つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


一将功成って万骨枯る

5月30日(水)、午後、野田首相と小沢元代表が会談とのこと。消費増税に不退転の決意は分かるが、政治家は長期の大きな視点を持つことが大事。当面の対応で英雄的な決断をa0063907_939447.jpg実行したとしても、一時の世論の評価は得られても、また自分だけの政治的基盤は一層固くなるにしても、これまで首相を支えてきた議員たちは次の選挙で皆討ち死にしていくことは目に見えている。結果は自民党による官僚任せの利権政治、無責任政治の復権ではないか。経済・雇用の停滞、衰退傾向、外交の孤立化、地震や原発事故への対応、国民の生活に寄りそった行政ができていないのは、日本的公務員制度の大きな欠陥(慢心と独善に浸る構造)によるもので、その改革の端緒にも就いていないことを厳しく認識すべきだと思う。それは長く困難な取り組みだろう。だからこそ、自分だけ英雄的雰囲気に酔って突っ込むことは、どうかな?09年衆院総選挙では自民党政治や官僚主導政治を応援するために国民は民主党に勝たせたのか?と言うのが私の正直な感想。
(写真:散歩中に見つけた路傍の花。みんな懸命に咲いている。)

by vmn05756 | 2012-05-31 08:05

内向きの日本人?

29日(火)、夜7時、一色後援会の正副会長・顧問会議。先日の地元新聞の報道に関連し、今後の方針や最近の政治状況について意見交換。
 最近の若者について安定志向で海外夕日、いや雄飛、の夢を持つ人が少ないという話をよく聞く。昨日の新聞のインターネット版の見出しは朝10時現在では、朝日「新入社員~安定志向」「ダルビッシュ通算100勝」、毎日「カンヌ国際映画」「トンネル事故」、読売「日本バレー女子・温室環境」「橋本市長資産公開」、産経「陸援隊ー高速バス事故」「ソーシャルメデイア公開」、中日「ダル100勝」「シリア砲撃―116人死亡」であったが、諸外国のトップニュースは、NYタイムスでは「国連安保理、シリア虐殺弾劾」、英ザ・タイムス「国連、シリア児童虐殺を弾劾」、仏フィガロ「シリア・国連が虐殺に対峙」、独ディ・ツァイト「国連、シリアの児童含む116名の殺戮非難」となっていた。シリアは遠い国だし、日本とは余り縁が無いかもしれない。しかしそれでも人の不幸への同情、不正義への批判など人間としての関心の持ち方がこんなにも違うのかと思ってしまう。日本の若者が内向きになるのは、世の中のことと言えば、経済、就職、娯楽など自国の関心ばかりに目を向けるマスメデイアの傾向が他人や他国への一層の無関心の傾向を助長しているのではないかと思えてくる。

by vmn05756 | 2012-05-29 23:08

三河一色うなぎまつり、日本官僚制の研究?

5月26日(土)、午前中、来客。午後1時半、三河一色うなぎまつり。よい天気に恵まれ今年も賑やかに開催。今日は町内の小学校の運動会が開催されているところも多く、a0063907_2183953.jpg明日はもっと賑やかになる見込み。うなぎ、えびせんべい、カーネーションなどのほか、西尾のお茶、幡豆の地酒、佐久島の船頭重吉紹介のブースなども賑わう。明日は、ツボイノリおさんのトークと競り市(大変お買い得)が行われる。
 最近のニュースを見ていると、名張毒ぶどう酒事件の再審請求却下の名古屋高裁決定は最近の裁判所お得意の推論ばかりの不透明な判決の傾向を考えると、裁判官と検察が一体になって(グルになって)国民に対峙しているような印象を受けるし、民間出身のNHK経営委員長が東電の重役の方を選んだり、東日本高速道路株式会社の会長に民間企業幹部が就任したり、なにか年寄りばかりが重要ポストについているが、もっと若くて新進気鋭の経営者候補はいないものか、官庁と企業とで退職者ポストの遣り取りをしているのかしら、などと官僚支配の経済社会の構造をついつい疑ってしまう。小人閑居して不善を思うかなあ。辻清明教授が取り組んだ官僚システムの改革が必要だとつくづく思う。
(写真:子どもたちのうなぎつかみどり大会。本人はずぶ濡れになってもなかなか捕まらないんだなあ、これが。)

by vmn05756 | 2012-05-26 21:22

スカイツリー

24日(木)、午前中、お上りさんは高い所に上がりたがると言われるが、a0063907_17111145.jpg浅草の浅草寺から眺めることに。あんなごちゃごちゃした町並みのど真ん中に超近代的な鉄塔が立って大丈夫かしらと思う。パリのエッフェル塔のように周辺をきれいな公園に整備してその真ん中に立つ尖塔と違って、まず塔をa0063907_1711491.jpg建ててから周辺をその鉄塔に相応しく整備していく計画があるのだろう、東京のやることだもの。午後3時、衆議院第2議員会館、最近の政治状況について議員からお話しを聞く。今の状況はなかなかね、難しい。夜帰宅したら一色後援会幹部からお電話、23日の地元紙の報道が出馬表明をしたと受け止められて大きな反響を起こしているとのこと。そんな事を言ったつもりは無いんだけれど、と弁明。
(写真上:浅草寺山門)
(写真下:浅草寺境内からスカイツリーを望む。)

