つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

童会書道展、河津桜の花見、安倍首相の真意、神仏習合の伝統

3月15日(土)
 朝10時半、矢野鉄工の故杉田さん宅に弔問。お世話になった。感謝、合掌。
 11時半、西尾市民会館で開催の童(わらべ)会書道展を参観。故戸田提山先生の流れをくむ薄墨の大作もみられ、a0063907_215795.jpg書の世界の多様さに感銘を受ける。
 午後、岡崎竜美が丘会館の脇を流れる乙川の河津桜が咲き始めたとのことで、花見に。まだ少し早かったかな。よく咲いているところで六分咲きかな。他は一分、二分咲き程度。明日以降の天気で暖かくなa0063907_21585193.jpgれば、咲きそろうかも。

 安倍首相が「河野談話」を見直さないと国会答弁。こんなご都合主義の話ばかりで諸外国の信頼を得られると思っているのだろうか。ホントに沢山の日本人が国内にa0063907_2205693.jpgいても原爆や空襲で殺害されているが、だからと言って我々が被害者ではなく、アジア諸国から見れば侵略者、殺戮者の日本軍であった。それは詫びても詫びても許してもらえないだろう。私たちの世代はその重荷を背負ってアジアの人たちにお詫びし続ける必要がある。ドイツ人が周辺国民にしたように。
 大阪のアベノハルカスはいい見晴らしだが、安倍首相の心底の意図は見透かされてしまうのだはないかナ。

 京都の東寺(真言宗)で石清水八幡宮と合同で東日本大震災被災者慰霊と人類平安祈願したとのこと。神職が般若心経のお経をあげ、僧侶が大祓詞(おおはらいのりと)をあげたとか。昔の神仏習合は聖武天皇時代以来の日本の伝統文化で、他者への寛容の精神をも表している、というか育て上げた。四国霊場お遍路でよく見るが、お寺と神社が共存していたことがよく分かる。明治の時に、国家神道を国教として廃仏毀釈を行い、一神教にしたことが戦前の失敗だったように思う。結局、独善、独裁の思想に固まり、他者の排斥、庶民の多様性の否定につながり、あの第2次大戦という大災厄をもたらしたのだと思う。今日の世界の様々な紛争も独善と排斥のぶつかり合い。池田首相のように「寛容と忍耐」という発想が必要なんだが・・・。
(写真上:二つとも童会書道展の波切童州先生の作品。薄墨もいいなあ。)
(写真中、下:これでも満開ではない。下の写真の奥は竜美が丘会館。)

by vmn05756 | 2014-03-15 21:53
<< 茶話会、教育の国家統制再来? 「法の番人」??、四国お遍路⑤-40 >>