つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


サクラの開花、消費増税法案決定と国会改革

3月30日(金)、暖かくなった。午後、来客。意見交換。夕方、川沿いを散歩。桜並木の枝に赤く色づいた蕾が一杯。そしてほんの4、5輪の花が咲く。6時、ラジオで消費増税に関する総理記者会見を聞く。固い決意の表明はいいのだが、日本の将来のためにもっと考えること、実行することがあるのではないか、と思う。社会保障の全体像、行政改革の具体像、a0063907_2214431.jpg国会改革の具体方策など日本と日本国民をどんな方向に引っ張って行くのだろうか。今朝の中日新聞「特報」欄に「消費増税 課題置き去り」の記事。議員定数、費用の国際比較もされているが、これを見ると、私が前から主張しているように「国会議員定数削減」ではなく、議員歳費削減と定員増加が必要だし、選ぶ方策だと思う。英独仏と比べると議員の数が少なく、歳費も倍くらいある。アメリカの議員一人当たりの人口の多さとは比べようもないが、議員一人の人口がこんなに多くて、どうやって民意を吸い上げ、政治に反映させることができようかと思う。今のアメリカ大統領予備選を見ても、金持ちが選挙の行方を左右する。議員数が少なければ、少数の金持ちの意向が選挙支援として通りやすくなる。昔の利権あさり政治の日本もそうだったが、医療保険改革さえできないアメリカのような格差拡大社会になって良いのだろうか。国会議員の歳費、月額130万円を半減して65万円にして国会議員だけで約78億円の節約。それは地方議員の報酬、例えば県議・政令市議で月額約100万円の報酬などの抑制にもつながっていくから、日本全体では相当の財政節約になる。ただ議員経験者の退職年金だけは公務員共済などで措置する必要があると思う。議員定数は、下院議員で見れば、ヨーロッパ並みの10万人に一人とすれば、衆議院で今の480人から2倍の約1000人になってしまうけれど、多すぎるから経費面からも要検討と思う。ただ、議員定数削減の議論が国でも地方でも流行っているが、ごく少数の議員で民意をどう反映させられようか。エリート代表民主政は本来の民主政とは異なるというのが私の考え方である。
(写真:川沿いのソメイヨシノの開花。来週には見事な満開になろう。)

by vmn05756 | 2012-03-30 22:20

政経同友会例会

3月29日(木)、午前11時、ご葬儀に参列。合掌、感謝。a0063907_19344922.jpg午後6時から8時半、岡崎の政経同友会3月例会に出席。今日の講師はトヨタ自動車副社長の佐々木真一氏、テーマは「新時代を迎えた自動車産業 ハードウェアからシステムへ ~トヨタの挑戦~」と題して講演。自動車は、エネルギー対応で従来型のガソリン車からHV(ハイブリッド)、PHV、EV、そしてFCHV(燃料電池自動車)と進化、ユーザーの使用目的(距離、頻度、重量など)によって各車が併存する時代に、また社会システムとして環境対応も重要で今後スマートグリッド、スマートコミュニテイが拡大する。トヨタは、加速するIT技術などのもと、住居、自動車、情報化をシステム化するモビリティ社会の実現に貢献していく、というお話。
(写真:自宅近くで見つけた椿の花。今年は寒いから、ユックリなのかな。)

by vmn05756 | 2012-03-30 19:36

金融関係者の闇、若者雇用対策?

3月27日(火)、午後、岡崎の乙川沿いの河津桜の見学、a0063907_21504271.jpg2回目。先週はまだ一分咲だったが、今日は満開。平日にもかかわらず沢山の人が見物に訪れる。染井吉野は来週くらいかな。
 ニュース二題。一つは、AIJ投資顧問の社長の国会参考人招致の質疑応答のニュースを聞いて、口あんぐり。ここまで無責任、厚顔無恥、非常識な応答をするとは!金融業界というのはこうした悪辣非道の人間の集まりなのか、或いは、日本人そのものが職業倫理a0063907_2152893.jpgどころか恥知らずになってしまったのか。質問者の追及の仕方もぬるい。あくまでシラを切るなら、いずれ刑事事件の捜査に結び付くように、損失回復の具体的手立て、損失後も新規投資勧誘の実態と意図、自分の年収7千万円の正当性、子会社への約50億円の隠匿の実態、などなど詰めるべきだったのではないか。
二つは、午後6時のNHKラジオ第一のニュースの中で、慶応大学の樋口美雄先生に「若者の雇用対策」についてインタビュー。雇用の確保、訓練、非正規労働の正規化、などは大切だが、私は雇用対策だけでなく、若者を社会保障政策の対象にする必要があると考えている。いまは高齢者に目が行っているが、この社会を支える青年層、壮年層が雇用問題で疲弊していく現状は、日本の将来の危うさを示している。昔のように農業人口が労働力の7割を占める時代なら放っておいても家族共同体の支えがあったが、現代の若年失業者が直ちに貧困、孤立、生活保護に転落していく事態はなんとしても回避し、人生充実の自助努力ができる環境を国が整えていく必要がある、と思う。
(写真上下:青空と緑の土手に少し紅色のつよい花びらがよく映える。)

by vmn05756 | 2012-03-27 21:56

真犯人はどこに?

3月24日(土)、暖かくなる天気予報だったのに今日も肌寒い。春よ来い、と呟く。去年9月26日にも書いたことだが、一昨日の夕刊に、村木厚労省元局長が犯人にされた「郵便不正事件」の張本人、自称障害者団体「凛の会」の元幹部河野被告の裁判について、大阪高裁は「犯罪の証明がない」として無罪を言い渡したとの報道。偽証明書を作成した厚労省元係長との共謀はなかったと認定したためだが、村木元局長は無実だし、では河野被告は誰に頼んで(共謀して)元係長に偽証明書を作成してもらったのか。その真犯人をなぜ検察は捕まえようとしないのか。追及の努力もせず、野放しにしておいて法の正義は実現できるのか、と思う。無実の人を罪人に、真犯人を判っていても野放しにする、関係者はみんな本当のことを知っているんだろう、おかしな世の中だ。

by vmn05756 | 2012-03-24 21:15

若者雇用戦略対話?

