つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


消防団バッシング?、65歳定年義務化?

30日(金)、朝の新聞に「消防団便り」の折り込みを見る。ある市会議員の新聞折り込み宣伝ビラでの「無駄使い」バッシングなどによって一般の人たちに誤解をされないように、消防団活動や役割などを紹介している。自分たちの仕事や家庭の団欒の時間などを犠牲にして、地域住民の生命、財産、安心を守るためにほとんどボランテイアで献身してくれているのに、自分たちの活動の紹介まで自分たちのお金を使ってやらなくてはならないとは。市役所・消防署の関係者も、火事が出たら家は焼け落ち、人が死ぬのは当たり前、と思っている訳ではないはずだ。行政はなぜ、消防団を育てて、その力を住民のために使おうとしないのか。先日の市子町の火事では、鉄骨しか残らず、2人亡くなったのだが、現地に近い一色町の消防団をなぜ招集しなかったのか。4年前には、幡豆・三ヶ根山の旧ホテルの放火火災が何度も起こったが、山火事対応を消防署だけでやりきれるのだろうか。地勢も災害条件も合併で変わった現実を直視しなければ、それこそ原発事故と同様、間の抜けた対応で被害を受けるのは住民だ。
65歳定年制の義務化を厚労省の審議会が答申したとの報道。年金受給年齢の引き上げに対応する必要があるとのことだが、今緊急にして将来への最大の課題は若年者の雇用・就業機会の拡大である。かつてフランスでは若年失業が25%にもなり、年金受給開始年齢の引き下げを行って、若い人の雇用促進を図ったことがある。その後、フランスの出生率が徐々に回復してきたのは、その効果ではないか。若者の仕事を奪い取るような政策はいかがなものか。また、こうした政策を真っ先に適用するのは、「民間のモデル」となる公務員に対してではないのか。若者対策を何とかすべきだと思う。

by vmn05756 | 2011-12-30 21:38

一色さかな村・さかな広場朝市

a0063907_10194753.jpg29日(木)、寝過して、朝6時40分、一色さかな村。自分が向かう途中で247号線は帰る車が一杯だから心配したが、それでも沢山のお客さんがお買い物。安い、新鮮、美味しいの三拍子。明日の5時半頃が最高潮かa0063907_10243038.jpgな。その後隣の朝市広場へ。こちらも賑わう。
(写真上:さかな村の買い物風景)
(写真中:大きな生きた石カレイ、隣はネットに入った生きたおおだこ。)
(写真下:隣のさかな広場の朝市の賑わい。)

a0063907_10255816.jpg

by vmn05756 | 2011-12-29 10:38

御用納め

28日(水)、官公庁は御用納めの日だが、一足も二足も早く御用納めを済ませた身だから、正月を迎える準備。午前11時過ぎ、パンクした自転車の修理に。午後2時、関係者と打ち合わせ。4時過ぎ、お寺にお参りと実家の仏壇にお参り。

by vmn05756 | 2011-12-28 21:37

寒波襲来

27日(火)、朝は冷え込む。玄関先のホースが凍って水が出なかったが、暫くして出るようになって一安心。午前11時、岡崎で面談、意見交換。日本の長期的な人口減少と若者・働き盛り世代の雇用・就業対策などの必要性、健全な中間層の拡大、9・11同時テロへの米政府単独対応主義の致命的な失敗、など話題に。午後3時、岡崎の後援会長に年末のご挨拶。

by vmn05756 | 2011-12-27 21:36

初雪の舞う日

26日(月)、朝7時、吉良吉田駅に向かう247号線から雪の舞う東の空が赤く染まっているの見る。火事か、と思ってスピードを上げ松大橋に来たら、雪雲の薄い部分からピンク色の広がりの中に朱色に輝く太陽が上がってくるのを見る。瑞兆である、と勝手に喜ぶ。午前中、年賀状書きに集中。午後4時、来客。地域の問題について。西尾市長に伝える、と回答。夕方6時、西尾市内で夕食会。談論風発、意気軒昂で盛り上がって10時まで。楽しい一日。

