起因していると私は考えている。「お家大事」なのだ。
 失敗や恥をすすぐために、「自死」「切腹」が当たり前の武家文化が一般人に真似されとはネ。戦争中の赤紙徴集による一般国民の兵隊も同じだナ。
 その背景は、組織や集団に生活を依存し、忠誠を尽くす「一家意識」「家族意識」にあるように思う。そこでは個人の尊厳、労働の尊厳ではなく、「お家大事」の発想でお家のためにはメンバーのすべてがいつでも命を投げ出すのが当たり前!という意識を、雇用主側も勤労者側も「無制限の努力」「自己犠牲こそ尊い」という気持ち、意識を持ったり、企業もそのように教育するからだと思う。
 他方で、前近代的な労働慣行を改革するために、戦後様々な仕組みが導入された。例えば、一番の基本は憲法の労働の権利と個人の尊厳などだ。具体的には①労働基準法と労働監督官制度、②労働組合による労働者の権利を守る制度など。ただ残念ながら、これらは日本では大企業労組、公務員労組中心で一般の勤労者には及ばない。と言うより、ブラック企業や「追い出し部屋」などでは、大企業労組は仲間の保護にも役立っていない。
 そして、外に向いては、その労組の役割がむしろ「大企業による中小企業の支配」の構造を通じて、中小零細企業の労働条件の一層の低下を招いているのではないか、と私は心配している。それは今日の規模別の勤労者所得の格差拡大にもみられると思うのだ。
 ちょっと書き過ぎたが、大切なことは、①勤労者がもっと自分の尊厳を大事にすること、②公的な勤労者保護の仕組みがもっと機能すること、③個人の人生の大切さや具体的な守り方の仕組みを学校教育の中で教えていくこと、などだと私は考えている。余計なお世話、かな?
(写真上:中秋の名月、9月19日夕方6時18分撮影。)
(写真下:   ;     9月20日 朝5時47分 ; 。)  

by vmn05756 | 2013-09-20 07:13

満州事変82年、リニア構想、ブラック企業=余計なお世話2

9月18日(水)、満州事変(柳条湖事件)から82年。
 日中はまだ暑いが、朝夕は随分涼しくなった。寝苦しさがなくなり、疲れが取れるような感じ。
 去年のこの日は、中国では大変だったが、今年は平穏だったとのこと。やはり尖閣国有化に刺激され、去年は官製デモだったのか。被害にあう関係者にはタマランことだが。今年荒れなかったから大丈夫ではない。長期の、安定的な、信頼できる関係を作るのが大事。それを忘れないこと。
 14年後の開業を目指すリニア中央新幹線の具体的構想案が発表された。現在の新幹線が第2次大戦前に構想されたと同様に、リニア構想も長年かけてようやく発表だ。急就は??養にあらず(急ぎ仕事は底が浅い)、その場しのぎの、早づくりは、雑な出来あがりが多い。長期の視点を忘れず、こつこつ取り組むのが日本人の伝統だ。
 余計なお世話2-ブラック企業
 最近新聞でもテレビでもブラック企業関連の記事が多い。社会的に深刻な状況になって来た事の証だ。月に100時間も150時間も残業させて、残業代は「みなし労働」とか「裁量労働」だからと言ってほとんど支払わず、若い人をこき使う、そして自分から辞めて行くのを待っている。とんでもない企業経営者が増えた。
 ただ自分の経験からだが、この元凶は国家公務員の働かせ方にあったと思う。私が労働省に入省した38年前、石油ショックで倒産企業が続出、経営者の夜逃げ、賃金・退職金未払いが大きな社会問題になり、配属された本省労働基準局監督課で労働者の賃金や退職金の確保に関する法案の作業が始まった。
 その頃の週48時間労働制の下でも、私の4月一ケ月間の残業時間は約150時間、残業代は約2万円だった(本給は7等級2号俸で8万円位ではなかったかな。150時間の残業と言うのは、毎日夜の1時、2時まで勤務は当たり前、それを過ぎたら泊まり込み、これが週に2、3日。)。
 こんな働かせ方は労基法違反では、と係長に申し上げたら「労基法は国家公務員には適用されない。」との返事。ひどいところに就職したなと嘆いたものだ。
 しかし、その後の経済変動の中で、企業の経営者たちも国家公務員と同様な人の使い方をこっそりと導入したり、或いは制度改正を求めて、「困難」をくぐり抜けてきたのではないか。まだ良心的な経営者でもしかり、良心もなく拝金亡者の現代的経営者は当然に若者の人生などお構いなしだろう。国家公務員の労働慣行が民間に波及したと私は考えている。国家公務員の上級職は労働者ではない、統治者の一翼を担うのだから「無定量の忠誠」は当たり前、という風潮もあった。前近代的である、と思う。本来そうした旧習、旧弊を改革していくべきなのに、悪弊を蔓延させているのが現在の国家公務員制度ではないか。(つづく)

