つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


悪臭検討部会、硬式野球チーム

31日(金)、朝9時、給与検討部会の打合せ。9時半、部内の悪臭検討部会。住みやすい町つくりを目指す観点から、市街化区域での悪臭の問題を検討。11時半、一色にも少年の硬式は硬式野球チームを作りたいという皆さんが来庁。軟式よりも球が飛ぶから安全に配慮した措置が必要で、対応を考えることに。午後1時、「安全なまちづくり条例」案について打合せ。2時15分、ふるさと寄附金について打合せ。3時、会計課打合せ。3時半、一色公民館で明日の文化祭式典のリハーサル。4時半、役場に戻って、決裁、打合せ。夕方7時、お通夜に参列。

by vmn05756 | 2008-10-31 20:35

職員採用面接、大提灯遷座委員会

30日(木)、朝10時、2回目の来年度職員採用の面接試験。打a0063907_22333281.jpg合せを含め午後2時20分まで。2時20分、今年度人事院勧告に基づく給与制度改定について打合せ。3時、都市計画課、地域協働課と打合せ。4時、大提灯式年遷座委員会の関係者が来庁。4時50分、来客。5時半、決裁など。
(写真:伊藤夕起子さんの「つばき」。)

by vmn05756 | 2008-10-30 22:35

固定資産評価委員辞令、西部小「食育」研究発表

29日(水)、朝9時、新しい固定資産評価委員会委員の杉浦大治郎氏に11月1日付の選任辞令を交付。よろしくお願いする。9時10分、来客。9時25分、給与制度等検討について打合せ。10時15分、佐久島散策道や八十八弘法の整備などについて打合せ。11時20分、自衛隊愛知地方協力本部幹部来庁。防衛白書、隊員募集などの説明、意見交換。午後1時10分、西部小学校。平成18年度から3年間にわたり西三河地方教育事務協議会から研究委嘱されていた「食育を核とした教育課程」に関する研究発表会。新任教員135名のほか、鳥取県など県外からの先生を含め、450人の先生が参観。公開授業の後、体育館の全体会で研究発表、愛教大a0063907_22154458.jpg教授による記念講演。自分の小学校の頃には想像もできないほど精緻な理論と組織的な教育方法に感心。昔の先生方もここまで細かくやっておられたのだろうか。食は生きる力の基盤、食育を通じて家庭での実践により、子どもたちが長い人生を生き抜いていく丈夫な体と心を育てていくことを祈念、先生方の活躍を期待、とご挨拶。役場に戻って、4時50分、来客。5時40分、秘書広報課打合せ。
(写真:5年2組の国語(!)の授業。「インスタント食品を取り入れるべきか」について賛成・反対に分かれてディベート。時間節約、安さ、栄養の偏り・・・など堂々の論陣。)

by vmn05756 | 2008-10-29 22:06

老人ク・Gゴルフ大会、行革推進本部会議

28日(火)、朝8時半、登庁。9時、一色町老人クラブグランドゴルフ大会開会式。昨年よりも50人も多い堂々の290人が参加。年々盛況で何より、スポーツで体も頭も使い元気で医療費のa0063907_213068.jpg削減を期待、などと挨拶。役場に戻って、9時35分、部長会議。先週の出張の報告、昨日の経済懇話会の報告、日程、ご意見箱、など。10時、うなぎレシピコンテストのグランプリ受賞者の一色高校の宮脇佳世さんが校長先生らと来訪。祝意、感謝。さらなる新レシピを期待。10時15分、来週の観光協会企画部会の段取りなど打合せ。農水産業計画など報告。11時、次世代育成支援対策ニーズ調査打合せ。午後1時、税務課打合せ。1時10分、学びの館決裁。1時半、行革推進本部会議。行政評価試行実施の状況報告。一次評定と二次評定の評価基準の統一と評定者の意見交換の必要性がある。第4次行革大綱の実施計画の進捗状況、各課・職員業務改善提案運動の実施状況などの報告。経済の先行きの厳しさを考えると一層の取組みが求められる。効果的な改善提案の役場全体への応用など。3時半、消防組合決裁。4時、シルバーワークプラザ、医療体制など打合せ。4時半、土木課決裁。4時45分、町営住宅家賃問題打合せ。5時、秘書広報課打合せ。5時15分、副町長打合せ。
(写真:俳句部会の作品展示。)

