つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


YOMISEウキウキ通り

7月27日(土)
 夕方5時半、太鼓や笛の音に誘われ一色の銀座通りa0063907_23445354.jpg商店街へ出ると沢山の子どもたちや大人が一杯。各種屋台、ゲーム、ミニ電車、太鼓演奏、など賑わう。
(写真上)一色高校和太鼓部の演奏





a0063907_2347372.jpg

(写真中)色々な屋台も若者たちで賑わう




a0063907_23484769.jpg

(写真下)一色スポーツクラブも子供向けの種々のゲームで盛り立てる。

by vmn05756 | 2013-07-27 23:50

TPPの行方

7月26日(金)
 新聞がTPP交渉の日本初参加の概要を報道。腑に落ちないのは、21交渉分野とされるリストの中に、今まで心配されてきた医療分野がなく、今まで名前も挙がらなかった「労働」が入っていること。労働基準のあり方というが、解雇自由になるのか、長時間労働の禁止かやりたい放題になるのか、どっち?アメリカのように格差拡大、強者のやりたい放題はお断りだな。ヨーロッパ型の社会民主的な仕組みや方向を目指すべきだと思う。1%にほとんどの富が集中するんじゃ、真面目にこつこつ働く日本の勤労者にはたまらない。

by vmn05756 | 2013-07-27 08:56

愛知県消防団消防操法大会のご案内

7月26日(金)
 午前中、西尾市の支援者が会いたいとのことで久し振りに訪ねる。選挙の際の御礼を申し上げる。「岡崎に戻った」という噂が流されているようで、その真偽の確認らしい。今も一色ですよ。このほかにも「血ヘドを吐いて入院した」とか悪意に満ちた嘘が流されているようだが、情けないの一言。私は一色で元気です。皆さんご安心を。
 午後2時、歯医者さん。だいたい治療も終わって快適に。
 夕方6時半、駐在員OB会の懇親会に参加。地域のまとめ役として今も重要な役割を果たす皆さん方に敬意。8月10日(土)に一色町の坂田グラウンドで開催の県消防団消防操法大会の話で盛り上がる。一色消防団の出番は2番手9時20分頃とのこと、ぜひ応援に行こう。ただ、当日は全県54市町村の消防団が消防車を持って一色に来るし、市町村長や消防関係者の車も集中するから、狭くて曲がり角ばっかの一色の道路は大混雑になるナア。駐車場はさかな広場になるかな。町民は皆知っているんだろうか。是非応援に行こう。来訪者は帰りにウナギやエビせんべい、そして抹茶を買ってちょうだいね。

by vmn05756 | 2013-07-27 07:00

切り捨てゴメンの民主党

7月25日(木)
 切り捨て政党の面目躍如か。マスコミが伝える民主党の内紛劇。元代表クラスも、小沢氏、鳩山氏に続いて菅氏までも切り捨てる。誰が残るのか、それこそが民主党のコアなのか、或いは明日は我が身か。中国や日本の歴史書を読んだり、あるいは今年のアカデミー賞受賞作「リンカーン」を見てはどうか、と思う。国民が政治に何を期待しているのか理解しているのか。「オリーブの木」構想は今回は無かったのか。政治は力(人)を集めることだ。東京選挙区の調整でも、大河原氏を比例に回し選挙協力すれば、両人とも当選できたのでは、と思う。考えずに、意地の張り合いでは国民は落胆するばかり。小沢氏の「政権を取って日本を改革する」執念を改めて思う。でも、政権取りの立役者を無残に切り捨ててはネ。政治に関わるものの「徳」を思う。

