つづき譲・BLOG


自由・自立・連帯の精神のもと政治の課題等を考えます
by vmn05756
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
都築 譲 Profile
昭和25年9月23日生
63歳
- - - - - - - - - - - -
一色中学、刈谷高校、
東京大学卒
- - - - - - - - - - - -
労働省入省、
愛知県庁勤務を経て
参議院議員(1期)、
衆議院議員(2期)
幡豆郡一色町長(2期)
- - - - - - - - - - - -
(財)三河郷友会理事
- - - - - - - - - - - -
健康法 一日一個のリンゴ
身長178.5cm 体重70kg
- - - - - - - - - - - -
連絡所
岡崎市大西町字渕田61-22
西尾市一色町一色上屋敷
267
Eメール:
tsuzuki5055@gmail.com

カテゴリ
ブログジャンル
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
検索
ファン
その他のジャンル
画像一覧

産廃再考、ベルギー印象派展

10月11日(金)
 午前10時から11時半、先日の産廃施設誘致問題について関係者と意見交換。みんなが心配。今の処理場の片づけをどうするか。産廃業を所管する県を始め、みな逃げ回っている。その状況を解決するためにより大きな処分場を持ってくるという発想ではネ?問題がより大きく、深刻になる。 
 要は、安全の確認、水処理の促進、整理後の安全利用など、知恵を出さないとネ。簡単じゃないが。
 西尾の14号地では太陽光発電の基地を作るとか。産廃の埋立地では、長い杭を打ち込めない。廃棄物を囲っているシートを突き破るから。だから表面土地しか使えない。それには太陽光はいいのでは。
 そこに至るには、現状確認、水処理など必要な措置、そのための金のやり繰り、など検討が必要。
 大変だけど、処理場の規模を三倍にしたり、焼却のゴミ煙の被害の拡散、などよりはずっとましでは。急がば回れ。知恵を出して何とかせねば。a0063907_2173926.jpg
 午後、碧南市の藤井達吉美術館に「エミール・クラウスとベルギー印象派展」を参観。印象派というと、モネ、マネ、スーラ、ピサロ、ゴッホ、ルノワールなどフランスのグループと思っていたが、ベルギーにこれa0063907_9234958.jpgほどの素晴らしい作品があったとは、この歳にして初めて知る。活躍の時期がフランスの画家より年齢的にも3~40年遅れていたからかナ。でも絶対一見の価値あり。展覧会は10月20日まで。
(写真上:ベルギー印象派展のポスター。絵はエミール・クラウス「野の少女たち」)
(写真下:絵葉書を購入。左上:モネ「霧の中の太陽(ウォータールー橋)、左下:アンナ・ド・ウェールト「夏の朝」、右:クラウス「タチアオイ」・・・・写真を拡大してみて。)

by vmn05756 | 2013-10-11 19:10
<< にしお産業物産フェア 季節の変り目、四国お遍路①-4 >>