つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


真犯人はどこに?

30日(木)、昨夜のNHKと今日の読売のニュースで法務省の法制審議会・特別部会の初会合を報道。厚労省の村木厚子元局長等の冤罪事件の反省に鑑み、捜査過程の可視化を含めた制度の検討を始めたとのこと。専門家が集まってより良い制度、手続きを検討するのは大変良いことだと思う。ただ、それはそれ。今回は村木元局長の犯人でっち上げ問題が大きくクローズアップされたが、本筋は郵便料金割引のための障害者団体証明書の偽造事件にあった筈。全く無実の村木元局長を検察に讒言し、陥れることで、自分が罪を逃れた者がいたのではないか。検察はなぜ真犯人を捕まえようとしないのか。何か不都合があるのか、一層自分の傷を深めることになるのか。一つ一つの個別事件について法の裁きを正しく与えることが、国民の信頼を得る唯一の道ではないのかと思う。

by vmn05756 | 2011-06-30 22:19

開正池田線つつじロード

27日(月)、夕方、10日ぶりに夕方の散歩で開正池田線を歩く。梅雨時を迎えて歩道の植栽には雑草が背高く伸び放題で、平戸つつじの木が埋もれてしまっていたが、a0063907_2265349.jpg今日は雑草が見事に取り払われていた。住民の皆さんが手入れをしてくれたのか、地道な努力に感謝と敬意。夏はこれからだから、来年の満開のつつじロードを楽しむために、いよいよ手入れも大変で気を抜けないが、力を合わせて一色の名物になるとよいと思う。感謝。
(写真:3年前の4月下旬、開正池田線のつつじが満開の頃。来年もこんな風に。)

by vmn05756 | 2011-06-27 21:48

刈谷市議選

26日(日)、朝10時、ふれんどバス、名鉄三河線と乗り継いで刈谷市駅に到着、今日スタートの刈谷市議会議員選挙に出馬する友人の出陣式に参加。子ども連れのお母さんからお年寄りまで続々と支援者が集まる。若い人たちが運動員の主力で力強い。候補は一期四年間を振り返り、「絶対市民派」を強調、議会改革など住民が主役の市政に取り組む決意を表明。ご挨拶で必勝を祈る。

by vmn05756 | 2011-06-27 07:41

西尾産うなぎ?

21日(火)、昨日夕方のNHKの地方ニュースで、一色西部小の学校給食では地元の「西尾産うなぎ」を児童に提供!と報道していた。特許庁の地域ブランド商標を認定された「三河一色産うなぎ」が合併三か月で「西尾産うなぎ」になってしまうとは!!「一色町」の地域名称をわざわざ残したけれど、旧西尾市のどこでうなぎを作っているのだろうか?行政体は西尾市になったが、行政体の名称がすべてなのだろうか。地域紹介の時はそれしか使わないのか。吉良の殿様はこれから「西尾の殿様」になるのだろうか。8月には「西尾の大提灯祭り」とこれからNHKは呼ぶのだろうか?一色の特産だったえびせんべい、カーネーション、あさり、などみんな西尾の名称で呼ぶのかしら?NHKは、地域の多様性や歴史を全部消し去って、のっぺらぼうにするつもりなのかしら。効率的な行政体制と、地域の文化・歴史・豊かさ・個性は全く別だと思う。地域のそれぞれの個性が集まってより豊かな西尾市を作っていくと考えていたのに、合併協議に取り組んできた時の思いが早くも裏切られて残念だ。誰が広報を担当しているのだろうか。

