つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


英国政治行政事情、日本語の乱れ

1月31日(木)、久し振りに上京。
 午前中、国会図書館で資料収集。最近は議会政治の先進国イギリスでも行政の力が強くなり、政治家がバカにされているとのこと。行政の高度化、多様化、細分化、などによる専門化が進み、一般の常識を備えた政治家では太刀打ちできないのかも。そして益々一般国民の思いから乖離していくのかな。ただ日本のように完全服従でなく、勢力争いをやっている段階かな。
 朝日新聞の連載記事「プロメテウスの罠」は時々読むが、本日の記事の見出しにガックリ。「犬や猫にあげよう」とのサブタイトル。自衛隊員が放射能被曝を避けるために退避するときに残った食品を犬や猫にあげることにした。でも犬、猫、子どもには「やる」もので、「上げる」という敬語は使わないのが普通。なんでも丁寧にいえばいいという風潮が広まるのもどうか。言葉は実態の表れであり、実態は表現によって変化していくか?

by vmn05756 | 2013-01-31 23:54

ジャック・アタリ

1月28日(月)、朝起きると戸外はうっすら雪化粧。寒いんだあ。
 連絡、挨拶、面会、お見舞いなど。
 日曜日(27日)の毎日新聞のコラム「時代の風」を何度も熟読する。執筆者はフランスの経済学者・思想家のジャック・アタリ。5週間に一回の割で執筆を担当するが、毎回鋭い切り口で日本の課題も含め世界的な視点から問題点、世界の動向、将来の方向などを抉り出す。本質的な、普遍的なテーマを分析し、洞察し、簡潔かつ明瞭に指摘するその知性には敬服。政治にたずさわる者として同じ時代に生きて良かった、と正直思う。もっともその指摘を実践に移すことができない非力を嘆くのだが。
 今回のテーマは「民主主義の将来」。民主主義は理念を欠けばポピュリズム、安定した指導力のためには政党の大改革が必要、欧州統合は国家の弱まりを示す、しかしそれは民主主義の衰退ではない、長期的には民主主義の地球規模化が必要、それがなければ金融や行政機関による独裁が支配するポピュリズムの脅威がくる、と警告。なるほどネ!

by vmn05756 | 2013-01-29 06:55

第48回一色マラソン大会

1月27日(日)、朝の気温は摂氏2度。風は昨日よりおさまったが、a0063907_22454628.jpg海岸沿いに吹く風は冷たく強い。
 第48回一色マラソン大会がメインのハーフマラソンを始めとして距離別、ジャンル別で開催。当初の申し込み人数は過去最大の約3700人余と言われた。9時27分の車いす、9時30分のハーフマa0063907_22474378.jpgラソンと次々にスタートしていく。運営委員、コース案内、先導係、給水係など沢山のボランテイアはじめ大会関係者の努力に敬意。海岸沿いのコースだけでなく、一色の街の中を走ってもらえたらいいのになa0063907_225011.jpgあ、と思う。私自身は今回は出場せず、写真班を勝手に決め込む。風が強いから大変だなァ、とジャンパーを着込んでつくづく思う。

           a0063907_22522658.jpg




(写真1:佐久島行き船乗り場前で佐久島太鼓を打って元気づける島の小学生ら。)
(写真2:一色大橋を渡って大挙して押し寄せるランナーの群れ。)
(写真3:さかな広場前の給水所を通過するランナー。)
(写真4:中電碧南火力の大煙突から昇る水蒸気の雲を見ながら堤防を走る色とりどりのランナーたち。実際は相当距離があるのだが。)

by vmn05756 | 2013-01-27 23:00

第44回日展東海展前夜祭

1月24日(木)、朝はよく冷え込む。お墓の花を替える。
 午前中、連絡、挨拶。
 午後6時、名古屋のホテルで第44回日展東海展の前夜祭。a0063907_23274880.jpg約1万5千点の応募作品の中から2700点が入選、そのうち東海地区の入選は約600点。そのうち文部科学大臣賞一点、特選八点の受賞者の表彰、さらに今回の新入選者33人の紹介などが行われる。この地域の文化、芸術をさらに発展させることを期待。
(写真:書道の新入選者15人の紹介。女性の活躍が目立つ。)

by vmn05756 | 2013-01-24 23:30

一畑薬師初詣、公務員の退職金節約?