by vmn05756 | 2013-07-25 15:45

2013年参院通常選挙の感想

7月23日(火)
 2013年参院通常選挙の感想
 予想通り自民党の圧勝だが得票数(全国比例1840万票)は、07年参院選の民主党得票数(同2300万票)に及ばない。
 自民の議席数大幅増は、民主を始め小党(!)乱立の結果である。
 07年参院選、09年衆院選で民主を応援した票が行方不明。はじめから諦めて棄権か?政治への不信、不満を持つ人々へアピールする政党グループの出現が望まれる。
 民主の退潮は著しい。右と左が集まって政党綱領さえ持たず(選管届出用の便宜的な綱領はあるが)に18年、国民のために何を基本精神にし、何の実現を目指すのか。困難の時も皆が結束する「政党の骨」を作れないなら、解党して出直すべきと思う。
 民主党の本性は不都合な人をすぐ切り捨てること。発足の時の村山さん、武村さん、カツラ事件の山本代議士、偽メール事件の永田代議士、そしてデッチ上げ西松建設事件の小沢元代表など(この時の菅さんの対応はひどかった)。政治は人の社会を運営するもの。人情に流されてはいけないが、恩義や、友情を忘れず、不都合があっても腕の中にがちっと受け止めスクラムを組む懐の深さが必要。自民にはそういう力があるのかな。
 弁護士グループが衆院選に続いて、「一票の格差違憲」の訴訟を全国で提起した。1対4.75の格差では当然。アメリカ合州国の上院みたいに各州(国家)の代表を2人ずつとは行かない。この仕組みが、国、県、市町村の国の財政の分配構造(利権構造)を通じて、中央への陳情合戦など自民党の各レベルでの支配を永続させてきた。すなわち国民のための政治の仕組みではなく、官僚や業者の政治の根源である。大改革するには、衆院改革と合わせ、国会議員の歳費は半減(それでも年俸1100万円)し、参議院の定数は半減(242から121へ)し、全員比例代表選挙とする。衆院は、定数を120増やして480から600に増やし、全員小選挙区選出(1選挙区当たり有権者は約20万人)となり、一票の格差は生じないようにする。また、選挙のたびに人口移動を加味して調整する。これは地方の陳情を前提にした(団体、企業利益の代表になりがち)仕組みではなく、生活する国民一人一人の思いを最優先にする国民の代表として選ぶ仕組みになると考えている。

by vmn05756 | 2013-07-23 09:52

参院選投票日、お天王祭り

7月21日、参院選挙投票日
 午前10時過ぎ、参院選の投票のため一色中部小体育館に。沢山の候補者がいて、名前を確認するのも大変。沢山の職員がてきぱきと手続き。a0063907_2049138.jpgただ電子投票を導入すればもっと効率化し、経費削減にもなると思う。朝7時から夜8時までという長時間、更に開票作業のために深夜まで、今まで当たり前と思ってたことも、IT化の進む今日、少しでもその活用を図るべきだと思う。
 a0063907_20501767.jpg夕方4時過ぎ、勇ましい太鼓や笛の音とともにお天王祭りの山車が我が家の隣の空き地に到着。近所の人と一緒にお祝いとお参り。今年は諏訪神社氏子の大宝組が幹事組で、その他の5組からも幹部がお役を割り当てられて、先導役とか提灯持ちなど暑い中本当にご苦労様。一色太鼓の伝統も若い子らが沢山参加していて頼もしい。
(写真上:空き地でお神輿も太鼓山車も休憩。夕方の陽射しがまだ暑い。)
(写真下:次のご町内に向けて出発。朝の9時に出発し、夜7時頃まで町内練り歩き、ご苦労様。先頭の提灯に「津島神社」とあるのは、この「お天王祭り」が津島のお天王祭りから分流したことによる、とのこと)