3月21日(水)、快晴だが、風は冷たく強く吹く。夕方、夕食会。政治、金融、文化など時事問題も含め意見交換。日本の将来を憂える声は多い。そんな中で気になるニュースは、去る19日、政府は政労使プラス教育の関係者を集め「若者雇用戦略対話」と称して若者雇用対策などを取りまとめるとか。大企業志向、高い離職傾向、a0063907_2228301.jpg非正規雇用の増加など若い人たちの不安定な雇用就業状況には心配は多いが、若年雇用だけでは今の状況、将来の趨勢を立て直していくことはできないと思う。青年、壮年の置かれた厳しい状況については、仕事に就けないという不幸をもっと多面的に見る必要がある。自分の生き甲斐、社会への貢献・結び付き、経済的自立、家族を持つ、子育てをする、将来の安心、などなど。失業したら孤立、無収入、無保険、無年金、生活保護へ転落では、「幸福追求の権利」さえ否定されているのと同然。教育は何より大事だが、いざという時の応援の施策を幅広に、例えば健康保険、年金保険、子育て支援などの社会保障政策も含め、青年壮年層を対象として考えていく必要があるのではないか、と思う。
(写真:昨日求めた「リーガス・ベゴニア」)

by vmn05756 | 2012-03-21 22:32

春闘の変遷

3月20日(火)、春分の日。午前中、お墓参り。午後、久し振りに「憩いの農園」を散歩。風はまだ冷たいが、春の花が咲き競う。a0063907_21211853.jpg
先週、今年の春闘の大手労使の交渉が終わり、だいたい定昇維持と一時金満額で妥結する内容だった。昭和30年代から春闘方式が始まり、その中心団体は公労協から金属労協(鉄鋼、造船重機、電機、自動車)など変遷したが、大手の妥結内容が世間相場として認識され、中小企業などへも波及し、賃金格差は縮小し、その後の日本の経済全体の底上げa0063907_21222761.jpgに貢献して、総中流社会という意識を作ってきた。しかし今はどうだろうか、と思う。この十数年の金融政策の失敗によるデフレ経済の継続や、それに対する為替相場の急激な調整などにより、新興国の輸出競争力増大のもとで、一層の企業収益の圧縮が起こり、大企業も困難に直面している。そんな中での春闘である。もはや中小・下請けなどへの波及効果というより、大手の利益確保のために中小・下請け企業への納品単価の切り下げなどが、結果として中小・下請けの企業の経費切り詰め、賃金引き下げ、雇用の不安定化などが引き起こされている。何か社会の格差拡大を一層進めているのではないか、と思う。政治・行政だけでなくいろいろな面で日本の社会の変革が必要なのかもしれない。
(写真上:憩いの農園では白梅も満開。)
(写真下:色とりどりのパンジーならぬプリムラの花の鮮やかさ。)

by vmn05756 | 2012-03-20 21:24

オリシロ作戦ー消費税再増税の附則?

3月16日(金)、読売新聞の電子版ニュースで消費税増税法案の議論について、政府・民主党政調は、2016年の再増税時期の附則28条の表現を修正する(明記しない)ことで党内反対派の了承を得る方向で調整に入る、との報道。でも附則28条の考え方なんて、いつ出てきたのか。a0063907_19115626.jpg昨年末の税調総会で話題にさえならなかったではないか。そもそも交渉相手が予想もしていない強引な取引条件を出して、交渉のレベルを自陣要求の一段上に引き上げ、それを引っ込めることで当初の自陣要求まで相手が降り易くする方策ーこれをオリシロ作戦という。外国の市場で正札のついてない土産物を買う時に、値引き交渉で大幅に値下げが得られると、満足して買ってしまう、あのやり方である。オリシロを勝手につけて来て、知恵者の思うままに操られているなあ、と思う。
(写真:今日の午後、岡崎・竜美丘会館の隣を流れる乙川沿いの河津桜も漸くほころび始めた。まだ2~3分咲き。満開にはあと一週間くらいかな。)

by vmn05756 | 2012-03-16 13:07

春の風景?

3月15日(木)、朝、上京。用務を済ませて、空いた時間で久しa0063907_22245176.jpgぶりに上野へ。国立西洋美術館の常設展示を見る。ロダンの彫刻やモネの絵画など素晴らしい作品が420円の入場料で楽しめる。約一時間、駆け足で堪能。作品はみな松下コレクションといわれるもので、それを展示するためにこの国立西洋美術館が建てられたとのこと、凄いもんだと思う。
(写真:モネの「睡蓮」。「睡蓮」にもいろんな作品があるが、こんなに素晴らしい本物がパリでなくても見れるとは!なお、この写真は係員の了解のもとに撮影したものです、念のため。)

by vmn05756 | 2012-03-15 22:30

菜の花

a0063907_21171312.jpg3月14日(水)、空気はひやっとするが陽射しは暖かくなってきた。陽気に誘われ、散歩。排水路沿いの桜のつぼみは固いが、前野地区で菜の花が見事に咲いている。

by vmn05756 | 2012-03-14 21:17

春よ来い

3月13日(火)、今朝も冷え込む。春がなかなか来ないので、憩いの農園に春のa0063907_21461372.jpg花を見に行き、家に持ち帰る。もう少しの辛抱か。

by vmn05756 | 2012-03-13 21:47