by vmn05756 | 2011-06-21 21:21

岩手県山田町被災地応援

6月15日(水)、16日(木)両日、岩手県社会福祉協議会運行a0063907_23472077.jpgのボランテイアバスを利用、岩手県山田町のゴミ片づけなどの活動に参加。山田町は、宮古市の南、大槌町の北に位置、漁業、農業が主要産業で、人口約1万8千6百人、今次災害で死者578人、不明者267人、避難者2135人、現在仮設住宅を1800戸を7月入居目指して建設しているとのこと。各日朝6時半に盛岡駅前に集合、初日は40人、二日目はa0063907_23483696.jpg31人が参加。3時間半かけて山田町に移動、B&G海洋センターの建物に設置された山田町社協ボランテイアセンターで当日の作業を確認し、両日とも大浦地区の被災住宅のガレキ処理、側溝清掃のほか、センターで畳干し、支援物資搬入などのお手伝いをする。家の建物は流され土台だけが残っているが、木材、かわa0063907_23495174.jpgら、ガラスなどが散乱、その分別撤去。側溝は3月の津波で流されたゴミが詰まったままで、高台の住宅からの生活排水が流れ込み悪臭を発している。原因は溝に石臼がスッポリはまってしまったから。午前2時間、午後2時間の作業を終えて、3時間半かけて盛岡駅に戻る。沢山の人が盛岡、東京、横浜、愛知などいろんな地域から熱心に参加していることa0063907_235153.jpgに感心。また、同県滝沢村をはじめ北海道の旭川などからは組織的な応援が行われており、自治体間の協力体制が機能している。それでも被災から3カ月、損壊家屋も残ったままで、被災者の生活再建や町域の復興の道筋が見えてこないのは何故か。同じ地区でも津波被害で壊滅した地域と、隣接する高台の無災害地域との落差があまりに大きい。国の迅速な対策が必要に思われた。
(写真1:高台から山田湾を望む。太平洋側が二つの岬で閉じられ、湾内が広がる三河湾に似た地形。海岸沿いは一面亡失野原で何もない。)
(写真2:大きな漁船が陸地奥まで流されている。どうするんだろうか。)
(写真3:膨大な廃材の山。隣には赤錆びた廃自動車の巨大な山が積み上がる。)
(写真4:2日目の作業終了後、第三班の丸山リーダーを中心に「ガンバロー」。私だけⅤ字でKYか?)

by vmn05756 | 2011-06-18 00:02

東日本大震災チャリテイイベント

10日(金)、午後1時、西尾市文化会館で株式会社ASS主催・JA西三河共催の「東日本大震災チャリテイイベント」。第一部は介護についてのパネルデイスカッション。東北大震災の様子を新家東北大学教授らが語り、高齢社会での介護の問題について介護アドバイザーの小山さんを中心に舞の海・元関取りやタレントの皆さんと意見交換。第二部は、チェリッシュ、仁支川(西川)峰子、梓みちよさんたちのトークと歌謡ショー。3~40年前の懐かしい歌ばかりで、満員の会場が大いに盛り上がる。終了して退出の時も義援金箱前に歌手の皆さんが立ち、大渋滞の賑わい。

by vmn05756 | 2011-06-11 17:08

西尾合唱団定期演奏会

5日(日)、午後2時、西尾文化会館で西尾合唱団の新西尾市誕生記念の第64回定期演奏会。「日本の心コンサート」と題して日本の名曲を5部20曲を歌い上げる。懐かしいほのぼのする歌ばかりで心が和む。多くの方とご挨拶。

by vmn05756 | 2011-06-05 20:21

民主主義は大丈夫か

6月3日(金)、昨日の内閣不信任案否決をめぐる報道が賑やかだ。「一定の条件で辞任する」と言った、言わない、などばかげた議論がメデイアで喧しい。どこの国の首相、大統領がこんな馬鹿げた議論をするか。役所の係長クラスでもこんな破廉恥で、厚顔無恥で、不誠実な言い逃れはしない。一生の信用を失うからだ。菅首相を見ていると、残念だが、大学入試の受験生のように点取りだけに専念しているように見受けられる。「国の垢を受く、これを社稷の主という」(老子)。「君子の心事は、天青く日白く、人をして知らざらしむべからず」(菜根譚)。良かろうが悪かろうが国民のために全責任を負うという気迫、青天白日の公明正大さがない。情けないの一言。菅首相の人間性や資質が問われることは勿論だ。しかし自覚、責任感、統率力、信頼性に欠けるこういう人が首相に選ばれてしまう議会制民主主義の今の仕組みは適切なのだろうか。政権を勝ち取る選挙の実質責任者でない人が首相になってしまう。民衆が政党のリーダーとして選んだ人ではなかった。安倍、福田、麻生首相らもそうだった。議会多数を牽引するリーダーとしての真の国民の審判を受ける重さを実感することが必要だと思う。法制度によるか慣例か、工夫すべきではないか。
なお被災地を考えれば政権争いなどやっている場合かとのコメントもあるが、被災地復旧、復興が進まない大きな理由が首相の指導力不足にあるからで、その人を変えなければ復旧が円滑・的確に進んでいかないからこそ今日の議論になっていると思う。個々の被災者の早急な救済のためにも、大きな視点で見ることが大事だ。

by vmn05756 | 2011-06-03 22:29