by vmn05756 | 2013-09-18 23:55

婚外子差別違憲判決

9月17日(火)
 朝6時起床、爽やかな青空、秋の気配が急速にやって来た感じ。なんて思っていると暑さがぶり返すだろうな。
 9月4日に最高裁が婚外子相続差別を定める民法規定を違憲と判断した。嫡出子と非嫡出子を本人の選びようもないことで差別するなということ。当然のことと考える。
 が、二つ考える点がある。一つは立法府の怠慢である。欧米諸国では’60年代以降相続の平等化が進んだとのこと。日本だけが遅れてきた。'79年には法務省が改正案を示したが、また、国連も何度も差別解消を政府に勧告したが、立法府は動かなかった。私の思い出は、法学部に進んだ’73年に刑法の尊属殺人規定(親殺しは必ず死刑にするという規定)が違憲と判示された。当然と思った。しかし今回の中日新聞の報道でその規定が削除されるまで22年かかったという記事を読み愕然とした。
 国会の守旧派、懐古派は不平等・非人権の性向の塊に思えて来る。
 二つは、世の中の変化の実相である。こうした人権の面もある。心配は急速な科学、技術、生活様式などもろもろの変化があらゆる面で起こっているし、国際化の進展の中で一層加速している。
 その中で忘れてはならない人間社会の大事な規範、ルールの様なものが失われていく。個人や家族の社会からの孤立、人間の尊厳を冒すブラック企業のような存在、すべて経済=儲け最優先の風潮が、社会の大切な絆を壊して行くのではないか。余りの速さに焦ってしまうが、流されずに、一人ひとりが立ち止まって考えることが大切。

by vmn05756 | 2013-09-17 09:21

一色後援会役員会

9月16日(月)、敬老の日
 朝からもの凄い風と雨で目が覚める。台風18号の到来。985ヘクトパスカルで何が大きいのか、と思った。伊勢湾台風、13号台風なんて940ミリバール(ヘクトパスカル)ぐらいだった。でも全国で雨の被害。地球の温暖化、日本の熱帯化。スコールの様な大雨が各地で洪水をおこす。自然も、人間社会も変わっていく。
 夜7時、一色後援会役員会。日頃のご支援に感謝。意見交換など。支えていただき本当にありがたい。

