つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧


消防組合視察二日目

30日(火)、朝9時10分宿所出発、東京消防庁第8方面本部(立川消防署)a0063907_2145545.jpgの航空隊とハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)を訪問。航空隊は、大型3機、中型4機(1機は総務省から委託)のヘリコプターを持ち、救命救助、林野火災、情報収集など迅速に活動。伊豆七島など東京管内だけの活動ではなく、スマトラ沖地震など国際援助活動や、国内でも震度5強の地震発生では直ちに待機態勢に入り支援に備えるとのこと。パイロット27名、整備士35名などの人員、大型ヘリは1機30億円、純正部品代で7億円、安全にはコストがかかる。次に、a0063907_21455456.jpg同一敷地内のハイパーレスキュー隊を訪問。丁度あきる野市での火災消火作業に消防署員が出払っていた時であったが、中越地震の余震の中で崩落した土砂から幼児を救出した清塚隊長がご挨拶、担当者から施設機材の案内を受ける。訓練施設も大型だが、秋葉原事件に出動した救急車も大型など、規模が大きいと感じる。2時間弱の視察を終え、河口湖を経由して、雨の中をひた走って愛知県へ。幡豆町、吉良町を経て、7時、一色町へ帰着。お疲れ様。
(写真上:航空隊のヘリコプター格納庫。)
(写真下:ハイパーレスキュー隊の訓練施設。地下鉄からの救出訓練用車両。)

by vmn05756 | 2008-09-30 21:52

消防組合視察一日目

29日(月)、朝7時40分、幡豆郡消防組合本部を出発、正副管理者、組合議会議員ら揃って、山梨県に向かう。中央道はずーっと雨景a0063907_21102788.jpg色。1時半、甲州市(旧塩山市など)の東山梨行政事務組合に到着。同組合は消防業務や斎場業務を担当、山梨市、甲州市の2市(斎場事務のみ笛吹市が参加)で構成、558平方キロメートル、人口75000人余の管内を1本部、2署、2分署、職員104人で担当する。消防広域化の取組みでは、山梨県は昨年県で一本化の構想をまとめたが、広域化の意義を自治体でよく検討する必要があるとの考えも。意見交換の後、施設を視察。幡豆郡消防と比べると管内の面積が7倍近い広さと、山林火災の多さへの備えが必要とのこと。夕方、東京・立川市の宿所に到着。6時半、夕食会。
(写真:東山梨消防本部、塩山消防署。消防車、救急車のナンバーが皆119で揃っていた。)

by vmn05756 | 2008-09-30 21:12

佐久島歩け海原三里、岡崎市長選挙

28日(日)、朝7時40分の渡船第一便で佐久島へ。a0063907_20424843.jpg既に満杯状況。8時に佐久島西港に到着。歩け歩けうなばら三里がスタート。一般の人とは別にできるだけ海岸沿いのルートを歩く。西塩谷のミステリーサークルを経て展望台、入ヶ浦を過ぎて富士山を目指し、丹梨の海岸に出て海岸伝いに新谷の美しい海岸を見、男子岩の先で通常の散策ルートに戻る。海岸に漂着するゴミの量の多さには驚く。何とかa0063907_20433992.jpgしなければと思う。大島の梅の木の育ち具合にホッとし、彼岸花の色合いに感心。大浦のゴール地点について、インタビュー。時間がなくてアサリ汁は食べ損なうが、中学生からきれいなサクラ貝のキーホルダーを貰う。感謝。11時の渡船で本土へ。午後1時20分、岡崎へ出発。岡崎市長選挙の出陣式に各市町の首長さんらと一緒に参加。参加者は2500人くらいか、すごい数だ。
a0063907_2112987.jpg
(写真上:第一便での来島者、受付が渋滞。)
(写真中:西塩谷の海岸のミステリーサークル?岩場が干上がると沢山見られる。)
(写真下:大島の彼岸花。松林の緑に鮮やかに映える。)

by vmn05756 | 2008-09-28 20:50

彩生会展、洋画二人展

a0063907_237597.jpg27日(土)、午前中、西尾のJA西三河本店で開催の「華道彩生会展」を見学。「一輪を生かし身近な草木で活ける」流儀で創流54年、一色町にも沢山の会員がいて、素晴らしい作品が出展されている。秋の自然の息遣いが一つ一つの作品から伝わってくる。午後、西尾市のオカヤス・ケーキ店で開催の一色町の池田・鈴木両氏a0063907_2381737.jpgの洋画二人展。趣味の域を超えて素晴らしい出来映え、自分もこんな楽しみがあればと羨ましく感じる。
(写真上:彩生会展。大きなものまで力作が並ぶ。)
(写真下;池田・鈴木洋画二人展。お茶を飲みながら鑑賞。)

by vmn05756 | 2008-09-27 23:28

9月議会閉会、新人懇談会

26日(金)、朝10時、議会本会議。一般会計決算認定案など全議案を可決し、閉会。総選挙も近づくなか、調査に研究に議員各位の活躍を祈念。12時35分、四月採用職員も半年たって恒例の懇談会。職場に溶け込み、先輩から教えを受けながら、課題や悩みを抱えながら頑張っている。みんな悩んで成長する。1時15分、三役会議。国県への要望項目の対応、合併幹事会、一色地区の悪臭対策会議の検討、選挙投票場所の確保など。1時45分、部長会議。先週の報告、日程、ご意見箱など。議会質疑応答のポイント整理、国県要望の進化、悪臭対策の取組みなど指示。3時、文化公演、新成人の集いなど打合せ。4時、商業活性化、うなぎフェスタ、町づくりなど打合せ。5時15分、給与制度部会、時間外手当関係、町村会視察日程など打合せ。6時10分、地域協働課打合せ。6時20分、安全衛生委員会報告など。6時45分、高齢福祉関係打合せ。

