つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


銀座の水族館、高校雑談サロン

8月29日(木)
 午前中、上京。昼休みに銀ブラ(懐かしいことばだ)。a0063907_1856114.jpg暑いので涼を求めてソニービルに入ったら、大きな室内水族館。見たこともなく、名前も知らない魚が、せまいが大きなプールの中でユッタリ泳ぎ、目を楽しませてくれる。涼しいし。外にも大きな水槽が。小型のサメなどが泳いでいる。
a0063907_18581929.jpg8月30日(金)
 正午、安城の小料理屋で高校時代の友達4人で「雑談サロン」。それぞれ近況やら身の回りのニュースやら話題にして盛り上がる。東日本大震災で大変な苦労をした人も.
参考になるナア。しa0063907_1859938.jpgかし日本の企業人は強い。ただ、60を超えてみんな何か病気傾向をかかえている。ただ一人だけ頑強な人がいて羨ましい。若い頃の酒の飲み過ぎは、この歳になると応えてくるのかな。
(写真3枚:いずれも説明不能でコメントありません。孫を連れて行く時には勉強しなければと思います。ノンビリ屋ですいません。)

by vmn05756 | 2013-08-30 19:02

教育委員会の意義(「はだしのゲン」など)

8月28日(水)
 朝6時半、快晴。資源ごみの回収日で、資源だし(ゴミではない)。役員さん、ご苦労様。
 反戦マンガの「はだしのゲン」を松江市教育委員会が管内小学校に対して児童が閲覧できないように、開架展示から閉架(奥にしまって一般に見えないようにする方式)にするように指示したことがこの2週間大きな話題になった。昨日の報道では、委員会という組織の結論ではなく、教育委員会事務局が一部の市議や市民の意向をおもんぱかって、教委の委員会議に諮らずに、その通知を学校に伝えたとのことが明らかになった。 結局、事務局の独断、先行が露見したわけだ。事務局の長を務める教育長の関与は不明だが・・・。教育委員の皆さんの率直な意見が反映されて、開架方式に戻るとか。当然だと思う。問題は、行政職員の独走の実態、教育委員がオカザリにされてしまっている現実である。
 なんのために市民の代表として、市民の声を、考えを教育に反映させる仕組みが作られたのか?教育がいかに重要か、戦前の軍国主義教育の反省に立って、国民、住民、親たちの多様な、公平な、民主的な意見をその地域の公教育に反映させるためではなかったか。
 戦後68年たって、様々な面で、戦後の原点、出発点が忘れれようとしている思いがする。
 直接に関連はしないが、8.24の朝日新聞の社説で「教科書選びー教委の介入は不要」との見解。これもビックリだ!東京都と神奈川県の教委が、高校の日本史教科書の採択をめぐって特定の出版社の物を「採択するな」と高校に指導したことについて、両教委の姿勢を批判、政治的な圧力を恐れて判断し、教育の中立が守れなくては困る、という論調だ。具体的な政治圧力が現実にあったかどうかは不明だ。住民の中には、右から左までいろんな意見が多様にある。それが正しく適切に発揮されているかが問題で、教委の決定を「介入」と断定するのはどうかな。大切なのは、、委員が適正に選ばれること、そして教委事務局がシロウトの委員をバカにして独善的な判断をすること、ではないだろうか。真に民主的な運営が望まれるし、それを住民は期待している。大津の中学のいじめ自殺事件の時に、報道取材に対し教委の課長や教育長が出てきて、委員長や委員はなかなか会見に出てこなかった。事務局の情報独占、委員無視の体質があからさまで残念だった。