1月23日(水)、午前中、挨拶、連絡など。昼、岡崎のパーセンで中華料理のお昼ごはん。うんまいなァ。
 午後、一畑山薬師寺へ遅ればせの初詣。心願成就など祈願。この時期もバスで遠方からの参詣者で賑わう。
 公務員の早期退職問題がニュースで報道。応募者に教育者、警察官などが多く批判の声が上がっているが、教師は聖職者ではないし金が大事なのはあたりまえのこと。2~3か月前の申し出で早期退職制度を適用するなんていう発想自体がとち狂っているし、早く辞めた分は本人を臨時任用して仕事の穴をふさぐなんて、結局濡れ手に粟の公務員の公金たかり体質丸出しではないかしら、と想像する。納税者、住民のためにこんな仕組みのカラクリをチェックする首長も議員もいないとは、世も益々末に近づいているなあ。

by vmn05756 | 2013-01-23 23:20

教育の役割について

1月21日(月)、大寒の翌日で今朝も冷え込む。
 大津のいじめ、大阪の部活顧問による体罰など関心を呼んでいる。今日は、全国学力テストの学校別成績の公表の考えを示す泉佐野市などにはテスト参加を認めない考えを文部科学省が示したとの報道。
 学校もやることが偏ってきて、強いスポーツ、優れた学業成績など子供たちの成長の成果を数字的に分かりやすいもの頼り過ぎではないか。そしていじめのように人間的に問題視される事案についてはほおかぶりを決め込む。
 子供たちにとってこんな不幸な、不毛な育て方はないと思う。長い人生を生きて行くための基本的な資質は、体力や学力だけではないと思う。豊かな情緒と感性、意欲や向上心、社会人としての心構え、他人との協調・協力の大切さ、などなど。数字では現わされないものが多い。そこに人間教育の難しさがあるし、教員の努力を評価する困難さもある。
 児童生徒は学校・教師による生産物ではない。自由で、自立的で、人間性・社会性に富んだ人間として成長するように導かれることが基本ではないか。
 今回の事件などは、数値として測りやすいものだけで測っている今の教育者や社会の風潮への警鐘ではないかと思う。

by vmn05756 | 2013-01-21 21:38

いじめと体罰

1月16日(水)、今朝もよく冷え込む。昨夜は、夕食後に西尾の支援者9人が大挙して来訪、仏間に陣取って談論風発、気炎を上げる。ありがたいことだ。感謝。
 さて、大阪の市立高校での体罰による生徒自殺事件が大きな話題に。体育科とかスポーツ健康科なんてのが公立高校あることを初めて知る。将来のの職業の準備なのかなあ?今の高校レベルであればもっと全人教育を行うべきだと思うが。
 いじめも体罰も、一言でいえば本人の人格否定だ。個人の自由、自立、自尊心を否定するもの。暴力によって気付かせようとしても「殴られてよかった」などと思う子どもはゼロ。むしろ人に対する、憎しみ、恨み、敵愾心、復讐心など負の感情を生きづかせ、育てて行くだけだろう。そして将来その再生産が繰り返される。日本の軍隊の上等兵による新兵への暴力については城山三郎氏の文章にも詳しい。本人の自覚とか個性を伸ばす可能性などは皆無だ。
 問題は、大津市も大阪市も教育委員会などの機関が全く機能していなかったこと。責任逃れに終始し、児童生徒の健やかな成長を見守ること等一切せずに、教員の仲間内の庇いあい、もたれ合いを追認していること。これが文科省の教育行政のなれの果てである。生徒や保護者、即ち主権者である納税者に対して責任をはたすことなど念頭になく、身内の庇いあいに終始する。
 無責任、無答責の公務員かたぎ、体質を誰がチェックするのか。「管理教育」とは子供が健やかに成長していくことを管理するのではなく、教育行政に批判がなされないように教員らを「管理」することなのか。
 本末転倒、主客逆転もはなはだしい。「権力」のチェック機能と「行政の自己革新」の仕組みをもう一度全ての分野で考える必要がある、と思う。