by vmn05756 | 2008-09-26 22:39

広域連合議会、フィリピン視察団

25日(木)、朝8時半、決裁。8時35分、副町長、議会事務局長。8時45分、教育部次長、給食センター所長。事故米のその後の状況について。8時55分、来客。佐久島関係の提言をいただく。10時、西尾幡豆広域連合9月定例会。一般質問に3人の質問者。家電等の不法投棄、リサイクルプラザ施設、狂犬病予防注射、旧ゴミ処理施設解体工事、し尿等下水放流施設改造工事、クリーンセンター直接搬入の資源ごみ、1市3町ゴミ分別収集方法の統一、2011年地デジ化と廃棄テレビへの対応、などについて質疑応答。単項議案1件と連合の一般会計、農業共済、水道事業の18年度決算認定案件を審議ののち可決。昼休みには国会議員が来訪、幹部と懇談。4時、役場に戻って、フィリピン・ミンダナオ島ディプログ市の市長さんら視察団を町会議長とお迎えし、意見交換。セブ市、ラプラプ市の幹部も含め総勢11人で、田原市、蒲郡市などを回って来町、産業、衛生関係の視察がメインとのこと。5時、消防団正副団長来訪。先日の観閲式の御礼に。5時15分、教育長。5時20分、給食センター所長。5時25分、福祉部長ほか、打合せ。5時35分、佐久島関係打合せ。5時40分、副町長、総務部長。選挙関係など打合せ。6時15分秘書課打合せなど。

by vmn05756 | 2008-09-25 20:58

佐久島ふれあい運動会、国県要望

23日(火)、朝7時40分の渡船で佐久島へ。島内散策の後、a0063907_21355312.jpg8時45分、佐久島島民ふれあい大運動会。小学生11人、中学生13人、保育園児4人のほか大人が150人くらい参加して賑やかに。楽しい種目もあって島全体で盛り上がる。10時過ぎに、800メートル走に一般参加を促されるが、ドクターヘリのお世話になるわけには行かないとお断りして、10時半の渡船で本土へ。12時、安城市で自民党県連主催のa0063907_2139855.jpg地域連絡会に2市4町の首長と参加、国や県への予算要望事項について説明し、意見交換。豪雨災害対策、三河と尾張の差異、予算でなく国規制緩和などが議論に。
(写真上:生徒らの入場行進)
(写真下:保育園児のかけっこ)

by vmn05756 | 2008-09-24 21:52

総合計画、行政相談員会議、ドッジ優勝報告

22日(月)、朝9時、部長会議。日程、ご意見箱のほか、選挙開票準備や防災ラジオ放送について指示。10時、総合計画審議会専門部会。今日は産業・経済をテーマ。商店街、工業用地、農業、漁業、佐久島活性化、渡船場と交通利便など様々な意見が出る。午後1時半、一色町公a0063907_21354589.jpg民館で行政相談員西三河ブロック会議。国政・県政・町政の融合した日本行政のなかで国民と行政の架け橋の役割に敬意、併せて一色町の観光・物産のご案内をする。4時、佐久島振興室打合せ。5時、西三河地域子ども会球技大会ドッジボール女子の部で一色の前野S.L.Dチームが優勝し、二連覇を果たした報告に。キャプテンの中村さん(6年)以下1年生まで15人。県大会など上の大会が無いのが残念に思える。

by vmn05756 | 2008-09-22 21:37

消防団観閲式

21日(日)、午後1時半、坂田総合グラウンドで平成20年度一色町消防団観閲式。天候が心配されたが、開始と同時に猛烈な雨が降り出す。閲団、服装・器材点検、部隊訓練、消防操法、a0063907_23164027.jpg放水訓練を雨の中でこなし、分列行進は省略して、訓示、表彰、来賓祝辞、火の用心三唱と進行し、団員はずぶ濡れに。悪条件の下でこそ部隊の真価は発揮される。さすがに鍛え上げられた規律、機敏、的確な行動に心強く感じ、感謝。家族、地域の皆さんも熱心に参観いただき、感謝。
(写真:雨雲の垂れ込める中、赤黄青三色の放水訓練。)

by vmn05756 | 2008-09-21 23:19

小学ソフトボール新人戦、西川ヘレン講演会

20日(土)、朝9時、坂田総合グラウンド。愛知県小学生男子ソフトボール新人戦西三河大会の開会式。各地から21チームが参加。つい先週まで6年生がいたが、今日から5年生以下で来a0063907_2182479.jpg年の本戦を目がけて戦いが始まる。昨日までの台風の雨が心配されたが、青空が広がる。グランドの湿気が熱で引き出され、蒸し暑くなる。みんなの健闘を祈る。式の終了後、教育長、教育次長、給食センター長から事故米について報告。昨夜、県学校給食会からファックスで連絡があり、事故米を原料としたデンプンを使ったオムレツを給食センターに供給したとのこと。あまりにも複雑多様化して日本人の食卓はどうなるのかと心配。地産地消が完全にできればよいのだが。午後2時、一色町公民館で西川ヘレンさんの講演会。「大家族、ささえ愛、見守り愛、励まし愛」と題して、自らの4世代家族の経験を踏まえて、介護の苦労についても子ども、孫たちの思いやりを可笑しく悲しく話して共感を呼ぶ。満場の拍手。
(写真:ソフトボール新人戦で選手宣誓する一色・南部セレクトの代表)

by vmn05756 | 2008-09-20 21:13