by vmn05756 | 2013-08-28 18:45

三河一色大提灯祭り(二日目)、祭りの名前

8月27日(火)、大提灯祭り二日目。
 快晴、爽やかな涼気。秋の気配を感じるくらい。a0063907_1444899.jpg
 昨夜は雨がふって、提灯に灯が入るか心配だったが、予定通り夜7時に点燈。提灯がぬれて傷むのをみんな気にしたのでは。今までの例では、雨の日が続き、灯入れが9月まで持ち越した年があったa0063907_146156.jpgとか。
 11時、諏訪神社に参詣。平日だから、夏休みの子供たちで、屋台を中心に(?)賑わう。蒲郡からの友人にばったり会う。奉納弓道大会を見たいと思ったが、道路工事の準備作業のため、会場が一色高校の澄心館に移動したとのこと。神社奥の方は少しずつ工事が進んでいる。
 今朝の新聞(中日、朝日)を見ると、一面に写真が掲載され、「西尾・大提灯祭り」とか「西尾・諏訪神社」とか紹介されている。取り上げられるのは嬉しいのだが、何でも合併後の市の名称「西尾」を冠するのはどうかと思う。吉良の仁吉は「吉良」であって「西尾の仁吉」ではあるまい。名古屋市に吸収合併されても有松絞りは「有松」であって「名古屋絞り」ではあるまい。
 以前もある放送局が合併後4か月で「西尾産うなぎ」と報道したので、ビックリしたことがある。特許庁の地域ブランドは「一色産うなぎ」で認定されているにもかかわらずである。
 行政体の合併・統合はあくまで行政体のことであって、その地域に暮らす人びとによって、何百年もの時間をかけて形成された文化や伝統や習俗といったものは、それを産み出し、はぐくみ、発展させてきた地域の人々の思いが詰まっているものである。そして地域名とともに有名になってきた。
 「どまつり」とか「おいでんまつり」など合併後の新たなイベントは当然、新市の名称で全市域の皆さんの参加で企画し、紹介されるだろう。
 しかし、合併新市の名称を安易に旧来からのそういう文化的なものに冠することは、地域性を失わせ、その文化や歴史の由来を奪い、地域の人々や文化が持つ多様性、豊かさ、面白さなどが失われてしまう感じがするのだ。
 今日の「西尾・大提灯まつり」の記事の下にある「中日春秋」は、先日他界した民族学者・谷川健一さんが、地名とは「人間の営為が土地に刻んだ足跡」「時間の化石」と定義していることを紹介している。同感である。
(写真上:神社拝殿横の通路から大宝組の提灯を望む。)
(写真下:拝殿前で行列を作る参拝の皆さん。奥は宮前組の提灯。)

by vmn05756 | 2013-08-27 14:53

三河一色大提灯祭り(一日目)

8月26日(月)
 今朝は涼しかった。ようやくの感。ただ、まだ雨が残るa0063907_1511785.jpgのが心配。
 朝8時から提灯あげのはずが雨もようで少し遅れ、10時頃、各組の提灯が上がる。天気がもつことを祈る。
 特に今年は現在地での提灯あげの最後の年。今年の祭りが終わったら、諏訪神社東側道路の拡幅に伴って、お宮さん全体が、拝殿も、社務所も、提灯小屋もみんな西側に10から15メートル移動する工事が行われる予定。長年の県道整備計画の漸くの実現に。道路関係者も諏訪神社関係者の皆さんもホントにご苦労様。祭りは今夕7時にご神燈を入れる予定、明日の午後まで。
(写真:諏訪神社入り口から間浜組の提灯を見る。トリイも石垣も含め皆移動する。)

by vmn05756 | 2013-08-26 15:10

一色排水路をきれいにする会

8月23日(金)、処暑。暦の上では暑さがおさまるとのことだが、とんでもない暑さ。
 午前10時、一色支所会議棟に集合。一色中学1年7組の生徒約30人a0063907_21153115.jpgが参加。一色町初代町長の太田善四郎氏が、米の収穫増を図るため、私財を投じて一色悪水を開削したが、その後生活排水、畜産排水が多量に流入するようになり、一方、増水時の河川容量拡大のために川底を掘削して深くしたため、さらに潮の満ち干を間浜橋で止めたために、水が昔のように流れなくなって淀み汚れるようになり、今や一色橋(旧水門)から間浜橋までの間にヘドロが1万5千トンもたまってしまった。「悪水」という名称も「排水路」と改称したが、水の浄化a0063907_21164040.jpgのための活動を従来から取り組んできた。
 などの説明は無かったが、排水路沿いの道路のゴミを皆で拾って、児童センターに集合。県事務所の担当者から水質検査ということで、CODの検査試験を体験する。
 あまりの暑さに、熱射病にならないように生徒たちに日陰に入るように伝える。気温は、児童センターの駐輪場の日陰で38℃もあった。
 午後、歯の治療。
 豪雨は困るが、適当なお湿りを期待。
(写真上:水門橋の上で排水路の水をくみ上げる。)
(写真下:なぜ汚れるのか、どの位汚れ、どの様に測定するのか、など説明を熱心に聞く生徒たち。でも暑かったなあ。)