by vmn05756 | 2008-10-28 21:04

内外情勢調査会

27日(月)、朝8時20分、東京着。9時45分、資料収集。11時半に当初予定された道路関係の国会議員要望会が中止になったので、11時半、厚生労働省に要望。12時15分、帝国ホテルで内外情勢調査会の月例会。講師はモルガンスタンレーのR.A.フェルドマン経済調査部長、a0063907_21525979.jpg演題は「切磋琢磨するこれからの世界経済」。西尾の財界人とも会場でバッタリ会って、株価暴落の新聞号外を貰う。そんな状況の中での講演で、経済見通し(09年はマイナス1%、10年初頭はプラスに転換)、在庫循環、金融政策、サブプライムと金融市場の問題、農産物市場、生産性シナリオの多様性などを解説。金融については暴走させないルール作りが必要、生産性に関しては、青空シナリオ、捲土重来シナリオ、怠慢シナリオ、浅瀬苦痛シナリオの4分類を示し、さらなる構造改革の必要性を強調。麻生内閣の緊急経済対策にコメントし、質疑では政治空白、リーダーの役割、金融商品のリスク開示などに応答。2時過ぎ、終了。
(写真:有楽町電気ビルディング前のハローウィンの飾り。)

by vmn05756 | 2008-10-27 21:55

三河ベイフェステイバル

a0063907_19312478.jpg27日(日)、朝10時半、さかな広場。雨が少しぱらつき始める中、沢山のお客さんが生田太鼓の演奏を楽しんだり、屋台に並んで行列を作る。11時、来場者に歓迎の挨拶。ご来場に感謝、一色の産物の愛顧をお願いし、今回が第八回で末広がりだから、来年以降また新しい趣向で考えて生きたいとご挨拶。その後、今a0063907_19403926.jpg夏の「うなぎ絵葉書き」「うなぎレシピ」コンテストの最優秀グランプリ賞の表彰式。素晴らしい作品に感謝。その後、一色町出身のシンガーソングライターのVIKIさんのミニコンサートを聞く。12月21日にはクリスマスコンサートを公民館で開催とのこと、楽しみに。
(写真上:生田太鼓の演奏。)
(写真下:VIKIのコンサート。パラパラ雨が降る中熱心に聞く聴衆。)

by vmn05756 | 2008-10-26 19:36

西尾高90周年、町民チャリテイゴルフ

25日(土)、朝9時半、西尾文化会館。10時から西尾高校創立90周年a0063907_221837.jpg記念式典に参加。大正年間に設立された西尾高等女学校、西尾中学時代からの長い伝統に立ち、新しい時代に向けさらなる発展を祈念。午後2時、都市計画課長ら下水道担当者来訪。対米地区の下水道工事後の舗装が陥没して、通行の車が損傷したとの報告。夕方5時、西尾ゴルフ場。第68回町民チャリテイゴルフ大会の表彰式。約180名の人が参加、チャリテイとして10万円を社会福祉協議会に寄付。和気藹々の中、表彰式で豪華な賞品を贈呈。
(写真:文化会館前庭に広げられた全校生徒・教職員の手になるモザイクアート。)

by vmn05756 | 2008-10-25 22:05

西三河町村会視察3日目(苅田町)

24日(金)、朝7時50分、宿所出発。8時5分のフェリーで本土へ。8時25分、伊美港到着、一路福岡県の苅田町を目指す。10時20分、20分遅れて苅田町役場に到着。吉廣啓子町長から説明を受け、意見交換。福岡県北九州市小倉区に接し、a0063907_0114580.jpg面積46平方キロメートル、人口3万5千人。苅田港は戦前から筑豊石炭の積出港として発展し、戦後は昭和26年に重要港湾の指定を受け、昭和43年に貿易港として開港、現在九州で7番目、全国で22番目の貿易額となる。昭和31年の九州電力発電所が稼働以来、日産自動車、宇部興産、麻生セメント、三菱マテリアル、トヨタ自動車などが立地、一昨年には北九州空港が沖合いに開港、年間127万人の旅客輸送、東九州自動車道と結ぶ道路も開通し、空海陸の結節点となっている。町財政力は1.57で、19年度の一般会計収入は172億円、しかし今年は日産などの減収で10億円ほど減少する見込み。変動は大きい。臨空産業団地を町単独事業として38億円で22.7ha造成し、うち21haを45億円で売却できた。県が造成した松山工業団地100haは9割が分譲され、さらに新松山工業団地140ha造成に取り掛かっている。北九州市、行橋市から合併の話があるが、町としては人口5万人の市昇格を目指している。安心して住んでもらえるまちづくりを目指し、教育、福祉、住宅政策に力を入れる。また日本風景百選の棚田や邪馬台国伝説など観光振興にも取り組む、などなど。その後、北九州空港を見学。基盤の土砂は関門海峡の浚渫土砂で整備され、空港の建設費は約1000億円とのこと。見学後、吉廣町長と昼食会、食事をしながら町の課題や町長選出の経緯など色々なお話を聞く。小倉駅に移動し、2時50分発の「のぞみ」で帰路に。5時56分、名古屋着、解散。お疲れ様でした。
(写真:北九州空港。海上空港として24時間稼働。駐車料金は一日390円!)

