つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

「ヤマザキ、天皇を撃て!」を読む

11月6日
 「ヤマザキ、天皇を撃て!」を数日かけて読み終わる。
 過激な書である。
 今から40年くらい前、私が大学生の頃に発行され、マスコミでも取り上げられたが、本を買う金がなくてそのまま忘れてしまっていた。しかし数週間前に新聞で紹介され、古本で読むことにした。
 著者は奥西謙三。第2次大戦(太平洋戦争)で陸軍工兵となり、ニューギニア戦線に投入され、理不尽な上官には腕力を使ってでも反抗しつつ、ほとんどの同僚兵士がマラリア、飢えと渇き、米兵や現地人の襲撃で命を落とすなか、ひとり生き延びて帰還した。戦後の混乱の中、悪徳周旋屋を刺殺し、昭和31年に10年の懲役刑を受け、出所後、昭和44年1月2日の皇居一般参賀の際に、バルコニーに立った天皇陛下に向けてゴム製パチンコでパチンコ玉を4個発射し、当たりはしなかったが、暴行罪で1年半の懲役刑が下る。
 「ヤマザキ、天皇を撃て!」という表題は、そのパチンコ事件の際に、単独の犯行ではなくほかにも仲間がいると、一般参賀者に錯覚させ混乱を大きくしようとして、親しかった戦友の山崎上等兵の名前を呼び、「ピストルで撃て」と叫んだことから来ている。
 この本は、裁判の陳述書をそのまま掲載し、井出孫六氏が解題を寄せたもの。著者の主張は太平洋戦争は天皇の名で開始されたが、終戦に当たり、同盟国のヒットラーは自殺し、ムッソリー二は民衆により処刑されたのに、天皇は責任を問われず天皇制度は無傷で存続していることの不当を世論に訴え、万人が平和、自由、平等、幸福に生きる社会を実現することが、悲惨な戦場で飢え渇え、孤独に、空しく死んでいった無数の戦友たちの霊に報いる道であり、日本の社会をまともにして行く方途であるというもの。
 戦前の小学校教育しか受けてなくて、ここまで思想的、言論的発展を遂げたのには驚嘆する。
 私は戦後の生まれだが、戦後日本の原点は、あの太平洋戦争の敗北にあると思う。310万人の国民が死に、数百万人のアジア諸国の犠牲者を出した戦争の悲惨さを決して忘れてはならない。国民は、平和と国民主権と自由・人権の三原則を胸に刻むべきだと思う。
 最近の事例でつくづく思うのは、
 ①平和があっての人々の安寧であり、繁栄であるということ。右傾化する政権や風潮に大きな不安を抱く。
 ②天皇は国民統合の象徴であり、政治権力から切り離されていること。山本太郎参議院議員の先日の天皇直訴は全く見当違いであり、見識が疑われること。 
 ③自民党改憲草案の天皇元首規定は、国民主権、象徴天皇制とそぐわないこと。
 ④奥崎氏は天皇の戦争責任をいうが、当時も天皇機関説(美濃部達吉教授)に示されたように、実質的行 政責任は官僚が負う(担う)もので、「天皇の権威」を笠に着て無制限の権力を国民に、また諸外国に行使した官僚の責任が一番重い。
 ⑤戦後70年近い今日、またしても官僚の権力僭奪(せんだつ。正当性がないのに奪ってしまうこと)が進み、権力行使の正当性が疑われる状況に。「特定秘密保護法案」などはその典型ではないか。国民は税金だけ払って、国政の現状を知らされない。それで国民主権と言えるだろうか。
 ⑥この官僚主義の専制は、どこの国でも起こっている。米のNSAがメルケル独首相の携帯を盗聴したこと などオバマ大統領は全く知らなかっただろう。ただ責任だけは政治家トップに来る。「今はそういう時代だ」と諦めるわけにはいかない。政治が、立法府が、本来の役割を果たす努力が求められる。

by vmn05756 | 2013-11-06 10:54
<< 四国お遍路②-7 文化のまつり(2日目)、いっし... >>