by vmn05756 | 2013-08-23 20:48

山本荘太郎展

8月21日(水)
 午前11時半、西尾亀沢町の岩瀬文庫となりの市民ギャラリーa0063907_20541721.jpgで、山本荘太郎さんのニューヨーク帰国報告会を兼ねたイラスト作品の個展を参観。愉快でハッとするような人間を題材にしたイラスト作品が並ぶ。8月25日(日)まで開催とのこと。
(写真)「WAR DAUGHTER」と題された作品。何となく可笑しい。でも、どっちを指しているのだろう。

by vmn05756 | 2013-08-21 20:56

菅元首相の刑事責任(?)

8月20日(火)
 東北、北海道は大雨で大変だったけど、こっちも暑くて大変。でも朝夕は海に近いせいか涼風が吹く。
 お盆前に、菅元首相が2年前の原発事故の時、現地視察をしたことで作業を遅らせた結果、「業務上過失傷害」容疑で市民団体から告発され、東京地検の事情聴取の要求に対して責任否定の文書を提出したと新聞各紙が報道。
 こんなバカなことがあるかと思う。政治家の権力濫用による汚職、不当利得などは刑事事件になるだろう。今まであったように。
 しかし、政治・行政の最高責任者が職務の執行のためにとった行動が刑事責任追及の対象になるのだろうか。その行動の当否は、政治的に議論されるべきで、検察が司法権をかざして自分の任命権者である首相を取り調べることがあるのか。もしそれが可能なら、最高裁がかつて判示したような「統治行為論」つまり高度な政治判断によるもので司法判断になじまない、という議論は振り出しに戻すつもりだろうか。
 水俣病も薬害訴訟もハンセン病患者の強制隔離も、国家の民事的な賠償責任を認められたが、そうした被害を発生させ放置してきた刑事的な責任の追及で、検察が政治行政のトップを事情聴取したことは無いのではないか。
 あの時の菅元首相の誤りは、国の政治行政の最高責任者、自衛隊の最高司令官の立場であることを忘れて(?)、事故の最前線の現地ホットスポットに行ったこと自体にある。もしそこで爆発事故に巻き込まれ、首相自身が機能不全に陥ったら、そして更なる緊急事態が発生したら、一体誰が国民全体の生命、財産を守る役割を果たすのか。
 自らの職責の重要さを理解していないのではないか、というのが私の当時の感想であった。ましてや刑法条文をかざして地方の(最高検も了承しているだろうが)検察官が総理大臣を呼び出すような権限を振るって、この国は民主的な国家組織、国家運営と言えるのかと思う。
 カエサルのものはカエサルに。あの戦争の310万人もの日本人死者の責任を、当時の検察庁は自ら取り組んだろうか?東京裁判は、他国及び他国国民に対する人道上の罪を裁いたもので、日本国民自体に対する虐待、殺害、傷害、強要などの罪を裁いたものではない。あるいは、今回事故でも、もし自民党の首相だったら同様に取り調べただろうか?