by vmn05756 | 2008-10-25 00:14

西三河町村会視察2日目(姫島)

23日(木)、朝8時半、「玉の湯」会長の溝口氏が視察団にご挨拶に来訪。昨日は東京で会議とのこと、観光業振興のために尽力、敬意。バスで伊美港へ移動。11時、a0063907_2392742.jpgフェリーに乗って姫島へ。11時20分、姫島港着。昼食の後、午後1時、姫島村役場。藤本村長さんと意見交換。元気、快適、安らぎ、育み、を基本目標に掲げて村政発展に取り組む。日本書紀の記述に島の名前の由来が見られる大分県国東半島の北に浮かぶ面積6.85平方キロメートル、人口約2500人の一島一村の離島で、沿岸漁業と車えび養殖を二大産業としている。大分県の48市町村が18市町村になった合併議論の時は、役場が雇用創出の場として職員を約200名も採用する一方給与水準はラスa0063907_23114770.jpgパイレス指数で70.6に抑えており他市町との調整が難しいこと、他方港湾、道路、上下水道、診療所、福祉センターなどの社会資本整備はほぼ完了しており、合併の必要性は少ないなどの背景があったとのこと。官でやれることはみな官で、フェリーも診療所もみな村営、職員は何でも屋の思想。人口減少、少子化、高齢化は進む。出産祝い金を作ったが効果はどうか。財政力指数0.11の状況で、下水道、診療所、渡船など赤字が続く厳しい財政運営だが、地域再生マネージャーの活用など観光交流に力を入れる。意見交換後、役場職員の案内で島内の見学。昔の庄屋の古庄家家屋をはじめ、車えび養殖場、地層褶曲、浮田、拍子水、逆さ柳、などを雨の中、見学。夕方遅くなってしまい天然記念物指定の黒曜石産地の観音崎を見れなかったのが残念。
(写真上:第一姫島丸。199トンのフェリーが2隻。春夏秋季は一日12便。赤字4千万円は県と村で負担。)
(写真下:古庄家家屋。所有者が寄贈したので今後整備して観光資源に。)

by vmn05756 | 2008-10-24 23:20

西三河町村会視察1日目(由布院)

22日(水)、朝6時半、自宅出発、名古屋駅へ。8時35分の「のぞみ」でa0063907_2156979.jpg福岡へ。博多駅で昼食後、急いでバスに乗り換えて由布院へ。3時、由布院観光総合事務所事務局長の米田氏に案内いただいて市内視察と意見交換。年間400万人の観光客、うち100万人が宿泊、個人・少人数グループが増加し、団体客主体の別府温泉を抜く。四季の彩りの樹木、町の景観、見所よりも居心地のよい空間、大規模a0063907_2242347.jpg建築でなく小さい施設(8部屋から21部屋まで)、建物高さ12m規制、地産地消、客の囲い込みをしないなどの取組み。観光客の男女比3対7、リピート率65%とのこと。「玉の湯」旅館の桑野社長(観光協会長)訪問、意見交換。その後、市内見学。雑木林の中に旅館や料理店があり、歩くだけで癒される感じ。またメイン通りには、カフェ、みやげ物店、ブテイックなどが並び、若い男女の店員が忙しく働く。6時、亀の井別荘の湯の岳庵で夕食。社長の中谷氏と米田氏を囲んでお話しを聞きながら、鴨の懐石料理を楽しむ。素晴らしい美味。40年前に東京から戻った中谷氏と桑野社長の父上の溝口氏が、山間の盆地の温泉地湯布院の魅力開発を目指して取り組み始めたのが全ての始まりのように思える。
(写真上:「玉の湯」の入り口。この林も30年前から育て始めたとのこと。軽井沢の別荘地の雰囲気。)
(写真下:メイン通りにも緑が映える。後方は由布岳。)

by vmn05756 | 2008-10-24 22:15