by vmn05756 | 2012-05-25 17:13

トレビ会

23日(水)、早朝出発、上京。11時半、東京商工会議所ビルのスカイルームでa0063907_16515165.jpgトレビ会懇親会。1988年に訪欧派遣された東商メンバーOBの懇親会。当時OECD代表部で労働関係の説明、応接をしたご縁でお招きいただく。昼食をとりながら、国際情勢、政治課題など意見交換、なかなか辛口のご指摘が飛び交う。経営者の皆さんはよく分かっていらっしゃるから、大変だよね。夕方6時、上野で「講談の勉強会」という講談会を拝聴、若い人たちで賑わうのは特定の講釈師の応援団の動員かな。
(写真:東商スカイルームから皇居お濠を望む。新緑が美しい。左奥、高い塔が見えるのは今話題の東電本社かな。)

by vmn05756 | 2012-05-25 16:53

金環蝕

5月21日(月)、朝6時半、早々と起きだして932年ぶりの当地方での金環蝕を見る準備。雲が出ているが7時半頃には晴れ間が出るだろうと思っていたら、雲がどんどん厚くなる。何だこれは、と嘆いているうちに7時30分が経過して行く。テレビで各地の金環日食の映像を見る。愛知県でも見えなかったのは三河南部沿岸部だけとのこと、次の機会は2312年とのこと、そこまではさすがに生きていられないナア、残念。

by vmn05756 | 2012-05-22 07:36

三河郷友会理事会

5月20日(日)、午後1時、東京茗荷谷で三河郷友会理事会。設立110年の歴史を持つ三河学生寮の運営母体でこの3月末に従来の財団法人から公益財団法人への認可を受け、最初の年度の理事会。昨年度の決算承認、人事案件を決定など。その後、3時から同寮出身でお茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古先生との懇談会。寮生時代の生活を振り返り、自立と協同生活の意義や最近の若者の気質などの意見交換は興味深かった。

by vmn05756 | 2012-05-22 07:28

シャトー・カミヤ

5月19日(土)、午前11時半頃、茨城県牛久市にあるシャトー・カミヤa0063907_771180.jpgに到着。旧一色町出身で東京・浅草を中心に「電気ブラン」で成功し、その後三河鉄道の敷設などの事業をてがけた神谷傳兵衛氏が造ったワイナリー(ブドウ園とワインの醸造施設)で、町長在任中にぜひ行きたいと願っていたがようやく実現。本館(神谷傳兵衛記念館)は歴史的建造物として重要文化財にも指定されているが、昨年の大地震で外壁などが傷み、現在修復中で中に入れず残念。庭園、ぶどう畑など散策。記念にレストランで昼食をと思ったが満席とのことで断念、残念。しかし、牛久駅前でひょっと入ったイタリア料理屋「システイナ」で食べたスパゲッテイが絶品の美味しさで大満足。「禍の中に福あり」いろんな出会いがある。
(写真:シャトー・カミヤの本館。下の部分は工事壁で立ち入り禁止に。レストランの一部、お土産店は営業している。)

by vmn05756 | 2012-05-22 07:04

公正労働基準

5月18日(金)、夜7時、愛基労友会の大先輩のお通夜に参列。大変お世話になった。感謝、合掌。
 最近の新聞報道で何故こんな事件になるのか、不思議に思う事が多い。ワタミの新入社員の過酷な超過勤務の末の自殺、先日の関越道の高速バス事故、石綿(アスベスト)労働災害、などなど最低限の公正な労働基準が守られていたら、こんな事件、事故は起きないと思うと労働関係者の沈黙と言うか遠慮と言うか、残念な思いがしてならない。また、大卒就職率が今年4月は回復したとの記事も見るが、3年以内に3割が離職すると聞くと、自分の適性さえ知らずに職場選びをやって後悔しているのではないかと思う。この面でも、一般職業適性試験(GATB)の実施など、学校や職業安定機関の適切な指導が求められるだろう。働き盛りの時期を充実して生きていくことが何よりも本人にとって、また社会にとって大切なことだから。

by vmn05756 | 2012-05-21 23:11

芸術の初夏

5月16日(水)、午後、愛知芸術文化センターで東海日彫展と日本現代工芸美術展を参観。毎年一月から始まる日展展覧会で活躍されている方たち、これから入選するであろう方たちの素晴らしい作品が展示。良い目の保養になる。地元西尾市からは、日彫展では山本眞輔先生、大河内正敏さんの作品が、また工芸美術展では漆工芸の久世和政さん、竹工芸の故鳥居一峯さんの作品が展示されている。いずれの展覧会も20日(日)まで。

by vmn05756 | 2012-05-16 20:16