by vmn05756 | 2013-08-20 08:34

靖国問題の誤解②

8月19日(月)
 今日も朝から暑い。体力の損耗を防ぐ、という良い言い訳を真剣に受け止める?!
 閣僚の参拝などで毎年大きく問題になる公人の靖国参拝問題。安倍首相や大臣らの「国のために命をささげた人に・・・尊崇の念をあらわすのは当然」という説明は分かる。中韓も1984年までは異を唱えなかった。  問題は、1978年に故筑波藤麿宮司(一色の前野神社にも筑波宮司揮毫の鎮魂碑がある。)の後を継いだ松平永芳宮司がこっそりとA級戦犯14名を祭神として合祀したことにある。
 「A級」というから戦勝国から押し付けられた印象があるが、数百万人(?)のアジア諸国の犠牲者だけでなく、310万人の日本人戦死・戦没者の悲劇を招いた戦争指導者の責任はどうなるのか。日本で誰が公式に追及し得ただろうか。靖国参拝者の多くは、家族や親族が祀られているからお参りに行くのであって、無謀な戦争の企画と無茶苦茶な作戦の実行を強要し、夫や息子が命を落とす原因を作った軍最高幹部に「尊崇の念」を捧げる人はホントにまれではないか(親や兄弟を殺してくれて有り難うという人がいるのか)、と思う。私は靖国にお参りする時は心の中で「戦争指導者は別ですよ」と念じている。
 閣僚たちに聞いてみるがよい。あなた達は戦争指導者に拝礼しているのか、一般人の犠牲者に拝礼しているのか、と。
 解決の方法は、戦争指導者を分祀すること。神社側は一旦合祀した祭神を分祀(分けて取りだすこと)は出来ないと主張する。宗教は元来虚構が本質だから「ハイ」といえば済むのだが、済まないのだ。
 ただ合祀の経緯をたずねれば、靖国神社に祭られる人は戦後の厚生省援護局に陸海軍から派遣された大佐クラス(課長級)の職員が経歴、戦死状況の確認をし、霊璽簿(れいじぼ)を作成し神社に送付、それを神社側が祭神名簿としてお祭りするとのこと。厚生省からの送付の時の決裁はどのレベルのものであったか調査しなければいけないが、権限踰越(権限を越えていることを勝手にやった)などいずれにしても大臣が送付決定を取り消してしまえば済む話だと私は考えている。
 安倍首相のタカ派の姿勢が目立つが、アジアから列島ごと引っ越して行く算段はできているのだろうか。ドイツ(戦後の西ドイツ)の真摯な反省と忍耐の歴史、そして毅然とする時は毅然とする外交対応を考えてみる必要がある。

by vmn05756 | 2013-08-19 08:06

盆踊り大会

8月17日(土)
 朝5時半、目が覚めたが、今までうるさいほどだった蝉の声が聞こえないことに気付く。
 6時、新聞を取りに外へ出ると、アブラゼミとクマゼミの死骸が転がっていた。a0063907_23394785.jpg夏も終わり??
 10時半、応援して下さる方と意見交換。ご指摘に感謝。
 夕方6時、一色中部小グランドで開催の盆踊り大会を見学。商工会青年部が主催者となって、久し振りに復活したもの。子どもからa0063907_23412561.jpg大人まで、屋台でのゲームや踊りの輪になって楽しむ。一色ウナギのマスコット、まんてん君も参加して賑やかに。いいことだネ。
(写真上:味浜太鼓がお出迎え。)
(写真中:子どもたちは屋台に夢中?)
a0063907_23442844.jpg
(写真下:踊りのお師匠さんが先導、子供達も楽しむ。でも、女性は元気だなあ。)

by vmn05756 | 2013-08-17 23:52

佐久島弁天様御開帳

8月16日(金)
 9時半、佐久島渡船で一色港を出発。9時半の便も2便増発、a0063907_081470.jpg海水浴客、散策、弁天ご開帳見学でお客さんが多いとのこと。
 佐久島の筒島弁天のご開帳は12年に一度で、私も初めて参拝する。船の中でも、秋に予定される「船頭重吉」のイベントの企画など色々なお話しを伺う。夏は佐久島が一番賑わう季節、来訪者がずっと増えて、島の人口も増えて行くことを祈る。船着き場から筒島までは徒歩。日向は猛烈な暑さだが、木陰にa0063907_0103679.jpg入るとさすがに海風が心地よく吹いてくる。筒島では、大人も子供も共演の佐久島太鼓が打ち鳴らされる。この後、佐久島東地区の正念寺、阿弥陀寺にもお参り。阿弥陀様や、弁天様、弘法大師などが一つのお寺に同居。島の人々にとって神仏に頼む気持ちはいかにa0063907_0273324.jpg強かったか、と思う。
(写真上:筒島の弁天堂ののぼり。佐久島太鼓が賑やかに歓迎。)
(写真中:佐久島の筒島弁財天。12年に一度のきれいなお顔を拝む。)
(写真下:弁天堂隣の弘法さまもご開帳。今までいつも閉じられていて、初のご対面!)

by vmn05756 | 2013-08-16 23:44