by vmn05756 | 2013-09-16 22:19

吟剣詩舞道大会、余計なお世話1-2

9月15日(日)
 午前10時、西尾文化会館。西尾市制60周年記念の吟剣詩舞道大会。主催する参加流会派は、岳精流日本吟院、日本吟城流、日本壮心流、玉扇流など七流会派。なんとなく日本酒の名前を思い起こさせるが、「吟」のせい。出演者は、451名とか。沢山の方が剣詩舞道をa0063907_22415252.jpg楽しんでいる、素晴らしいことだ。全部で79演目あるが、48番まで参観して1時前に退出。
 余計なお世話1-2 外交・安全保障
 中国、韓国などかつて友好的だった隣国の政府が反日的な言動を強めている。韓国の慰安婦、強制徴用保障問題や中国の尖閣諸島、南京虐殺など、反日行動も盛り上がる。そして靖国問題がある。
 結局日本は戦後の反共産の自由陣営ブロックに組み込まれ、アジア諸国に対してアメリカの蔭に隠れて、戦争で侵略・進出した国々の国民に対して、真摯な対応をしないままに来てしまったのではないか。
 今や共産主義のイデオロギーは去り、外交の本質が問われる。いくらアメリカが好きでも、日本列島ごとアメリカ大陸の横に持っていくことはできない。西ドイツが徹底的な反省をし、隣国の理解を深め、EU結成の中心となり、今や国連でも安保理常任理事国に準じる立場を得ていることは、その真摯な態度が認められたからだろう。日本もアジアの国として隣国と良好な関係を築くことが何より大切だと思う。
 それは外交を動かす政治の力である。靖国神社の参拝はいいのだが、戦争指導者合祀を撤回すべきだ。戦争被害に対する反省、お詫びを日本人として真剣に心に刻むべきだ。私は戦争中の日本の軍部は諸国民にも残虐を行い、徴用した日本国民の兵隊などにも残酷の限りを尽くしたと思う。
 小さい頃大人たちは戦争に着いてほとんど沈黙していた。しかし亡くなる前に父親は軍隊での過酷なリンチの経験を、また叔父はビルマのインパール作戦に従軍し、白骨街道の悲惨を語ってくれた。
 戦争は二度としてはならない。またそんなことを考える政治指導者を国民自身がよくよく考えるべきだ。今、日本は民主主義なのだから。

by vmn05756 | 2013-09-15 22:43

東京五輪建設ラッシュ、余計なお世話1

9月14日(土)
 2~3日前のTVニュースで五輪施設整備の予算見込みが、a0063907_21415342.jpg2500億円から1700億円増えて4200億円になるとの報道があった。各省みんな大幅予算増を期待して、納税者を忘れて、もう分捕り合戦が始まったかと思った。
 実際、幾つか新聞を読むと、国立競技場立て替え1300億円、選手村954億円、環状道路など5522億円、地下鉄建設1260億円、鉄道建設1080億円、首都高速補修で最大9100億円とか。これが1000兆円の借金を抱えた国か、東京ばかりの整備でいいのか、とつくづく思う。
 余計なお世話1  ただ人は情けあれ朝顔の花の上なる露の世に(閑吟集?)
 断固平和主義。「絶対」ではない。個別的自衛権行使はありうるから。しかし集団的自衛権は行使しない。行使できない。それが現憲法の指示・要請である。同盟国の一方的な戦争行為に、知らない内に巻き込まれてはいけない。
 新進党、自由党時代の安全保障三原則は、a0063907_21481991.jpg
①自衛権の発動はわが国が直接武力攻撃を受けたときに限定。
②国連の安保理決議・総会決議に基づく平和維持活動には積極的に参加・支援する。(これは軍事力=「無制限の暴力」ではなく、確立した法秩序の下での警察力=「秩序維持に相応かつ正当防衛の範囲内の実力行使」にとどまる)
③日米同盟の維持・強化に努める、であった。国の骨格を忘れるな。
(写真上:一色町内に「五輪の建設ラッシュ」ではない。これはえびせんべいの「キク商店」の跡地にスーパーが来るための工事とのこと。)
(写真下:みのるほどこうべを垂れる稲穂かな。とり入れも近い。)

by vmn05756 | 2013-09-14 21:52

全国学力テスト

9月13日(金)
 先日全国学力テストの結果が発表されたが、小学生の国語で全国最下位の成績であったある県の知事が、県内で100位までに入らなかった小学校の校長の名前を公表すると息巻いているとの報道があった。
 学校教育の成果の判断を、点数という分かり易い指標に頼り過ぎているのではないか。人生に真摯に向き合う姿勢、他者を思いやり、励ましたりする姿勢、困難に立ち向かったり友人と協力する態度、その他「人間を育てる」にはいろんな要素がある。
 いろんな人がいる世界の中で長い人生を生き抜いていくには、学校の点数だけでは表せないものがある。それとも学習塾と同じことをやれと言うのだろうか。
 公教育における点数至上主義はそうした教育の本質を歪めていると思う。いじめや体罰の問題と同根ではないか。

by vmn05756 | 2013-09-13 22:08