by vmn05756 | 2011-12-26 23:24

メリークリスマス

25日(日)、神様も仏様もキリスト様もみんな崇める多神教の私たちだから、メリークリスマス。11時頃、来客。地域のことでご相談。午後、年賀状書きに熱中。夕方6時、西尾で夕食会。いろんなご意見をいただく。感謝。何となく慌ただしくて、年の瀬を感じる。9時、NHKスペシャル「永田町・権力の漂流」を見る。トロイカで仲よく宣伝フィルムを作成している風景を見ると、「こんな時代もあ~ったねと・・・・巡るめぐるよ時代は巡る。」ホントだよね!何でこんなお粗末な政権運営になったのかしら、と誰もが思う。自民党の業界利権の構造は半壊したけれど。

by vmn05756 | 2011-12-25 21:45

橋下大阪市長の教育論?

24日(土)、朝は結構冷え込む。先日の橋下市長と文部科学大臣とのやり取りをテレビで見る限りでは、双方とも建前論に終始している印象。なぜ政治家が目標を設定できないのか、という市長の問いに、法律はそうなっていない、というだけでは話が合うわけがない。戦前の軍国主義教育の反省の上にアメリカの行政委員会制度が導入されて、特定の主義主張に支配されるのではなく、多様な意見のバランスの上に運営されるべきものではないのか、と思う。自由で自立的な人間を育てる機関が自ら不自由であるわけにはいかないのだ。気に入らない生徒がいるから、先生がいるから、すぐ排除しろでは、確かに税金を使って運営される教育ではあるけれど、社会の多様性を根底から否定することになる。軍隊や企業のような人為的な組織であれば目的に添わず規律に従わないものは排除することは大いにあるが、多様な考えを持った人間のたまたま集まった社会では、困り者ではあるけれどもそれだけでは排除することはできず、せいぜい村八分の扱いだったはずだ。教育機関とは、この生徒の集まりの「社会」的な性格と運営する側の「組織」的な性格の両方を持った存在だと思う。いろんな様々な個性を持った個人を育てることについては、謙虚で慎重であるべきだと思う。まあ時々生徒の前で女装したりするとんでもない教師もいて怪しからんこともあるが。

by vmn05756 | 2011-12-24 23:18

東京出張

21日(水)、国会図書館で資料収集。昼前に外へ出たところでばつたり西尾市長さんにお会いする。偶然ということはあるもんだ。そこへまた電話がかかってきたりして。夕方、a0063907_2243729.jpg時間ができたので、映画Mi-4を見る。その後、浅草観音にお参り。それから一色町出身の神谷傳邊衛さんがひらいた神谷バ-で早めの夕食。電気ブランは遠慮して、生ビ-ル。相席の岩槻からのお客さんと政治談義で盛り上がる。
(写真:仲見世も浅草寺が閉門間近で人も少ない。)

by vmn05756 | 2011-12-22 17:35

衣文観音

20日(火)、午前中、衣文観音の曹洞宗黄梅山謂信寺にお参り。a0063907_22425022.jpg本尊は釈迦牟尼仏、運慶作と伝わる。観音様は三河十一番札所などなど沢山。TVニュースは橋下新大阪市長と各政党幹部との会談での好意的な感触を伝える。でも、大阪都の構想自体はまだ具体的に示されていなし、逆に乗っ取っちゃおうという考えかな。「都」というのは天子、帝王の住むところといわれるが、そんなにたくさん要るのかな。京都府がなったら「京都都」になるのかな。なにかカマトトみたいでおかしいか。てなことを不謹慎だがフト考える。
(写真:衣文観音像と本堂。小春日和の穏やかな日。)

by vmn05756 | 2011-12-20 22:45

一色産「年越しそば」、森永卓郎講演会

18日(日)、午前中、幡豆、吉良、一色で街頭活動。幡豆のポートタウンミューは駐車場に入れない車が溢れる賑わい。12時15分、生田公民館で一色住みよい環境を守る会主催の一色産「年越しそば」舌鼓の会。コスモス畑で栽培したそばを会員の皆さんが手打ちそばに仕上げる。これが本当においしい。午後1時半、一色公民館で森永卓郎講演会「日本人を幸せにする経済学」を聴講。余りに面白く愉快な話で、笑っているうちに終了。なにか大切なことを言っていたようなんだが・・・。

by vmn05756 | 2011-12-18 22:32