by vmn05756 | 2013-07-21 20:43

一色うなぎブランド危機

7月20日(土)
 昨日の中日夕刊一面は「一色ウナギブランド危機」と題して、22日の土用の丑の日を前に、一色産ウナギの窮状を特集。
 なにしろ以前は、年間全国出荷額の4分の1を一色町産が占めていたが稚魚のシラスウナギの値段はキロ25-30万円くらいだったのが、この数年キロ250-300万円に高騰。
 養鰻業者は昔はシラスウナギを平均60キロを養鰻池に入れていたが、最近は20-30キロしか買えないとのこと。それだけ絞っても養鰻業がバクチみたいになってきている。養殖するのに失敗すれば、大借金で即廃業になりかねない。90年代初めには約250軒あった養鰻家がシラスの値段の高騰と出荷時の価格の暴落などで経営困難に陥り、今や約100軒に減少、生産総量も減少して、養鰻業者の抱える困難は大きい。
 ただ救いは、一色産ウナギは冬に池入れし、7月の土用に合わせて出荷する半年養殖の若ウナギ(新仔ウナギ)で、油は乗って、しかも1年~2年物と違って皮も身も柔らかく(箸ではさんで皮を切ることが出来る)、美味なことである。そして「ウナギは一色産」とご愛顧にしてくれるウナギ専門店や消費者が多いことである。少し高いが、是非外国産や他県産と食べ比べて欲しい。
 特許庁から「一色産ウナギ」の地域商標(ブランド)をもらったのが2007年、矢作川水系の天然の水を使う美味しいウナギが全国の消費者に喜ばれる日が続くことを期待している。

by vmn05756 | 2013-07-20 10:29

友、遠方より来る

7月19日(金)
 朝はこの時期にしては涼しく、よく眠れる。
 最近は5時半に起床、朝風呂に入り、その後すぐ隣のお寺のお墓にお参りして一日がスタートする。
 午前10時、故大河内喜美子先生のご葬儀に参列。亡母の小学校教員の同僚で、明るく朗らかで陽気な先生、小さい頃からお世話になった。感謝、合掌。
 夕方7時、友あり遠方より来る。といっても大学の少林寺拳法部の同期生が、東京から大阪に出張する途中で下車、西尾によっているだけなのだが。それでも、部の40年後輩の実家の平井うなぎ店(ここのひつまぶしは美味い。)に陣取り、旧交を温める。彼の髪は白く、私の髪は薄くなって、歳月を感じるなァ。

by vmn05756 | 2013-07-19 23:31

いじめ根絶は可能か?

7月16日(火)
 朝夕は涼しい(?)風が吹き、よく眠れる。このままいくとよいのだが、そうはいかないなァ。
 名古屋の中学生の転落死事件で、また「いじめ問題」が議論されている。教育関係者や行政はいじめをなくそうと努力を誓うが、人間の動物としての本性からいじめ根絶は不可能だと思っている。
 大事なのは、この少子化社会の中で、社会的な動物としての集団の中での個体の振る舞い方やルールの習得ができないケースが増えているからではないかと思う。昔は複数兄弟の中でもまれたり、近所の同年の連中との遠慮のない付き合い方とかの中で、集団のルールを覚え、リーダーもフォロワーも役割を習得していったのではないか。日本は、大人の社会でもそうだが、家族主義、身分的雇用の人間関係、労働環境が崩れつつある。欧米各国と同様な個人主義が蔓延しつつある。欧米でも当然「いじめ」はある。日本よりもっとひどいかもしれない。(今日の米国ニュースの黒人青年を射殺した白人が無罪という事件は同根ではないか、とも思う。) 
 問題は、そうした変化にもかかわらず、学校教育が相変わらず学業成績優先、体育系の部活動優先、要は数値的に評価され易いものばかりに目を向けてきた結果(体罰自殺も同根)ではないか。
 学校が社会への通過過程であるなら、社会に適応し、貢献できるように、社会性とか協調性とか人命の尊重とか、人間の基本の教育をおろそかにしてきたことを直し、もう一つは父親でも母親でも友達でも先生でも誰か一人で良いから、本人の気持ちを理解し、親身になって相談できる、信頼できる人が周りにいればよいのだ。電話110番もよいが、学校の中に一人でも相談者を配置することも考えてはどうなのか、と思う。

by vmn05756 | 2013-07-16 22:29

真夏の連休中日

7月14日(日)、フランス革命記念日。どこの政府も難しい課題への対応を迫られているのだが。
 午前9時過ぎ出発、東京はお盆といっても新盆だから、多摩にある義父のお墓参り。雨だと予想されていたが、晴れて猛烈な暑さになり、グッタリ。
 午後、家内と浅草の浅草寺にお参り。夏の旅行シーズンなのか、外国人や日本人と間違う中国人もいるのだろうが、もの凄い人出でここでもグッタリするほど。夏だなあ。

by vmn05756 | 2013-07-14 22:38