by vmn05756 | 2013-01-16 08:14

失われた20年を超えて

1月14日(月)、成人の日。おめでとう。
 1993年に生まれた若者が20歳になる。この年から政治改革の動きが本格化した。6月には宮沢内閣不信任案が可決され自民分裂、8月には非自民連立の細川政権が発足した。衆院小選挙区選挙制度の導入、自民・社会・さきがけの村山政権誕生、参議院愛知再選挙で私が当選、新進党の結党と3年後の解党、阪神淡路大地震、自民党内閣の復活、小泉劇場政治、民主・自由の合併、それから6年後の2009年の本格的政権交代の実現、年替わり総理の時代と政治劣化の進行、そして自民党の公共事業ばら撒き予算と復古調の第2次安倍政権の成立、などなどを考えるとこの20年の改革の努力は何だったのかとツクヅク思う。
 ましてや軍隊の復活とか核武装の検討なんて平然と党首が言い放つような世の中は、20年どころか太平洋戦争前の暗い時代に引き戻されたような暗澹たる感覚になる。
 景気を良くする、というばら撒きの甘言で票を誘い、住専問題の時の「大蔵省日銀課」と蔑称された日本銀行の独立性の強化方針をアッサリ忘れて「連携強化」と言う。時代の変化に対応した進化とか進歩と言うことは、政治にはないのか。20年前に何が起こって、何を政治はして来るべきだったのか。
 実際にこの20年間は、「小沢叩き」の20年ではなかったか。「小沢一郎」を叩けば評判が上がる、正義だと称えられる馬鹿げた風潮が、政治家、政党だけでなく、マスコミ、官庁、業界などに蔓延し、正しく小沢氏が指摘するビジョンや政策に真正面から向き合い、その意味をまともに考えて来なかったせいではないか。
 そのビジョンや政策とは何か。根本の課題は二つ。一つは東西冷戦の終焉に伴う世界の構造変化への対応であり、もう一つは戦後一貫して肥大化してきた官庁の官僚主導・専横政治の民主的システムへの大改革である。アメリカ任せの外交と官僚任せ内政を改めて、国民の声を真剣に聞き、国民の将来を真剣に考えた政治の実行である。それは国民に選ばれ、国民に対して責任を負う政治家しかできない。日本人に対し責任を負わないアメリカ人にも、汚職事件以外には責任逃ればかりしている公務員にも出来ないのだ。原発事故対応や最近の学校のいじめ・体罰による自殺事件を見よ。国民は人間として尊重されているだろうか。
 小沢氏が著した「日本改造計画」の提言の多くは実現されてきたが、いまだ未達成のものも多い。私などは、東京からの自由、企業からの自由、長時間労働からの自由、性差別からの自由など五つの自由を今でも大きな課題として取り組まねばと考えている。
 原発事故の不安、1000兆円の借金返済、若者・中堅層の雇用の劣化、少子化の一層の進行、女性労働の差別、貧富の格差の拡大、近隣諸国との緊張と世界の中での孤立化の心配、などなど内政外交ともこれから一層多難さを増すだろう。だが、小沢氏が指摘した原点に返ってこの20年の失敗を克服していく努力を怠ってはならないと訴えたい。民主主義、自由人権、平和主義を国是とする日本が、世界の国々と友好と協力の関係を築き、日本の国民の将来を確かなものとするために、政治家の責任は益々重い。

by vmn05756 | 2013-01-14 07:11

三河大地震発生の日

1月13日(日)、朝のラジオが1945年終戦の年の本日未明午前3時46分に三河大地震が発生したと伝える。死者約2850人、戦時下の情報統制のため正確な状況は残されていないよううだが、小さい頃に大人の皆さんの「竹やぶに逃げ込んだ」などの話を聞いたことを思い出す。災害は忘れた頃にやってくる、忘れなくてもやってくる。心の、そして非常用袋の、準備を怠らないようにしよう。
 午前中、来客。
 午後、いつもように挨拶回り。
 夕方、久し振りに夫婦で外食。知人に紹介された西尾市本町通りのうなぎ専門店「平井」でひつまぶしを食べる。一色産ウナギをつかっているが、これは美味い。こんなに美味いひつまぶしは初めて。大いに満足。

by vmn05756 | 2013-01-13 23:15

名古屋の一日

1月10日(木)、午前10時半、名古屋市役所で河村市長に新年のご挨拶と昨年選挙応援の御礼。
 11時、伏見の日動画廊で開催の中部圏の画家たちの新春新作展を参観。山本眞輔先生のテラコッタレリーフの作品も展示。19日まで。
 11時半、矢場町で名古屋の支援者の方たちと昼食。いろいろと意見交換。
 午後1時、松坂屋隣のギャラリー尋屋で開催の「ふじいみよこ銅版画展」を参観。日本版画協会準会員推挙の記念の作品展。彩色のエッチングが鮮やか。15日まで。
 3時半、南山大学の沢登教授の招きでゼミ生12人を前に昨年総選挙、政治の課題、取り組みなどについて4時45分までお話しと意見交換。最近のいじめ問題、東電原発事故などに見られる様々な問題の根源は、官僚機構を中心とした「組織の家族主義(排他性、責任逃れ体質など)」と「自己革新能力・権力チェック体制の不存在(身内のかばいあい、向上心の欠如など)」を指摘。それに依存する自民党には抜本改革は無理。衆議員の定数削減案は民主主義のベースを壊すもの、むしろ歳費半減・小選挙区定数倍増のほうがより民主的改革、など持論を述べる。
 帰りに書店などによって買い物。なかなか充実した忙しい一日であった。

by vmn05756 | 2013-01-10 22:56